LAオートショーの第11回Design Challengeで垣間見える未来の車

ロサンゼルス・オートショー

2014/10/28 09:37

LAオートショーの第11回Design Challengeで垣間見える未来の車

AsiaNet 58365(1177)

【ロサンゼルス2014年10月27日PRN=共同通信JBN】

*未来の自動車コンセプトを11月18-20日のプレス&トレード・デー(Press & Trade Days)に披露

ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show、http://www.laautoshow.com/ )(LA Auto Show(R))は第11回コンペ、2014 Design Challengeに提出された世界的に有名な自動車デザインスタジオのエントリー作品を発表した。ことしの作品は「Sensing the Future: How Will Cars Interact With Us In 2029?(未来を予見:2029年の自動車と人の相互関係は?)」というテーマに沿って、自動車コネクティビティーの未来を探っている。

Design Challengeの各エントリー作品は、感覚と結びつき、われわれの次の行動を予測、より人間に近い車との関係を生み出すヒトと車のインターフェースを未来テクノロジーがどのように転換するか示している。エントリー作品は特に、2029年までにドライバーと同乗者を快適かつ安全に車と結びつける自動車用インテリアに注目している。車載コネクティビティーとテクノロジーは急速に進歩しているため、Design Challengeはこれまでにない新しい機器、ナレッジを開発するよう自動車デザイナーに要請している。

ことしのDesign Challengeに参加したデザインスタジオは、国際的自動車メーカーのAcura、Honda、Infiniti、Peterbilt、Qorosを代表している。ほかのスタジオもDesign Galleryで最新の未来型コンセプトを紹介しており、LAオートショーでは計10スタジオが世界から参集することになった。ギャラリーに展示するスタジオはCALTY Design Research (USA)、Mercedes-Benz Advanced Design Center California (USA)、Nissan Design America, Inc. (USA)、Subaru Global Design Team (Japan)、Volkswagen Group of America Design Center California (USA)の各社である。さらに、ギャラリー特設舞台では、大手デザインスクールが厳選した学生のコンセプトを展示する。

▽2014 年LAオートショーDesign Challengeのエントリーは以下の通り。

*Honda R&D Americas, Inc.(米国)

Acura用のヒューマンマシン・インターフェース・コンセプトをデザイン。乗る人の好みにぴったり合うよう曲げられるモジュール調整メッシュ素材をつなげたエクステリアシェルとインテリアシェルで構成。1人ないし2人を収容できるインテリアは、表面を押したり引っ張ったりするだけで変えられる繊維状素材で組み立て。車はバイオメトリクスと反復利用を活用して、ユーザーの好みを学んでニーズを予測、形を変える機能がある。

*Honda Advanced Design Tokyo(日本)

カーペットとボールの2要素で構成されたヒト重視のインテリア「CARpet」を提案。カーペットは、継ぎ目のない一体的な空間を生み出す極めて柔軟なプラットフォームになり、各ユーザーを収容するように形を変えられる。単独、あるいは友人との旅でもユーザーは車内インテリアを操作して、ライドのために快適かつ自然な形にすることが可能。第2の要素、Honda ballは自動運転中にドライバーが相互作用できる。閉じた形の中でHonda ballはユーザーに静かなインターフェースを与える。それはヒトから車へのコミュニケーションのために、音声、タッチ、ジェスチャーの指令に反応する。ドライバーは「入力モード」でballを使い車をコントロールできる。騎手と馬のように、車と機械が競う相乗効果である。車は最適の動きを決めるため、Honda ball経由でドライバーの指令を解釈する。

*Infiniti Design San Diego(米国)

