クァンタム マテリアルズ社、4K LCD製品需要へ対応。2015年第二四半期に量子ドットの年間生産量を2トン規模へ拡充

クァンタム マテリアルズ社

2015/1/8 11:37

AsiaNet 59112

PRESS RELEASE 

平成27年1月8日 

クァンタム マテリアルズ社、4K LCD製品需要へ対応。

2015年第二四半期に量子ドットの年間生産量を2トン規模へ拡充

同社経営陣がコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(2015年)にて大手LCDメーカー各社と交渉へ

サンマルコス市(テキサス州)/平成27年1月8日: - 北米の量子ドット製造分野の先駆クァンタム マテリアルズ社 (OTCQB: QTMM)は同社の量子ドット及びナノ粒子の生産能力に関し2015年第二四半期までに年間生産量2トン規模へ拡充すると発表した。またライン増設の導入期間が短期間で済むことから2015年末までにさならるの生産能力の引き上げも計画しているとした。

ロゴ - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

クァンタム マテリアルズ社CEOスティーブ・スクアイヤは、「弊社の継続フロー生成プロセスにより製品性能、サイズ均一性、拡張性における当面の目標は達成した。また高品質な量子ドット製品提供に向け生産能力拡充への投資や優秀な人材確保も同時に進行中だ。量子ドット量産面においてもカドミウム系並びにカドミウム・フリー(非重金属系)量子ドット製品の量産生成実現へも目途をつけた。特にカドミウム・フリー量子ドットにおいては欧州標準化団体などが強く唱える環境対応への法的規制に準拠したエレクトロニクス製品向けに大きな需要が生まれると実感している。」と述べている。

クァンタム マテリアルズ社ではコンシューマー・エレクトロニクス分野のアプリケーションに適用される高品質で量産可能な量子ドット製品需要を満たすためにこれまで製造機器の増設、研究施設の拡張、研究員の増強などへの投資を実施してきた。同社の特許取得済み技術である量子ドット継続フロー生成プロセスはUHD 4K LCD、ソリッド・ステート・ライティング、太陽電池、バイオメディカル分野などで求められる高品質、高信頼性を実現した量子ドットの量産を可能にしているが、これまでは競合他社の推進するバッチ型生成手法は生成時における量子イールド、高純度カラー、量産面の制御において非自動化プロセス上の制約から割高な製造コストとなりコンシューマー・エレクトロニクス製品への採用はあまり進んでいなかった。

なお今回の発表と同時にLCDディスプレイ製造におけるカドミウム・フリー量子ドットの適用とメリットを解説したショート・ビデオもリリースし同社のサイトから閲覧できるようにしている。 (http://qmcdots.com/videos.php )

クァンタム マテリアルズ社CEOスティーブ・スクアイヤとシニア・ディレクター(アジア)安藤利徳の両名は2015年コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)会場にて大手LCDメーカーとの打ち合わせ並びにディストリビュート・コンピューヒング・インダストリー協会(DCIA)が主催する“インターネットオブシングス(IoT)マラソン”ウェブ・キャスティング プログラムへの参画を予定している。

クァンタム マテリアルズ社に関して

クァンタム マテリアルズ社は自動生成プロセスによりメディカル、ディスプレイ、太陽電池、照明などのアプリケーション向けに使用されるテトラポッド型量子ドットの製造を行っている。クァンタム マテリアルズ社の量産生成技術は低コストで高品質、高信頼性の量子ドット製品を量産可能にすることで革新的技術の発見から商業生産体制確立への実現を支援していく。(http://www.qmcdots.com )  QMC子会社のソルテラ リニューアブル テクノロジーズ社はシリコンベースの太陽電池に代わり低コストでフレキシブルな量子ドット型薄膜太陽電池を適用した太陽光発電技術の開発を行っている。 (http://solterrarenewable.com )

1995年私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項への対応

このプレス・リリースは弊社の事業、製品、財務状況に関してリスクまたは不確定要素を含んでおり、将来予想に関する記述内容と実際に生じる結果とは異なる可能性がある。弊社の事業、製品、財務状況に関わる潜在的リスク要因に関する情報は証券取引委員会("SEC")に申告された弊社の年次報告書や付随して提出された資料に記載されている。全ての資料は証券取引委員会の電子開示システム(EDGAR) http://www.sec.gov/ 或いはwww.QMCdots.com で閲覧することが可能である。弊社は将来予想に関する記述を含む上記の記載内容を以降のイベントや状況に反映させるための公的な更新に関して如何なる義務も負わない。

ビジネス関連問い合わせ先:

安藤利徳

クァンタム マテリアルズ社

アジア担当ディレクター

toshi@qmcdots.com

国番号(1)510-300-4021

メディア関連問い合わせ先:

