世界へ発信!富山県が誇る伝統工芸の魅力。

富山県

2014/5/12 14:00

5/12

富山県

世界へ発信!富山県が誇る伝統工芸の魅力。

 富山県には、高岡銅器や井波彫刻、高岡漆器のほか、スティーブ・ジョブズも愛した越中瀬戸焼など優れた技と長い歴史を持つ伝統工芸品が存在します。近年、ライフスタイルの変化や国外からの安価な商品の流入など、伝統工芸品産業をとりまく環境は厳しくなる一方で、国のクールジャパン戦略などにより日本の伝統工芸品が海外から注目されてきています。

 こうした中、富山県では、伝統工芸品の海外展開を支援するため、ニューヨークで本県が誇る伝統工芸の魅力を海外に向け積極的にPRする展示会を開催します!

≪ニューヨークでの展示会≫

 5月16日(金)~22日(木)にわたり、アートや文化の情報発信の世界的な拠点であるニューヨーク市で、とやま伝統工芸PR展示会を開催します。開催初日(5月16日(金))には在ニューヨーク日本国総領事館総領事・大使や現地美術品コレクターなどを招き、富山県知事が出席してオープニングを開催します。

○会  期 平成26年5月16日(金)~22日(木)※18日、19日は休み

○場  所 ニューヨーク市内 大西ギャラリー

○出品作品 大澤光民氏、般若保氏による高岡銅器の作品や釋永由紀夫氏による越中瀬戸焼の作品、伝統工芸の技術を活かした錫製品、螺鈿ガラスなどの商品群

○併設企画 県伝統工芸品を器にしたニューヨークのシェフによる料理の提供や県伝統工芸品の酒器を用いた地酒の試飲会(※オープニング時のみ)のほか、県PR映像やパンフレット、ポスター掲出等による観光PR

■富山県の伝統工芸

 富山県では、高岡銅器、井波彫刻、高岡漆器、庄川挽物木地、越中和紙の5つが国の伝統的工芸品に指定されています。また、県伝統工芸品として越中瀬戸焼、越中福岡の菅笠、高岡鉄器、高岡仏壇、とやま土人形、富山木象嵌の6つを昨年指定しました。

 今年3月には県内の伝統工芸品を英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の4言語で紹介するパンフレットを作成し、台北便の増便や外航クルーズ客船の寄港などで増加する海外からの観光客などにその魅力を積極的にPRしていくこととしています。

< 富山の今を伝える情報サイト Toyama Just now >

  http://toyama-brand.jp/INT/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

高岡銅器

井波彫刻

高岡漆器

越中瀬戸焼

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

    過去に配信したプレスリリース