CHTF 2014はグリーン・ビルディング・テーマの展示区域を新設

CHTF

2014/11/20 14:45

CHTF 2014はグリーン・ビルディング・テーマの展示区域を新設

AsiaNet 58721(1309)

【深セン(中国)2014年11月20日PRN=共同通信JBN】最近では低炭素、持続可能性、エネルギー節約という用語が建設と組み合わさることが多い。このためグリーン・ビルディング(環境に優しい建物)というコンセプトは次第に一般化している。11月16日から21日まで開催されるCHTF 2014は、深セン会議展覧センターの第1ホールにグリーン・ビルディング・テーマ区域を設けて、建築と建物に用いられるグリーン製品の実際の利用例を展示し、未来のグリーン・ビルディングを展示することに焦点を合わせる。

CHTF 2014の期間中、グリーン・ビルディング・テーマ展示区域には多数の優れた企業が参加する。現時点では、SZIBRがHOME+環境ヘルスサービス、Green Lightが自動車用カーフィルム、Netherland Magpainが磁気コーティング、Zobonが下水処理技術、MmatchがSchaeffler Titaniumクリスタルサーフェスを展示する予定になっている。またBao De Sheng、Botnyなどその他の有名企業も第1ホールで展示する予定。来場者は先進的製品を見学できるだけでなく、グリーン・コンストラクションの将来動向も理解できる。

ことしのグリーン・ビルディング・テーマ展示では、「グリーンハウス(Green House)」と名付けた活動を行う。これは実際の環境事象を再現した建物である。再現された実際の環境の中で最新の製品が展示され、同じ環境下でサロンも設けられる。この展示は、優れた活動を組織し、さまざまな製品を普及させ、展示効率を高めることを目的にしている。CHTF 2014ではグリーンハウスが来場者とメディアの注目を集めるとみられている。グリーンハウスはこれまでと異なる体験を来場者に提供し、グリーン技術の利便性と低炭素ライフスタイルの快適さを深く印象づけるだろう。

展示会期間中、Green Lighting and Intelligent Technology Forum 2014に加え、4つの特殊技術会議が開催される。CHTF 2014では、特別インタビュー、バイヤー向けの現場での商談会、バイヤー販促計画など付加価値サービスが提供される。この展示会は業界内にこれまでと異なる新しいエネルギー業界展示会を構築する目的を持っている。

▽CHTFについて

China Hi-Tech Fair(CHTF)は1999年に中国国務院に承認され、毎年11月16日から21日まで深センで開催されている。共催団体は中国商務部などの省庁と深セン政府。CHTFは中国最大かつ最も影響力がある技術展で、「中国一の技術展」との評価を受けている。

ソース:CHTF

CHTF 2014 launches a Green Building Theme Exhibition Area

PR58721

SHENZHEN, China, Nov. 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

    Recently, the term of low-carbon, sustainability and energy conservation

frequently combines with construction; hence the concept of green building

becomes increasingly popular. The CHTF 2014 which is held from November 16 to

21 is going to launch a green building theme exhibition area in Hall 1 of

Shenzhen Convention & Exhibition Center, which will show the real application

of green product in construction and building, and focus on displaying the

future green buildings.

    

    During the CHTF 2014, the green building theme exhibition area attracts a

number of outstanding enterprises to participate. Until now, SZIBR will exhibit

its HOME+ environmental health service, Green Light will show the car window

films, Netherland Magpaint its magnetic coating, Zobon its sewage treatment

technique, Mmatch will show the Schaeffler Titanium crystal surface, and other

famous corporations such as Bao De Sheng and Botny will exhibit in Hall 1. All

visitors can not only appreciate the advanced products, but also see the future

trend of green construction.

    This year, the Green Building Theme Exhibition will launch an activity

named "Green House", which is a simulated building of real environment event.

The latest products will be displayed in the simulated real environment,

meanwhile a salon will be held in the same environment. This exhibition aims to

organize wonderful activities, promote various products and improve the

efficiency of the exhibitions. It is believed that at CHTF 2014, the Green

House will become the focus among visitors and media. It will bring a different

experience to visitors and make them have a deep impression of the convenience

of green technology as well as the comfort of low-carbon lifestyle.

    During the exhibition, Green Lighting and Intelligent Technology Forum 2014

and another four specialized technology conferences will be held. It will

provide a series of value-added services, like special interview, buyers'

onsite purchase meeting and buyer promotion plan. It aims to build-up a

different new energy industry exhibition inside the industry.

    About CHTF

    Approved by the State Council of the People's Republic of China in 1999,

China Hi-Tech Fair (CHTF) is held in Shenzhen from November 16-21 every year.

It is co-hosted by the Ministry of Commerce and other state ministries as well

as the Shenzhen Municipal People's Government. It is the largest and most

influential Chinese technical exhibition, which is well known as the "No.1

Technology Show in China."

    SOURCE: CHTF

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中