IMD、最新の世界人材競争力ランキングを発表

MD International

2014/11/25 12:30

AsiaNet 58731

IMD、最新の世界人材競争力ランキングを発表

ローザンヌ(スイス)、2014年11月20日/PRニュースワイヤー/

IMDの世界人材競争力ランキングの表は下記サイトで閲覧できます:http://www.presseportal.ch/de/pm/100006390/imd-international?langid=2

国際的な一流ビジネススクールIMDは、第一回年次世界人材レポート(World Talent Report)を発表したところです。このレポートでは、長い歴史を持つIMD「世界競争力年鑑(World Competitiveness Yearbook)」に基づいたIMD世界人材競争力ランキングを紹介しています。

このレポートでは、次の3つの要因に基づいて、企業の人材を養成・誘致・維持する国の能力を評価しています。

1] 地域の人材への投資と養成、教育への投資を反映。

2] アピール、自国で育った人材を維持し海外の人材を誘致する能力を反映。

3] レディネス、市場の需要を人材プールで満たす国の能力を反映。

IMD世界競争力センターのディレクターであるArturo Bris教授は、次のように述べました。「一流の国は、3つの要因にバランスのとれたアプローチをしています。」

このランキングは、20以上の指標に基づき、その中には統計的指標もあれば、IMDによる4,300人の国際的な幹部についての調査による指標もあります。同校の競争力センターのデータベースは2005年以来の進化を追跡しています。

ハイライト

このランキングでは、1位スイス、2位デンマーク、3位ドイツ、4位フィンランド、5位マレーシアとなっています。アメリカは12位です。ベネズエラが59位、最下位の60位はブルガリアです。

・投資と養成の点では、デンマークが2位のスイスと3位のオーストリアのずっと先を行っています。

・アピールの点では、スイスが2位のドイツと3位のアメリカにリードしています。

・レディネスの点では、2位のフィンランド、3位のオランダを抜いてスイスが1位です。

ランキング1位の国

2005年から2014年のデータに基づいて、このレポートは最も人材競争力のある国を特定しています。

毎年上位10位にランクしているのは、カナダ、デンマークそしてスイスのみです。スウェーデンは、2007年以来上位10位に入っています。シンガポールは10年の内6度上位10位に入りました。

Bris教授は次のように述べました。「ランキングの変化は、経済的あるいは方針に影響を与える社会政治的な問題が原因となる場合もあります。」

レポート全文は次のサイトで読むことが出来ます。http://www.imd.org/wcc/news-talent-report/ .

IMDは、一流のビジネススクールです。同校は、IMD 世界競争力センターを主催しています。

IMDメディア向け問い合わせ先

IMD、スイス、コミュニケーションスペシャリストAicha Besser、+41-21-618-0507、aicha.besser@imd.org

情報源:IMD International

(日本語リリース:クライアント提供)

IMD Releases new World Talent Ranking

PR58731

LAUSANNE, Switzerland, Nov. 20, 2014 /PRN=KYODO JBN/ --

The IMD World Talent Ranking as a table is available at:

http://www.presseportal.ch/de/pm/100006390/imd-international?langid=2

IMD, a top-ranked global business school, just released its first annual World

Talent Report. The report introduces the IMD World Talent Ranking based on the

long-established IMD World Competitiveness Yearbook.

It assesses a country's ability to develop, attract and retain talent for

companies based on three factors:

1] Investment and development in local talent, reflecting investment in

   education.

2] Appeal, reflecting ability to retain home-grown talent and attract overseas

   talent.

3] Readiness, reflecting a country's ability to fulfil market demands with its

   talent pool.

"The top countries have a balanced approach to the three factors," said

Professor Arturo Bris, Director of the IMD World Competitiveness Center.

The ranking is based on over 20 indicators, some statistical and others drawn

from an IMD survey of 4,300 international executives. The Competitiveness

Center's database tracks the evolution since 2005.

Highlights

The ranking is led by Switzerland (1), Denmark (2), Germany (3), Finland (4)

and Malaysia (5). The US comes in 12th. At the bottom are Venezuela (59) and

Bulgaria (60).

In investment and development, Denmark leads ahead of Switzerland (2) and

Austria (3).

Switzerland leads in appeal, followed by Germany (2), and the US (3).

Switzerland is highest-rated for readiness, ahead of Finland (2) and the

Netherlands (3).

Top-ranked countries  

Based on data from 2005 to 2014, the report identifies the most

talent-competitive countries.

Canada, Denmark and Switzerland are the only countries ranked in the top 10

every year. Sweden has been in the top 10 since 2007. Singapore reached the top

10 in six of the ten years.

"Changes in ranking from may stem from economic or socio-political issues that

affect policies," Bris said.

Read the full report: http://www.imd.org/wcc/news-talent-report/.

IMD is a top-ranked business school. It hosts the IMD World Competitiveness

Center.

IMD MEDIA CONTACT

IMD, Switzerland. Aicha Besser, Communications Specialist,  +41-21-618-0507

aicha.besser@imd.org

SOURCE: IMD International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中