電通、アジア地域で総合エンターテインメントビジネスを推進する合弁会社に出資

電通

2014/10/30 15:15

株式会社電通は、株式会社海外需要開拓支援機構、吉本興業株式会社、株式会社ドワンゴ、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、滋慶学園グループ、イオンモール株式会社が共同で事業運営予定の合弁会社、株式会社MCIPホールディングスに3億円出資いたします。

2014年10月30日

株式会社電通

電通、アジア地域で総合エンターテインメントビジネスを推進する合弁会社に出資

― 現地の日本ファン増加と日本企業による市場獲得を支援 ―

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、以下「電通」)は、株式会社海外需要開拓支援機構(以下「クールジャパン機構」)、吉本興業株式会社、株式会社ドワンゴ、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、滋慶学園グループ、イオンモール株式会社が共同で事業運営予定の合弁会社、株式会社MCIPホールディングスに3億円出資いたします。

クールジャパン機構が掲げる、日本の魅力ある商品・サービスの海外需要開拓を目的とし、共同出資各社のアジア地域における知見やノウハウと、電通が保有する海外ネットワークをはじめとするアセットを活用・連携させることにより、大規模なスキームによる総合エンターテインメントビジネスの展開を目指します。

 株式会社MCIPホールディングスは、経済成長が著しいアジア地域において、質の高いジャパン・エンターテインメントを当地の人々に受け入れられる形にするため、当地の有力メディアやプロダクションなどと連携し、当地の文化や生活習慣と融合したオリジナルコンテンツを創造していきます。

それらを順次各国において、イベントやテレビ番組、ネット配信などを介してマルチ展開することにより、ジャパン・エンターテインメントの人気向上と日本ファンの増加につなげていきます。また、さまざまな日本企業とのタイアップ、スポンサード、さらには専用コンテンツの制作を通じ、アジア地域での日本企業による市場の獲得や、訪日観光の拡大に寄与することを目指します。

近年、日本企業のアジア進出に伴い、コンテンツと連動したメディア展開による商品・サービスの訴求や企業認知の拡大へのニーズが高まっています。当社は2013年11月に設置した全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」を中心に、企業や自治体などのニーズに応える多様なプロジェクトを推進しており、今後もアジア地域で展開されるクールジャパン関連事業との連携や、コンテンツを軸とした関連商品・サービスの開発に積極的に取り組むことで、さらに質の高いソリューションを提供してまいります。

■合弁会社の概要

 会社名 : 株式会社MCIPホールディングス

 所在地 : 東京都新宿区新宿5-18-21(吉本興業株式会社 東京本部内)

 代表者 : 代表取締役社長 横手 志都子

 資本金 : 10.55億円(別途、資本準備金10.55億円)(予定)

 出資額 : 3億円

 出資比率: 約14.2%(予定)

以 上

【事業に関する問い合わせ先】

株式会社電通 全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」

Email:info-tcj@dentsu.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中