◎ダイアログ・セミコンダクター、クイックチャージ2.0準拠の充電ICを日本市場に提供

ダイアログ・セミコンダクター

2014/5/21 10:19

◎ダイアログ・セミコンダクター、クイックチャージ2.0準拠の充電ICを日本市場に提供

AsiaNet 56774

共同JBN 0537 (2014.5.21)

【ロンドン2014年5月20日PRN=共同JBN】

ダイアログのソリューションが効率と電力密度で最も優れているとホシデンが評価

日本の大手電気通信事業者向けのクイックチャージ2.0対応アダプターに採用

高度に集積されたパワーマネジメントIC、AC/DC、ソリッドステート照明機器、近距離無線技術のプロバイダーであるダイアログ・セミコンダクター(http://www.dialog-semiconductor.com/)(FWB:DLG、http://www.dialog-semiconductor.com/investor-relations)は、クアルコム社のクイックチャージ2.0規格に準拠したAC/DCアダプター・インターフェースICであるiW620(http://iwatt.com/product/iw620/)の日本向け量産出荷を開始したと発表した。出荷先は、スマートフォンなどの携帯デバイス向け充電器の大手メーカーであるホシデン株式会社をはじめとする、日本のスマートフォン充電市場。iW620とともに出荷されるiW1760 PrimAccurate(商標)は、一次側デジタル・コントローラであり、クイックチャージ2.0規格に対応したホシデンのCBC2112アダプターに搭載される。このアダプターは日本の大手電気通信事業者向けに設計された。

ホシデン株式会社 大阪第三事業部技術部部長の平井健治氏は次のように述べている。「われわれはダイアログ・セミコンダクター社の急速充電における小型化、デジタルAC/DC電源制御の効率化技術で長年の経験と実績を生かして開発されたiW620を採用することで、高効率で高精度出力のクアルコム社クイックチャージ2.0準拠の急速充電用ACアダプターCBC2112を開発することができた。また今回の新製品は、使用する機器により3電源出力(5V、9V、12V)の自動切替に対応し、従来品(5V系)と比較して高容量・高出力であることに加え、高精度な出力やPLC(電力線通信)弊害対策にも考慮した設計となっている。今後、当該クイックチャージ2.0規格の普及とともに市場が拡大するものと期待されている」

充電時間の短縮は、スマートフォン・タブレット市場で最も切実に求められている要求の1つである。電力を大量に消費するアプリが次から次へと出現するため、バッテリーの大容量化と、さらなる充電時間が必要となる中で、消費者は逆にさらに充電時間が短くなる製品を求めている。クイックチャージ2.0はQualcomm Technologies, Inc.が提唱している規格であり、スマートフォンやタブレットのような携帯デバイスの充電速度を、従来のUSB充電技術と比べて最高75%まで高速化することが可能である。

ダイアログ・セミコンダクターのコーポレート・デベロップメントおよびストラテジー担当バイス・プレジデント兼パワー・コンバージョン事業グループのゼネラルマネジャーであるマーク・ティンドル氏は次のように述べている。「ホシデン社と緊密に協力し、急速充電ソリューションの導入において、いち早くリーダーシップを確立できることを大変うれしく思う。両社の長年にわたる強固な協力関係を基盤とする今回の発表は、ダイアログのモバイルAC/DC電力変換技術や急速充電技術の優位性を力強く証明するものである」

iW620はクイックチャージ2.0 HVDCP(High Voltage Dedicated Charging Port)クラスA(5V、9V、12V出力)アプリケーションに対応するほか、一次側PWMコントローラであるiW1760を備えているため、高速な電圧遷移と30mW未満の低待機電力を実現している。これにより、クイックチャージ2.0準拠アダプターは、AC/DCアダプターに100mW未満の待機電力を求める米国エネルギー省の最新の規制をはじめ、European Code of Conduct Version 5、Tier 2や欧州委員会のErP(エネルギー関連製品)指令といった、世界で最も厳格なエネルギー規格に対応することが可能である。

PrimAccurateは、Dialog Semiconductor plc の系列会社Dialog Semiconductor Inc.の登録商標である。その他すべての商標および登録商標はそれぞれの所有者の財産である。

▽ダイアログ・セミコンダクターについて

ダイアログ・セミコンダクターは、携帯型パーソナル機器、短距離無線通信、およびLED照明機器などのために最適化された高集積ミックスドシグナル集積回路(IC)を製造し、柔軟性に富むダイナミックなサポート、世界最先端のテクノロジー、そして実績あるビジネス・パートナーとのビジネスを展開している。

ダイアログ・セミコンダクターは低消費電力設計に最適化されたシステム・パワー・マネジメントやオーディオ、短距離無線、AC-DC Power conversionやMulti Touchを含む製品開発での豊富な経験とその分野に注力することで、スマートフォン、タブレット、Ultrabooks(商標)、最新のウエアラブル型デバイスを含む、パーソナルポータブル製品、デジタル民生製品に向けに迅速なIC開発にその数十年にわたる経験を傾注している。

ダイアログのパワー・マネジメントICはバッテリー寿命を延ばし、急速充電を実現し、顧客満足度を向上させることによって、携帯機器の性能を増強する。世界クラスの製造パートナーを持つダイアログは、製造工場を持たないファブレス・ビジネスの代表的モデル企業となっている。

