◎スピーカバスがiTurretソフトを大幅アップデート

スピーカバス(Speakerbus)

2014/6/2 10:42

◎スピーカバスがiTurretソフトを大幅アップデート

AsiaNet 56888

共同 JBN 0590 (2014.6.2)

【ロンドン6月2日PRN=共同JBN】コラボラティブ・ボイスマネジメントとミッションクリティカル・ユニファイドコミュニケーションのパイオニアであるスピーカバス(Speakerbus)は2日、クロスプラットフォームiSeriesのソフトウエアに新機能を盛り込んだアップデートをリリースしたと発表した。

iManager Centralised Management System and Communications Server、iTurret Dealerboad、iSeries Media Gatewaysを対象とした今回のリリースは、生産性と回復力を向上させるとともに、ユーザーに恩恵をもたらす新機能が含まれている。iTurretはSLATEUXと呼ぶグラフィック・ユーザーインターフェースが更改された。新しい表示はスクリーンのレイアウトとアイコンを簡略化して使い勝手を向上させ、スピーカバスのすべてのエンドポイントに共通のユーザーインターフェースを提供する。iTurretは昨年導入されたドイツ語オプションに加え、今回は日本語もサポートする。

スピーカバスは、顧客の要望に応える大規模な展開をサポートするために同社のメディア・ゲートウエーの能力増強に大幅な投資を行った。トレーディング・ネットワークは、複数地点にある数千のボイス専用回線にまで拡張可能となる。スピーカバスは今回のリリースでAutomated Resource Managementを導入し、サポートチームが専門技術なしでサービスを追加、変更、検査することを可能にする。iG330 Media Gatewayはアップグレードされ、スタンバイ・ゲートウエイへの自動的なフェイルオーバーをサポートしているので、顧客は自己修復できる通信インフラストラクチャーを構築できる。

企業管理者は、ボイスユーザーの大集団の管理に役立つユーザー権限の粒度の細かなコントロールと、すべてが顧客環境で適切なバージョンが稼働することを保証するためにデバイスの自動ファームウエアアップデート技術などのアドバイスをスピーカバス開発者から受けた。最新のゲートウエー・ペアリングツールはiManager Portalの負荷を軽減し、VMWareツールをiManager Communications Serverコマンドラインからインストールすることが可能となる。

▽iSeriesについて

iSeriesは完璧なボイス・オーバーIP通信プラットフォームで、世界中のキャピタルマーケット、仲介業務、ファンドマネジメント、商品取引で必要な機能を提供する。iSeriesは、広範囲のボイス・エンドポイント、世界規模の管理プラットフォーム、有力なユニファイドコミュニケーションとの認定を受けた相互運用性、コンプライアンス技術パートナーを備えている。

▽スピーカバスについて

スピーカバス(Speakerbus Group plc)は株式非公開の通信技術開発・製造企業で、ロンドンに本社を置き欧州、米国、アジアにオフィスを構えている。同社は商取引企業全体にわたるボイス・コラボレーションの方向づけを支援する革新的なリーダーである。

スピーカバスは1984年に創設され、世界の有力金融機関に世界規模のミッションクリティカル、かつハイアベイラビリティーなボイス通信ソリューションを提供するとの確固たる評価を築いた。

このトピックについての問い合わせは以下まで。

Paul Kitchener

+44(0)1992-706-576 or email at info@speakerbus.com

ウェブサイト

http://www.speakerbus.com

http://www.iturret.com

ソース:Speakerbus

Dealerboard Users Get a Facelift on iTurret in Big Software Update From Speakerbus

PR56888

LONDON, Jun, 2. 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Speakerbus, a pioneer in collaborative voice management and mission

critical unified communications, today announced new capabilities in a

cross-platform iSeries software release.

    Covering the iManager Centralised Management System and Communications

Server, iTurret dealerboards and iSeries Media Gateways, the release contains

new capabilities that enhance productivity, resilience and benefit users. The

iTurret has a revised graphical user interface called SLATEUX. The new look

simplifies the screen layout and icons enhancing usability and providing a

common user interface across all Speakerbus endpoints. The iTurret now supports

Japanese in addition to the German language option introduced last year.

    Speakerbus have invested heavily in the enhancement of their media gateway

capability to support larger deployments in response to customer demand.

Trading networks can extend to thousands of private voice circuits in multiple

locations. Speakerbus have introduced Automated Resource Management in this

release that enables support teams to add, change and audit services without

the need for specialist technical skills. The iG330 Media Gateway has been

upgraded to support automated failover to a standby gateway so customers can

create self-healing communication infrastructures.

    Enterprise management has also received the attention of the Speakerbus

developers with additional granular control of user privileges to help manage

large voice user populations and automatic device firmware update technology to

ensure that everything is running the correct versions in a customer

environment. New gateway pairing tools reduce the workload in iManager Portal

and VMWare tools can now be installed from the iManager Communications Server

command line.

    About the iSeries

    The iSeries is a pure voice over IP communication platform that delivers

functionality demanded by global capital markets, brokerage, fund management

and commodities trading. With a range of voice endpoints, a global management

platform and certified interoperability with leading unified communications and

compliance technology partners.

    About Speakerbus

    Speakerbus Group plc is a privately owned communications technology

developer and manufacturer headquartered in the UK with offices across Europe,

the U.S. and Asia. It is an innovative thought leader that is helping shape the

direction of voice collaboration throughout the trading enterprise.

    Established in 1984, Speakerbus has built a solid reputation for supplying

the world's leading financial organisations with global, mission critical, high

availability voice communication solutions.

    If you would like more information about this topic, please contact Paul

Kitchener at +44(0)1992-706-576 or email at info@speakerbus.com.

    Websites

    http://www.speakerbus.com

    http://www.iturret.com

    SOURCE: Speakerbus

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中