3車種に変形できる斬新な汎用胴体ポッドを導入。この車はブランド独自のトライアスロン大会、A.R.C.(エア、ラリー、サーキット)レースに使用される。A.R.C.レースの第1区間はロサンゼルスからラスベガスまでのF1グランプリコース。第2区間は砂漠のレースで、グランドキャニオンまでオフロード・バギー車の運転が要求される。レース最終区間は、疑似パイロン経由でロサンゼルスに戻る過酷なジムカーナ・スタイルのジェット機レース。A.R.C.トライアスロンレースはInfinitiの未来的な新ヒューマンマシン・インターフェース(HMI)、SYNAPTIQのデビューにもなる。スパイラルロック・アタッチメントによってSYNAPTIQ S.U.I.T.(Symbiotic User Interface Technology)を装着することで、ドライバーとマシンを一体化させるシステムである。それはレースのためのドライバーの情熱と働きを強め、想像をかきたてる車のデザインにも影響を及ぼす。

*Peterbilt Motors(米国)

SymbiotUX(シンバイオティクス)を創出した。輸送の未来は、真の共生関係で共同操作する車に向けた変形シフトが中心になるという予測に基づくコンセプトで、ひいては燃費や安全性、健康、旅の楽しみの向上をもたらす。この変形の重要部分は、航空機の操縦士のように名声と評価が高まる「トラックドライバー」の役割である。SymbiotUXは、ヒューマンマシン・インターフェースがこのような未来の実態によってどう変形されるかを調査、説明するデザイン・コンセプトである。ロードパイロットの責任は増大する。したがって「パイロットモード」車の空間とインターフェースは、エネルギー効率、事故と交通の減少、全体の損傷防止をもたらすパイロットの能力を強化するためのものになる。

*Qoros Design Shanghai(中国)

デジタルおよび物質的コンセプトのQ:Qoros Qloud Qubedを紹介。そこでは車がインテリジェントで多面的な個人管理アシスタントになる。Qは視覚、触覚、嗅覚、味覚、聴覚の五感を通じて、ひとりでにユーザーから学習する。Qとユーザーのダイナミックな関係は人的関係が時間とともに発展するモデルになる。Qはユーザーが所有している間、その味覚、好みのレストラン、よく行く場所、音楽の好み、友人、家族などを学ぶ。ユーザーが無責任に振る舞うときを特定し、すばやく自動運転モードに切り替えて安全性を最大化するようデザインされている。

Intersection, Inc.のチャック・ペリー最高クリエーティブオフィサー(CCO)は「ことしのエントリーはとりわけ目が離せない。われわれの車ができることにメスを入れているからだ。ことしはコネクティッド・カー・テクノロジーの転換点であり、今後15年でどこまでできるか見るのは興味深い」と語った。

Design Challengeエントリーは、快適性、ヒト感覚の注目、感情的結合、エコロジー感覚、コンセプトの創造性、コンセプトの管理と機能、ブランドの表現などさまざまな要因から審査される。ことしの審査員はトム・マタノ氏(Executive Director of the School of Industrial Design, Academy of Art University)、ステュアート・リード氏(Chair of Transportation Design, Art Center College of Design)、アレクサンダー・クラット氏(Chair of MFA Transportation Design & Associate Professor, College for Creative Studies in Detroit)らである。

審査団選定の賞に加えて、一般のデザイン愛好家も10月27日から、好きなDesign Challengeエントリーにオンライン投票できるチャンスがある。第1回「People's Choice Award」に関する詳しい情報はLAオートショーの公式ウェブサイト(http://laautoshow.com/ )またはFacebookの公式ページ(https://www.facebook.com/LosAngelesAutoShow )を参照。両賞の受賞者は11月20日(木)、Design LA Open Houseで行われる授賞式でメディアと業界プロに発表される。

Open Houseに続いて午後7時から12時まで、Car Design Night LAパーティーがロサンゼルス中心街のElevate Loungeで開催される。例年と異なり、LAオートショーのIDではCar Design Night LA '14に入場できない。場外イベント参加を希望するデザイン業界プロは直接Car Design News(http://www.cardesignnight.com/la14.php )に申し込みを。

