欧州第2の家電ブランド「Beko」がタイ製造拠点建設で1億ドルを投資

Beko

2015/1/8 12:13

欧州第2の家電ブランド「Beko」がタイ製造拠点建設で1億ドルを投資

AsiaNet 59132 (0040)

【バンコク2015年1月7日インフォクエスト=共同通信JBN】

*地域製造ハブの構築で「Beko」ブランドの欧州での成功を東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)で再現

欧州第2位の家電ブランドである「Beko」は7日、タイをASEAN地区における同ブランド初の製造拠点として選択したと発表した。工場は2015年末までに操業を開始する。

ヘマラート・ラヨーン工場用地内の26万3000平方メートルの区画に立地された同工場では1月6日、定礎式が行われた。同工場は1億米ドルの投資を行って建設され、3年以内に年間50万台以上の冷蔵庫を製造する予定である。

Bekoブランドを所有するArcelik A.S.グローバル最高経営責任者(CEO)であるレベント・カキログ氏は「当社は欧州におけるBekoブランドの驚異的な成功をASEAN経済共同体(AEC)でも再現することを狙いにしている。欧州においては、当社は英国のベストセラー家電ブランドで、フランスのベストセラー独立系家電ブランドであり、ドイツでは過去5年の間、最も成長率の高い家電ブランドである。タイに地域の製造施設を設け、現地の市場ニーズに迅速に対応できるようにすることはAEC地区で当社の成長計画を達成するためのカギである」と述べた。

同氏はまた「当社は製品の9割を輸出する考えで、3年以内に約5億米ドルの売り上げを期待している」として次のように述べた。

「昨年10月にタイ市場で当社ブランドを立ち上げて以来、当社はタイ消費者から非常に良い反応を得ている。タイのいくつかの大手小売店ではBekoブランドの冷蔵庫と洗濯機はそれぞれの部門で上位3ブランドのうちの1つに入っている」

Arcelik A.S.の親会社で世界トップ350社にランクするKoc Holding会長のムスタファ・V・コチ氏は「Bekoは欧州でひとつの現象になったほどの世界的成功を遂げ、今でもその成功は続いているが、それは現地のニーズを理解し、革新的な高品質製品を通じて高い信頼性で応えたことによるものだ。そのようなコミットメントを約束通り実行するためには最高に優秀なスタッフ、柔軟で最先端の生産設備、さらに強力な研究開発能力を持った世界規模の組織が必要になる。この3つの資産を併せ持つことで当社は革新を迅速に製品に落とし込むことが可能になり、ドイツ、フランス、英国など世界で最も競争の激しい家電市場でマーケット・シェアを獲得することができた。当社はこれと同じアプローチでAECに臨む考えだ」

Koc Holdingはトルコ・イスタンブールに本社を置き、約340億米ドルの連結売上を達成し、8万人以上を雇用している。

コチ氏は「東南アジアは速いスピードで世界の最も重要な経済センターの1つになりつつあり、当社はタイがこの地域の製造ハブになる可能性が強いと考えている」と述べた。

同氏はタイをBeko家電製品の製造ハブに選んだ理由は「タイ経済の潜在能力、強力なサプライチェーンを構成する各種業界、地域の中心という地理的条件、良好なインフラ、そしてタイ国投資委員会が提供する促進的なインセンティブ」であるという。

タイ工場は同グループにとって15番目の工場である。

Bekoと姉妹家電ブランドは2013年に約58億米ドルの売り上げを記録した。

ソース:Beko

▽問い合わせ先

Bangkok Public Relations Ltd:

P. Kwantientong

Tel: +662-6649500

Europe's #2 best-selling home appliance brand 'Beko' picks Thailand for ASEAN manufacturing hub - invests US$100 million for new plant;

PR59132

BANGKOK, Thailand, Jan. 7 /InfoQuest=KYODO JBN/ --

* Regional production hub to help Beko replicate in AEC its success in Europe

'Beko', Europe's number 2 best-selling home appliance brand today (Wednesday 7

January) announced that it has selected Thailand to be the location of its

first ASEAN production facility, with the plant going into operation by the end

of 2015.  

The plant, for which the foundation stone laying ceremony was conducted

yesterday (Tuesday 6 January), is located on a 263,000 sqm plot at Hemaraj

Rayong Industrial Land.  It is being built with an investment of US$ 100

million and, within three years, will produce more than 500,000 units of

refrigerators, annually.

Mr. Levent Cakiroglu, global CEO of Arcelik A.S., the owner of the Beko brand,

said: "We aim to replicate within the ASEAN Economic Community (AEC) the

phenomenal success of the Beko brand in Europe where we are the best-selling

home appliance brand in the UK, the best-selling free-standing home appliance

brand in France, as well as the fastest growing home appliance brand in Germany

during the last five years.  Having a regional production facility in Thailand

that can quickly respond to regional market needs is the key to achieve our

growth plans in the AEC."

He said, "We will export 90% of our production, and expect to generate sales of

around US$ 500 million in the region, within three years."

"Since our launch in the Thai market in October last year, we have received a

very positive response from Thai consumers. Beko refrigerators and washing

machines have become one of the top-3 best-selling brands in the refrigerator

and washing machine category in several major retail outlets in Thailand," he

said.

Mr. Mustafa V. Koc, Chairman of Koc Holding - which ranks among the world's top

350 companies and is the parent company of Arcelik A.S. - said, "Beko is an

unfolding, global success story that has been a phenomenon in Europe thanks to

our ability to understand local needs and reliably fulfill them through high

quality products that are innovation driven. Delivering on that commitment

requires a global organisation that is staffed with the highest calibre people,

production facilities that are both flexible and state-of-the-art, and strong

R&D capabilities. This triple combination of assets has enabled us to embed

innovation into our products rapidly and win market share in even the world’s

most competitive home appliance markets, such as Germany, France and the UK.  

We will bring this same approach to the AEC."

Koc Holding, headquartered in Istanbul, Turkey, employs over 80,000 people,

with consolidated sales of around US$ 34,000 million.  

Mr. Koc stated: "Southeast Asia is fast becoming one of the world's most

important economic centres and we believe Thailand has strong potential to be a

manufacturing hub of this region."

He said that Thailand was selected as the regional production hub for Beko home

appliances because of "the potential of the Thai economy, the existence of a

strong network of supply industries, a geographically central location in the

region, good infrastructure, and the promotional incentives offered by the

Board of Investment."

The Thai plant is the group's fifteenth plant.  

Beko and its sister home appliance brands registered sales of approximately    

US$ 5,800 million in 2013.

Further information:

Bangkok Public Relations Ltd: P.Kwantientong - Tel: +662-6649500

SOURCE: Beko  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中