サムルク・カズィナによる企業変貌、今後6年でカザフスタンの追加収益110億ドル産出に着手

SovereignWealth Fund 'Samruk Kazyna' JSC(サムルク・カズィナ)

2014/10/9 11:20

AsiaNet 58185

サムルク・カズィナによる企業変貌、今後6年でカザフスタンの追加収益110億ドル産出に着手

アスタナ(カザフスタン)、2014年10月9日/PRニュースワイヤー/ --

総合価値約1000億ドルに上る、主要な戦略的国有資産を管理しているカザフスタンの政府系投資ファンド、サムルク・カズィナ(Samruk Kazyna)が、投資やアセットマネジメントに対するアプローチを含め、自身のビジネス戦略を徹底的に見直しています。

マルチメディア・ニュース・リリースをご覧頂くには、以下をクリックしてください: http://www.multivu.com/players/English/72762559-samruk-kazyna-transformation-forum/

本ファンドの全企業に、新マネジメント構造がまもなく導入されます。2014年早くも、ビジネスプロセスの再設計は、3つの試験的機関―多様な輸送企業のKazakhstan Temir Zholy、石油ガス企業のKazMunaiGaz、そして郵便サービスオペレータのKazPochta―で開始されます。

これらの対応は、2017年までに、結果として20%運営コスト削減につながり、サムルク・カズィナの追加経済的価値は、カザフスタン経済に112億ドル以上を生み出します。

この変貌プログラムは、2014年10月6日、アスタナで開催された、「サムルク・カズィナ変貌フォーラム」で発表されました。

ビジネスプロセスの最適化に加え、この変貌プログラムは、包括的な再組織化とファンド運営の効率化と同様に、外部の投資家を魅了し、非中核資産の販売や投資ポートフォリオの最適化を想定しています。結果として、ファンドの管理下に置かれる企業数は、2017年までに、現在の600社から300社まで減少します。さらに、短‐中期間で、KEGOC、Samruk-Energo、Kazakhstan Temir Zholy、KazAtomPromを含む大企業は株式公開を行います。

サムルク・カズィナの変貌プログラムは、カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領の意欲的な政策、「戦略2050」のキー要素です。「2050年までに、カザフスタンは世界で最も発展した30カ国のうちの1カ国になります。このゴールを達成するために、今後数年間の間、私たちは生産性を3.6%から6.5%に向上し、投資水準をGDP21.4%から30%まで引き上げる必要があります。これらの結果は、国の経済における根本的な変革に基づいてのみ可能であり、国家の主要な戦略的企業を所有するサムルク・カズィナ政府系投資ファンドがこの変革を先導するべきなのです!」とフォーラムで行ったスピーチの中で、ナザルバエフ大統領は強調しました。

ビジネス戦略を超え、変貌プログラムは、「商業的、戦略的企業」モデルの導入を通して、サムルク・カズィナのマネジメント管理に対するアプローチを徹底的に見直すことを目論んでいます。内部改革は、現代の世界標準と先端テクノロジーに基づく活気あるマネジメント構造を作り出す、人‐プロセス‐テクノロジーという3つの主要管理を伴います。

今回の変貌改革は、具体的に資本効率の向上に焦点を当てています。「他国の政府系投資ファンドは、同等の投資水準から更なる収益を生み出しています。このため、私たちのゴールは、利益の最大化を通して、ファンドの子会社の価値を向上し続けることなのです」とサムルク・カズィナのCEOである、Umirzak Shkeev氏は力説します。

「アジアに向け経済的重力がシフトしていることを考慮に入れると、カザフスタンが経済成長の地域的、さらには世界的な促進者になる機会は、明らかに拡大しています」とフォーラムでの発言最中に、国際経済学者であるNouriel Roubini氏は言いました。「この状況下では、現代的で魅力的な発展モデルを作り出す、本国の指導者らをただありがたく受け入れます。そしてこのモデルにおいて、国有資産を効果的に管理する現代的で競争力のある政府系投資ファンドがキー要素となるのです」とRoubini氏は言います。