最終コンペ・コンセプトは11月18-20日のプレス&トレード・デーおよび11月21-30日の一般公開中、LAオートショーのDesign Galleryで目立つように展示される。

LAオートショーのDesign Challengeは車の座席、排ガス管理テクノロジー、内装システム、外装に特化した世界6位の自動車部品メーカー、Faurecia(http://www.faurecia.com/en )がスポンサーになっている。Design LAはFaureciaのほか、Lacks Enterprises, Inc.(http://www.lacksenterprises.com/ )、Autodesk(http://www.autodesk.com/ )、Bose(http://www.bose.com/ )、We-Inspire(http://www.we-inspire.com/ )、Car Design News(http://www.cardesignnews.com/site/home/ )のサポートを得て開催する。

LAオートショーおよびコネクティッド・カー・エキスポ(Connected Car Expo)のプレス&トレード・デー登録は専用サイト、http://registration.experientevent.com/ShowLAS141/ を参照。詳しい情報はwww.laautoshow.com およびwww.connectedcarexpo.com を参照。

▽ロサンゼルス・オートショーおよびコネクティッド・カー・エキスポについて

ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show)は1907年に始まり、毎シーズン最初に開催される主要な北米自動車ショーである。2014年LAオートショー(2014 LA Auto Show(R))のプレスデー(Press Days)は11月18-20日に開かれ、11月21日から30日まで一般公開される。第2回コネクティッド・カー・エキスポ(Connected Car Expo、CCE)は開発を加速、コネクティッド・カー産業における関係づくりを促進するため、自動車とテクノロジーのプロを結びつけ、参加者にコネクティッド・カーの未来を構築するキープレーヤーや一流メディアへのアクセスを与える。 CCEは11月18日に開会、2014年LAオートショーのプレスデーと並行して開催される。LAオートショーはロサンゼルス大都市圏(Greater L.A.)New Car Dealer Associationの後援を得てANSA Productionsが運営している。最新のショー関連ニュース、情報はLAオートショーのTwitter(http://twitter.com/LAAutoShow )かFacebook(www.facebook.com/LosAngelesAutoShow )をフォローし、アラート(www.LAAutoShow.com )に登録を。CCEに関する詳しい情報は専用サイト(http://connectedcarexpo.com/ )を参照。

ハッシュタグ:#LAAutoShow

▽メディア問い合わせ先

Breanna Buhr/Sanaz Marbley

JMPR Public Relations, Inc.

+1-818-992-4353

bbuhr@jmprpublicrelations.com

smarbley@jmprpublicrelations.com

ソース:Los Angeles Auto Show

International Design Studios Predict How Cars Will Interact With Humans For 11th Annual Los Angeles Auto Show Design Challenge

PR58365

LOS ANGELES, Oct. 27, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    -- Futuristic Vehicle Concepts to be Presented During Press & Trade Days

                                Nov. 18-20

The Los Angeles Auto Show ( http://www.laautoshow.com/ ) (LA Auto Show(R)) has

unveiled the 2014 Design Challenge entries submitted by world-renowned auto

design studios for its 11th annual competition. This year's entries explore the

future of automobile connectivity by responding to the prompt: "Sensing the

Future: How Will Cars Interact With Us In 2029?"

Each Design Challenge entry showcases how future technology will further

transform human-to-machine interfaces that connect with senses, predict our

next moves and create a more humanlike relationship with our vehicles.  

Specifically, entries are focused on automotive interiors that will comfortably

and safely connect the driver and/or passengers to the car by 2029.  With

in-car connectivity and technology moving forward at a rapid pace, the Design

Challenge pushes automotive designers to explore new instruments and knowledge

like never before.

The design studios participating in this year's Design Challenge represent the

following global automakers: Acura, Honda, Infiniti, Peterbilt and Qoros.  

