KAICIIDが対話の思想家アブドラ・サウジアラビア国王の死を悼む

アブドラ・ビン・アブドルアジズ国王宗教間・文化間対話国際センター

2015/1/26 13:20

KAICIIDが対話の思想家アブドラ・サウジアラビア国王の死を悼む

AsiaNet 59291 (0114)

【ウィーン2015年1月24日PRN=共同通信JBN】アブドラ・ビン・アブドルアジズ国王宗教間・文化間対話国際センター(KAICIID Dialogue Centre)の関係国評議会、役員会、事務総長、スタッフは大きな悲しみとともに、サウジアラビアのひとびとの計り知れない損失に哀悼の意を表明する。

2015年1月23日、メッカとメディナの両聖モスクの守護者である国王は死去した。

アブドラ・ビン・アブドルアジズ国王は著名な宗教指導者、熱意ある平和主導者、異なる宗教、文化のひとびとの間の理解と尊敬を深める対話の揺るぎない擁護者だった。

7年にわたって国王は多様性、正義、平和のための協力、尊敬を強化するために行動する宗教間、文化間の対話センターを設立するというビジョンを追求した。2005年からアブドラ・ビン・アブドルアジズ国王は人々の間に架け橋をつくり出し、紛争に対処し、多様なグループ間の協力を促進する対話の共通ビジョンを形成するため、多くの宗教の学者、リーダーとかかわった。

2007年11月の歴史的な会議で、両聖モスクの守護者はバチカンのベネディクト16世法王と「宗教間対話構想」のビジョンを共有し、2人はともにその追求を進めた。

5年後の2012年11月、宗教、政府指導者の緊密な協力を通じて宗教間、文化間対話国際センターが設立された。センターの設立にかかわった宗教指導者たちは、宗教間対話を通じた平和擁護をたたえてセンターに国王の名をつけることを提案した。

KAICIIDメンバー国のオーストリア、サウジアラビア、スペインおよび創立オブザーバーとしてのバチカンが現在、9人のメンバーが世界の5つの宗教を代表している役員会とともに対話センターをサポートし、運営している。

▽問い合わせ先

KAICIID Dialogue Centre:

Peter Kaiser

Head of Communications

Schottenring 21

1010 Wien

Tel.: +43-1-313-22-411

Mobile: +43-664-231-0593

E-Mail: peter.kaiser@kaiciid.org

ソース:KAICIID Dialogue Centre

KAICIID Mourns the Passing of the Custodian of the Two Holy Mosques: King Abdullah - A Dialogue Visionary

PR59291

VIENNA, Jan. 24 /PRN=KYODO JBN/ --

    With great sadness, the Council of Parties, the Board of Directors, the

Secretary General and the staff of the King Abdullah Bin Abdulaziz

International Centre for Interreligious and Intercultural Dialogue express

their condolences to the people of Saudi Arabia for their inestimable loss.

    On 23 January 2015, His Majesty, the Custodian of the Two Holy Mosques of

Mecca and Medina, has passed away.

    King Abdullah Bin Abdulaziz was a renowned religious leader, a committed

peace initiator and an unwavering advocate for dialogue to deepen understanding

and respect among people of different religions and cultures.

    Over the course of seven years, His Majesty pursued his vision to establish

an international centre for interreligious and intercultural dialogue to act to

enhance cooperation, respect for diversity, justice and peace. Beginning in

2005, King Abdullah Bin Abdulaziz engaged scholars and leaders of many

religions to form a common vision of dialogue to create bridges between people,

to address conflict and to promote collaboration among diverse groups.

    In their historic meeting in November 2007, the Custodian of the Two Holy

Mosques shared with his Holiness Pope Benedict XVI his vision of an 'Initiative

for Interfaith Dialogue', which together they proceeded to pursue.

    Five years later, in November 2012, through intensive collaboration between

religious and governmental leaders, an International Centre for Interreligious

and Intercultural Dialogue was established. The religious leaders engaged in

the centre's establishment proposed that the centre carry the King's name to

honour his advocacy of peace through interreligious dialogue.

    The KAICIID Member States, Austria, Saudi Arabia and Spain, as well as the

Holy See as Founding Observer, today support and govern the Dialogue Centre

together with a Board of Directors whose nine members represent five world

religions.

    Contact KAICIID Dialogue Centre:

    Peter Kaiser

    Head of Communications

    Schottenring 21

    1010 Wien

    Tel.: +43-1-313-22-411

    Mobile: +43-664-231-0593

    E-Mail: peter.kaiser@kaiciid.org

SOURCE: KAICIID Dialogue Centre

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中