サムルク・カズィナについて: http://sk.kz/page/kratko-o-fonde?lang=en

サムルク・カズィナHP: http://www.sk.kz

情報源: SovereignWealth Fund 'Samruk Kazyna' JSC(サムルク・カズィナ)

(日本語リリース:クライアント提供)

Samruk Kazyna Corporate Transformation is Set to Generate an Additional $11bn in Revenues to Kazakhstan in the Next Six Years

PR58185

ASTANA, Kazakhstan, Oct. 9 /PRN=KYODO JBN/ --

    

    Samruk Kazyna, Kazakhstan's sovereign wealth fund managing major strategic

state assets with the combined value of close to $100 bn, is overhauling its

business strategy, including approaches to investments and to asset management.

    To view the Multimedia News Release, please click:

http://www.multivu.com/players/English/72762559-samruk-kazyna-transformation-forum

    New management mechanisms will soon be introduced in all of the Fund's

companies. As early as 2014, business processes reengineering will start in

three pilot organizations - diversified transport holding Kazakhstan Temir

Zholy, oil and gas company KazMunaiGaz and postal service operator KazPochta.

    These measured will result in operating costs reduction of 20% by 2017, and

Samruk Kazyna's economic value added will generate more than $11.2 bn for

Kazakhstan's economy.

    The transformation program was publicly announced during the "Samruk Kazyna

Transformation Forum" held in Astana on October 6, 2014.

    In addition to business processes optimization, the transformation program

envisions attraction of external investors, sale of non-core assets and

investment portfolio optimization, as well as a comprehensive reorganization

and streamlining of the Fund's operations. As a result, the number of companies

under the Fund's management will be reduced from the current 600 to 300 by

2017. Furthermore, in the short to medium term, the largest companies,

including KEGOC, Samruk-Energo, Kazakhstan Temir Zholy and KazAtomProm will

hold IPOs.

    Samruk Kazyna's transformation program is a key element of Strategy 2050,

an ambitious initiative of Kazakhstan's President Nursultan Nazarbayev. "By

that time, Kazakhstan should become one of the world's 30 most developed

countries. To reach this goal, in the next several years we should increase

productivity growth from 3.6% to 6.5%, and investment level should grow from

21.4% to 30% of GDP. These results are possible only based on a fundamental

change in the country's economy, and this change must be lead by Samruk Kazyna

sovereign wealth fund which owns the nation's main strategic enterprises!"

President Nazarbayev stressed in his speech during the Forum.

    Beyond business strategy, transformation program envisions a complete

overhaul of Samruk Kazyna's approaches to operational management through

introduction of the "commercial strategic holding" model. Internal reforms will

entail three main directions - People-Processes-Technologies - to create an

agile management structure based on modern global standards and cutting-edge

technologies.

    Increased capital efficiency will be a specific focus of the transformation.

"Sovereign funds in other countries are generating greater revenues from the

same level of investments. For that reason, our goal will be to continuously

increase the value of the Fund's subsidiaries through profit maximization,"

underscored Samruk Kazyna's CEO Mr. Umirzak Shukeev.

    "Given the shift of economic gravity towards Asia, opportunities for

Kazakhstan to be a regional and even global driver of economic growth are

obviously expanding," international economist Mr. Nouriel Roubini said during

his remarks at the Forum. "In this context, the efforts of the country's

leadership to create a modern and attractive development model can only be

welcome. And in this model, a modernized and competitive sovereign wealth fund

which effectively manages state assets is a key element", Roubini said.

    About Samruk Kazyna: http://sk.kz/page/kratko-o-fonde?lang=en

    Samruk-Kazyna HP: http://www.sk.kz

    SOURCE: SovereignWealth Fund 'Samruk Kazyna' JSC

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中