Several other studios will participate by showcasing their latest future-facing

concepts in the Design Gallery, making for a total of 10 studios from around

the world participating in the Show.  Studios exhibiting in the gallery

include: CALTY Design Research (USA), Mercedes-Benz Advanced Design Center

California (USA), Nissan Design America, Inc. (USA), Subaru Global Design Team

(Japan) and Volkswagen Group of America Design Center California (USA).  

Additionally, leading design schools will display select student concepts in a

special part of the gallery.

The 2014 LA Auto Show Design Challenge Entries:

Honda R&D Americas, Inc. (USA) designed a human-to-machine interface concept

for Acura that is comprised of an exterior and interior shell, connected

through a modular adjustable mesh material that can flex to custom fit a

passenger's preferences. Able to accommodate one or two passengers, the

interior is constructed out of a fabric-like material that can be altered

simply by pushing or pulling on the surface.  With the help of biometrics and

repeated use, the vehicle will be able to learn the user's preferences,

anticipate their needs and have the ability to change its shape.

Honda Advanced Design Tokyo (Japan) presents the CARpet, a human-focused

interior consisting of two elements, a carpet and a ball. The carpet is a

highly flexible platform used to create a seamless and uninterrupted space with

the freedom to change its shape to accommodate each user. Whether alone or

traveling with friends, users can manipulate the car's interior and make

intuitive and natural forms for their ride. The second element, the Honda ball,

allows drivers to interact during their autonomous journey.  Within its closed

shape, the Honda ball provides users a calm interface that responds to voice,

touch and gesture commands for human-to-vehicle communication. In "active

mode," the driver can use the ball to control the car; the synergy between car

and machine emulates that between a rider and their horse. Via the Honda ball,

the car interprets driver commands to determine its optimum move.

Infiniti Design San Diego (USA) introduces a brand new universal fuselage pod

that can transform into three vehicle types. This vehicle will be used for the

brand's unique triathlon competition, the A.R.C. race (Air, Rally, Circuit).

The first stretch of the A.R.C. race is a Formula 1 grand prix course from LA

to Las Vegas. The second portion is a desert race, which requires driving an

off-road buggy to the Grand Canyon.   The final leg of the race is a radical

gymkhana-style jet race through virtual pylons back to Los Angeles.  The A.R.C.

triathlon race will also be the debut of Infiniti's new futuristic HMI called

SYNAPTIQ, a system that will make the driver and machine become one by

connecting the SYNAPTIQ S.U.I.T. (Symbiotic User Interface Technology) through

spinal lock attachment. It will enhance the driver's passion and performance

for racing as well as influence the design of a vehicle that will provoke

imagination.

Peterbilt Motors (USA) created SymbiotUX, (pronounced "Symbiotics"), a concept

based on the projection that the future of transportation will be dominated by

a transformational shift toward vehicles operating together in truly symbiotic

relationships that will, in turn, improve efficiency, safety, wellness and

travel enjoyment. An important part of this transformation will be the role of

"truck driver," which will grow in stature and esteem (similar to that of an

airplane pilot). SymbiotUX is a design concept that explores and illustrates

how human-to-machine interfaces will be transformed by this future reality. The

road pilot will have greater responsibility; therefore, the spaces and

interfaces of a vehicle in "pilot mode" will be purpose-driven to enhance pilot

capabilities leading to energy efficiency, reduced accidents, traffic and

prevent overall wear and tear.

Qoros Design Shanghai (China) introduces a digital and physical concept, Q:

Qoros Qloud Qubed, where the vehicle will become an intelligent,

multi-dimensional personal management assistant. Q learns from the user over

time through the five senses: sight, touch, smell, taste and sound. The

dynamics of the relationship between Q and the user is modeled on how human

relationships develop over time. Q learns the user's tastes, favorite

restaurants, places regularly frequented, music preferences, friends, family,

etc. during the ownership period and is designed to maximize safety by

identifying when the user is acting irresponsibly and quickly switching to

automated driving mode.