ダイアログ・セミコンダクターplcはロンドンに本社を置き、グローバル営業、研究開発およびマーケティング部門も併設している。2013年の売り上げは9億1000万ドルであり、欧州で最も成長の早い半導体企業の1社となっている。従業員数は全世界で約1100人。ダイアログ・セミコンダクターはフランクフルト証券取引所に上場しており(FWB:DLG)、German TecDAXインデックスの構成企業メンバーでもある。また、ルクセンブルグ証券取引所のEuro MTF市場にも上場している。

詳しくはホームページhttp://www.dialog-semiconductor.com/home-jpを参照。

ソース:Dialog Semiconductor

Dialog Semiconductor Leads Rollout of Qualcomm(R) Quick Charge 2.0 Compatible Charging ICs into Japanese Smartphone Market

PR56774

LONDON, May 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

Hosiden says Dialog's solution offers highest efficiency and power density for

its Quick Charge 2.0 adapters for one of Japan's leading mobile TELCO providers

Dialog Semiconductor plc (http://www.dialog-semiconductor.com/ ) (FWB: DLG

(http://www.dialog-semiconductor.com/investor-relations )), a provider of

highly integrated power management, AC/DC, solid state lighting and short-range

wireless technologies today announced it has started shipping in volume its

Qualcomm(R) Quick Charge 2.0-compatible iW620 (http://iwatt.com/product/iw620/

) AC/DC adapter interface IC into the Japanese smartphone power supply market

to customers including Hosiden Corporation, a leading Japanese manufacturer of

chargers for smartphones and mobile devices. The iW620 ships with Dialog's

iW1760 PrimAccurate(TM) primary-side digital controller for Hosiden's CBC2112

model Quick Charge 2.0 adapter, designed for one of Japan's leading mobile

TELCO providers.

"We leveraged Dialog's expertise and long experience in compact,

energy-efficient digital AC/DC power supply controllers, along with their

technology leadership in the rapid charging market space to ensure our ability

to support Japanese TELCO providers," said Kenji Hirai, General Manager

Engineering Department Osaka 3rd Division at Hosiden Corporation. "We selected

Dialog's iW620 because it provided us with the absolute highest efficiency

Quick Charge 2.0 solution available. This new CBC2112 adapter supports

automatic switching of three power outputs (5V, 9V, 12V), depending on the

devices which are used. Not only does it have higher capacity and output than

the conventional products (5V), but also it has been designed with

high-precision output and prevention against the negative effects of PLC in

mind. Its market is expected to expand as this Qualcomm Quick Charge 2.0

standard becomes popular."

Reducing battery charge time is one of the most compelling trends in

smartphones and tablets. The endless surge in power-hungry applications

requires larger battery capacities and longer charge times, yet consumers want

devices that charge even faster than ever before. Quick Charge 2.0 is a

proprietary protocol from Qualcomm Technologies, Inc., for charging

smartphones, tablets and other mobile devices up to 75% faster than

conventional USB charging technology.

"We are very pleased to work closely with Hosiden and establish an early

leadership position in the rollout of rapid charging solutions," said Mark

Tyndall, Senior VP Corporate Development & Strategy, GM Power Conversion

Business Group at Dialog Semiconductor. "Building on our long-standing, strong

relationship, this announcement is a compelling endorsement of Dialog's leading

mobile AC/DC power conversion and rapid charging technologies."

The iW620 supports Quick Charge 2.0 High Voltage Dedicated Charging Port

(HVDCP) Class A (5V, 9V, 12V output) applications and, with the iW1760

primary-side digital PWM controller, it provides fast voltage transition and

low standby power consumption less than 30mW. This enables Quick Charge 2.0

adapters to meet the most stringent worldwide energy standards, including the

final 2014 U.S. DOE regulation requiring under 100mW AC/DC adapter standby

power consumption, the European Code of Conduct Version 5, Tier 2, and the

European Commission's Energy-related Products (ErP) Directive.

PrimAccurate is a registered trademark of Dialog Semiconductor Inc., an

affiliated company of Dialog Semiconductor plc. All other trademarks and

registered trademarks are the property of their respective owners.

About Dialog Semiconductor

Dialog Semiconductor creates highly integrated, mixed-signal integrated

circuits (ICs), optimised for personal portable, short-range wireless

connectivity, LED solid state lighting and automotive applications. The company

provides flexible and dynamic support, world-class innovation and the assurance

of dealing with an established business partner.

With its focus and expertise in energy-efficient system power management and a

technology portfolio that also includes audio, short-range wireless, AC/DC

power conversion and multi-touch, Dialog brings decades of experience to the

rapid development of ICs for personal portable and digital consumer

applications, including smartphones, tablets, Ultrabooks(TM) and emerging

wearable type devices.

Dialog's power management ICs increase the performance of portable devices by

extending battery lifetime, enabling faster charging and enhancing the

consumer's experience. With world-class manufacturing partners, Dialog operates

a fabless business model.

Dialog Semiconductor plc is headquartered in London with a global sales, R&D

and marketing organisation. In 2013, it had approximately $910 million in

revenue and was one of the fastest growing European public semiconductor

companies. It currently has approximately 1,100 employees worldwide. The

company is listed on the Frankfurt (FWB: DLG) stock exchange (Regulated Market,

Prime Standard, ISIN GB0059822006) and is a member of the German TecDax index.

It also has convertible bonds listed on the Euro MTF Market on the Luxemburg

Stock Exchange (ISIN XS0757015606).

SOURCE:  Dialog Semiconductor

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中