UBPの2014年決算 純利益が前年比9%増加

Union Bancaire Privee

2015/1/28 09:25

UBPの2014年決算 純利益が前年比9%増加

AsiaNet 59287 (0109)

【ジュネーブ2015年1月28日PRN=共同通信JBN】

*Union Bancaire Privee(UBP SA、以下UBP)は27日、2014年の純利益が1億6500万スイスフランと前年比8.6%増加したと発表した

*運用資産は前年末時点から12.5%増えて987億スイスフランだった

*UBPは高度に安定して流動性のあるバランスシート(賃貸対照表)を維持している。自己資本(ティア1)率29%と、スイスで最も資本が充実している銀行のひとつである。

*67.1%のコスト対収入率で示されている通り、UBPは厳密なコスト管理を続けている

▽不安定な世界で有益な成果

UBPのギ・ド・ビチョット最高経営責任者(CEO)は「絶え間のない規制の変更という背景にもかかわらず、UBPは健全なコスト管理と成長する収入のおかげで、2014年に利益を増大した。顧客からの純資産流入は計45億スイスフランに達したが、それは顧客が高く評価する高収益商品と投資ソリューションを開発するわれわれの力量を反映している。ユーロ・キャップを廃棄しマイナス金利政策を強化するというスイス国立銀行(SNB)の最近の決定は、当社外貨収益に悪影響を与えるだろう。ゆえに、われわれは2015年の収益予測を検討し、調整要因を考慮せざるを得ない」と語った。

▽運用資産は12.5%増

2014年12月31日時点で運用資産は987億スイスフランだった。前会計年度に比べて12.5%増加したのは、上向きの市況とモナコのロイズ国際プライベートバンキング事業の統合、商業上多大の成功を収めた法人顧客部門の新規事業からの収益のおかげである。さらに、プライベートバンキング部門は、中東を含む成長市場から新たに大規模な資本流入があったため、運用資産を維持することができるとして分離した。

▽収益性向上

ことしの収益は、2013年末の6億9400万スイスフランから7億7400万スイスフランに増えた。純金利収入の増大および使用料・手数料の増大(それぞれ11.5%と12.4%)が寄与した。

同時に、UBPはコストに対する手綱を緩めず、連結コスト対収入率も67.1%に改善した。営業経費は9.5%増加して計5億2000万スイスフランになったが、抑制は可能である。そのためにまず、ロイズ国際プライベートバンキング事業の統合を完了して新モナコ支店を開設し、さらに、顧客の新たなニーズに向けた商品・サービス類を採用する投資ラウンドを加えなければならない。

UBPはこのようにして収益を増大した。グループの総収益は2億5500万スイスフランで前会計年度の2億1830万スイスフランから17%伸びた。連結純利益は計1億6500万スイスフランと8.6%上がった。

▽堅固な財務ベースを維持

流動性が高いバランスシートは計202億スイスフランに達し、2013年末から10%増加した。UBPのティア1率は29%と、スイスで最も資本が充実している銀行のひとつになっており、組織的成長を続け、外部の拡充機会をうかがうことが可能である。

▽Union Bancaire Privee(UBP)について

UBPはスイスの大手プライベートバンクで、自己資本(ティア1)比率29%と資本が最も充実している銀行のひとつである。UBPは個人および法人顧客の資産運用を専門としている。本拠はジュネーブにあり、世界の約20拠点で約1350人を雇用している。2014年12月31日時点で運用資産は987億スイスフランある。

http://www.ubp.com

▽問い合わせ先

Bernard Schuster - Head of Group Communications

tel. +41-58-819-24-70

e-mail bsc@ubp.ch

ソース:Union Bancaire Privee

Annual Results 2014: Union Bancaire Privee Increases its Net Earnings by Nearly 9%

PR59287

GENEVA, Jan. 27, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

 - Union Bancaire Privee, UBP SA (UBP) announced today net earnings of CHF 165

million, an increase of 8.6% compared to 2013.

 - Assets under management have risen by 12.5%, reaching CHF 98.7

billion.

 - UBP continues to maintain a highly stable and liquid balance sheet;

with a Tier 1 ratio of 29%, it is one of the best-capitalised banks in

Switzerland.

 - The Bank continues to manage costs tightly, as reflected by its cost/income

ratio of 67.1%.

    Positive results in an unstable world

    "Against a backdrop of ever-changing regulations, UBP improved its

profitability in 2014 thanks to sound cost management and growing revenues. Net

inflows from clients totalled CHF 4.5 billion, a reflection of our ability to

develop high-performing products and investment solutions that are greatly

appreciated by our clientele", says Guy de Picciotto, UBP's CEO, adding that

"the SNB's recent decision to abandon the cap against the euro and reinforce

its negative interest rates policy will have an adverse impact on our foreign

currency income in 2015 and therefore compels us to look at our income forecast

for 2015 and to factor in some adjustments.

    12.5% increase in assets under management

    As at 31 December 2014, assets under management reached CHF 98.7 billion.

The 12.5% increase on the previous financial year is due to rising markets, the

integration of Lloyds' private banking business in Monaco and new business from

our Institutional Clients division, which has enjoyed a number of commercial

successes. On top of this, the Private Banking division has also set itself

apart by its ability to maintain assets under management, thanks to significant

new capital inflows from growth markets, notably from the Middle East.

    Improved profitability

    Revenue for the year reached CHF 774 million, up from CHF 694 million at

the end of 2013, boosted by both an increased net interest margin and an

improvement in net fees and commissions (up by 11.5% and 12.4% respectively).

Alongside this, the Bank continues to keep a tight rein on costs and has again

improved its consolidated cost/income ratio (67.1%). The 9.5% increase in

operating expenses, which totalled CHF 520 million, can be put down, in the

first instance, to the completion of the integration of Lloyds' international

private banking business, as well as to the opening of the new branch in

Monaco. In addition, the Bank has adapted its range of products and services to

meet the new needs of its clients.

    As a result UBP has increased its profitability, with the Group's gross

earnings showing an increase of 17% to CHF 255 million, against CHF 218.3

million in the previous financial year, whilst the net consolidated earnings

total CHF 165 million, rising by 8.6%.

    Maintaining a strong financial base

    The balance sheet, which is highly liquid, totals CHF 20.2 billion, up 10%

from the end of 2013. With a Tier 1 ratio of 29%, UBP is one of the

best-capitalised Swiss banks, allowing it to continue to grow organically, as

well as looking at outside opportunities for expansion.

    For further information, please contact:

    Bernard Schuster - Head of Group Communications:

    tel. +41 58 819 24 70,

    e-mail bsc@ubp.ch

    About Union Bancaire Privee (UBP)

    UBP is one of Switzerland's leading private banks, and is amongst the

best-capitalised, with a Tier 1 ratio of 29%. The Bank specialises in wealth

management for both private and institutional clients. It is based in Geneva

and employs about 1,300 people in some twenty locations worldwide; as at 31

December 2014, it held CHF 98.7 billion in assets under management.

www.ubp.com

   SOURCE: Union Bancaire Privee

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中