"This year's entries are particularly compelling because they offer insight

into what our vehicles are capable of," said Chuck Pelly, Chief Creative

Officer of Intersection, Inc. "This year is a turning point for connected car

technology and it's fascinating to see how far we could get in the next 15

years."

Design Challenge entries are judged on various factors including comfort,

attention to human sense and emotional connection, ecological sensitivity,

creativity of concept, control and function of concept and reflection of the

brand. This year's judges include: Tom Matano, Executive Director of the School

of Industrial Design, Academy of Art University, Stewart Reed, Chair of

Transportation Design, Art Center College of Design and Alexander Klatt, Chair

of MFA Transportation Design & Associate Professor, College for Creative

Studies in Detroit.  

In addition to the judges award, design aficionados from the public will also

have the opportunity to vote for their favorite Design Challenge entry online

starting Oct. 27; to vote, or for more information about the first annual

"People's Choice Award," please visit LA Auto Show's website here (

http://laautoshow.com/ ) or the Show's official Facebook page here (

https://www.facebook.com/LosAngelesAutoShow ).  The winner(s) of both honors

will be announced and presented with their award(s) before media and industry

professionals during the annual Design LA Open House on Thursday, Nov. 20.

Following the Open House will be the Car Design Night LA party, taking place at

Elevate Lounge in downtown Los Angeles from 7:00 p.m. -12:00 a.m.  In contrast

to previous years, LA Auto Show credentials will not grant access to Car Design

Night LA '14.  Design industry professionals interested in attending the

offsite affair are invited to register directly with Car Design News here (

http://www.cardesignnight.com/la14.php ).

The final competition concepts will be prominently displayed in the Design

Gallery of the LA Auto Show throughout Press & Trade Days (Nov. 18-20, 2014),

as well as through the run of the public show (Nov. 21-30, 2014).  

LA Auto Show's Design Challenge is sponsored by Faurecia (

http://www.faurecia.com/en ), the world's sixth-largest automotive supplier

specializing in automotive seating, emissions control technologies, interior

systems and auto exteriors.  In addition to Faurecia, Design LA is made

possible by the support of Lacks Enterprises, Inc. (

http://www.lacksenterprises.com/ ), Autodesk ( http://www.autodesk.com/ ), Bose

( http://www.bose.com/ ), We-Inspire ( http://www.we-inspire.com/ ) and Car

Design News. ( http://www.cardesignnews.com/site/home/ )

Press & Trade Day registration for LA Auto Show and Connected Car Expo can be

accessed here ( http://registration.experientevent.com/ShowLAS141/ ). For more

information, please visit www.laautoshow.com and www.connectedcarexpo.com.

About the Los Angeles Auto Show and Connected Car Expo

Founded in 1907, the Los Angeles Auto Show is the first major North American

auto show of the season each year.  Press Days for the 2014 LA Auto Show(R)

will be held on Nov. 18 - 20. The show will be open to the public Nov. 21 -

Nov. 30. The second annual Connected Car Expo (CCE) will unite automotive and

technology professionals in an effort to increase development and foster

relationship-building in the connected car industry, providing attendees with

access to the key players and top media constructing the future of the

connected car. CCE will start on Nov. 18, and continue in conjunction with the

2014 LA Auto Show Press Days.  The LA Auto Show is endorsed by the Greater L.A.

New Car Dealer Association and is operated by ANSA Productions. To receive the

latest show news and information, follow LA Auto Show on Twitter at

http://twitter.com/LAAutoShow or via Facebook at

www.facebook.com/LosAngelesAutoShow and sign up for alerts at

www.LAAutoShow.com. For more information on CCE please visit

http://connectedcarexpo.com/

Hashtag: #LAAutoShow

Media Contacts:

Breanna Buhr/Sanaz Marbley

JMPR Public Relations, Inc.

+1-818-992-4353

bbuhr@jmprpublicrelations.com

smarbley@jmprpublicrelations.com

SOURCE:  Los Angeles Auto Show

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中