Rich Schineller (リッチ・シュネラー)

rich@prmgt.com

国番号(1)941-780-8100

投資関連問い合わせ先:

Clay Chase (クレイ・チェイス)

SD Torrey Hills Capital

cc@sdthc.com

国番号(1)858-456-7300

(日本語リリース:クライアント提供)

Quantum Materials Increasing Quantum Dot Production Capacity to Two Metric Tons by Q2 2015 to Meet 4K LCD TV and Display Demand

PR59112

SAN MARCOS, Texas, Jan. 8, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

    - Company executives to meet with major LCD manufacturers at 2015

International Consumer Electronics Show

    Leading North American quantum dot manufacturer Quantum Materials Corp

[http://www.qmcdots.com/ ] (OTCQB:QTMM) today announced it is increasing

production capacity to 2000 kilograms (2 metric tons) of quantum dots and

nanoparticles per annum in Q2 2015. The Company is able to leverage short

development timelines to plan for increasing quantum dot production and

anticipates further production expansion during the remainder of 2015.

    Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140619/119488

    "We have achieved quality, uniformity and scalability goals with our

patented continuous-flow manufacturing process," said Quantum Materials Corp

CEO Stephen Squires, "and so are making the investments in production capacity

and people to meet market demand for high-quality quantum dots. We have also

made great strides in ramping-up volume production of both Cadmium-core and

Cadmium-free (aka heavy-metal free) quantum dots. We perceive Cadmium-free

quantum dots will drive future use, particularly in electronic goods destined

for highly environmentally-regulated regions such as the European Union."

    The company has made significant capital investment in new automated

nanoreactors, expanded lab space and scientific staffing to fulfill quality and

quantity requirements for quantum dots in consumer electronics applications.

Quantum Materials' patented continuous-flow process produces quantum dots in

the high volumes, uniformity and reliability needed for integration into UHD 4K

LCD display, solid-state lighting, solar and biotech manufacturing industries.

Up to this point, competitors' batch synthesis methods have inhibited quantum

dot-use in consumer electronics due to the limitations of a highly manual

process in controlling quantum yield, color purity, volume production and the

resultant higher production costs.

    The company also released today an informative video

[http://qmcdots.com/videos.php ] detailing heavy-metal free quantum dot use and

benefits in LCD display manufacturing.

    Quantum Materials is at the forefront of Cadmium-free quantum dot

development to allow manufacturers to meet and stay ahead of future

environmental regulations governing dangerous materials in consumer electronic

devices. Quantum dots are easily integrated into the industry-standard

thin-film roll-to-roll inkjet and surface deposition technologies currently

used in existing LCD display production lines and other next-generation printed

electronics.

    Quantum Materials executives CEO Stephen Squires and Senior Director of

Business Development for Asia and the Pacific Toshi Ando are meeting with major

LCD manufacturers at the 2015 International Consumer Electronics Show (CES).

They will be participating in the Distributed Computing Industry Association's

(DCIA) "Internet of Things (IoT) Marathon" [

http://dcia.info/activities/iot-ces2015/1-6--1-9%20DCIA%27s%20IoT%20Marathon%20DCIA%20Website%20Summary.pdf

] webcast.

    About Quantum Materials Corp

    Quantum Materials Corp develops and manufactures Quantum Dots and

nanomaterials for use in medical, display, solar energy and lighting

applications through its patent-pending volume production process. QMC's volume

manufacturing methods enable consistent quality and scalable cost reductions to

drive innovative discovery to commercial success. Wholly-owned subsidiary

Solterra Renewable Technologies develops sustainable quantum dot solar

technology.

    Safe Harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of

1995

    This press release contains forward-looking statements that involve risks

and uncertainties concerning business, products, and financial results. Actual

results may differ materially from the results predicted. More information

about potential risk factors that could affect our business, products, and

financial results are included in our annual report and in reports subsequently

filed with the Securities and Exchange Commission ("SEC"). All documents are

available through the SEC's EDGAR System at http://www.sec.gov/ or

www.QMCdots.com. We hereby disclaim any obligation to publicly update the

information provided above, including forward-looking statements, to reflect

subsequent events or circumstances.

    Contacts:

    Business Inquiries:

    Art Lamstein

    Director of Marketing

    +1-415-883-4556

    artlamstein@QMCdots.com

    Media:

    Rich Schineller

    +1-941-780-8100

    rich@prmgt.com

    Investor Relations:

    Clay Chase

    SD Torrey Hills Capital

    +1-858-456-7300

    cc@sdthc.com

    SOURCE: Quantum Materials Corp  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中