SEIが電力会社向けのIED用 DASLR(TM)精密測定技術を発表

スマート・エネルギー・インスツルメンツ

2015/2/18 12:58

AsiaNet 59525

SEIが電力会社向けのIED用 DASLR(TM)精密測定技術を発表

チップセットとソフトウェアが統合されたソリューションには DASLR 技術が含まれ、これにより OEMは、送電・配電網用のインテリジェント電子装置 (IED: Intelligent Electronics Device) 製造が可能になります

カナダ・トロント市-2015年2月18日/PRNewswire/ -- 次世代の送電・配電網に必須の超精密測定技術のリーダーであるスマート・エネルギー・インスツルメンツ社 (以降、SEI) は、このたび同社のDASLR測定技術の提供を開始すると発表しました。これによって、動的反応、精度、速度、レイテンシーおよび分解能 (DASLRは英文 Dynamic response, Accuracy, Speed, Latency and Resolution の頭文字です)のようなIED性能パラメーターの標準が打ち立てられました。SEIはDASLR先進精密測定技術を同社のチップセット・ソフトウェアソリューションに組み込み、電力設備機器メーカーのご注文に対応出来るようになりました。DASLR技術が組み込まれたSEIのチップセット・ソフトウェアソリューションによって、今後あらゆるIED装置の新しい性能標準が確立されます。

DASLR先進精密測定技術を組み込んだ最初の応用が、SEIのSGD評価ボードです。このIEDのプラットフォームには、複数のDSPを内蔵したコアプロセッサー、およびSGS1010Aアナログフロントエンドが含まれています。これらの2個の構成要素により、時刻同期が活用されたIEDアプリケーションに対する要求を凌駕する性能が提供されます。このIEDソリューションは、組み込みLinuxオペレーティングシステムを含むフルソフトウェアスタックと一緒に供給され、イノベーションを加速し、低コストで新しい機能を実現出来する事が出来ます。SEIソリューションは、損失識別、故障検出と分離、広域監視システム、および電力品質管理のような IED製品に対する次世代機能を提供します。

「送電・配電網測定技術における精度の向上に対する、大変大きい、産業上、および社会的な必要性があり、DASLRによって、電力会社のIEDに対し新たな基準が設定されます。」さらに「当社の評価プラットフォームには、DASLRが含まれ、必要な構成要素が提供され、送電・配電網全体で時刻同期の取れたセンサーのユビキタスネットワークを構築します。当社は、拡大する送電・配電網インテリジェンスの最前線において、送電・配電網インフラの動態に加えて、送電・配電網のオペレーターがネットワークを管理するために使用できる情報も改善していきます。」とSEIのCEOであるジェフ・ディオンは述べました。

SEIのDASLR付きSGD (Smart Grid Device) 評価ボードは、電力設備機器メーカーに評価して頂けるよう、現在提供可能な状態にあります。この評価ボードは、OEMが可能な限りの低コストで、最も進化したIEDを製品化までの時間を短縮できるように設計されています。日本・東京で2月25日~27日に開催される スマートエネルギーWeek 2015にて、SEIはこのプラットフォームデモンストレーションを行います。

スマート・エネルギー・インスツルメンツ社 (SEI) について

SEIは、次世代の送電・配電網に必須の画期的な測定技術の提供に重点的に取り組む、ファブレス半導体メーカーです。送電・配電網の信頼性、効率およびユビキタス同期測定による再生可能エネルギー統合の改善を専門にし、SEIは同社のDASLR先進精密測定技術を使用したチップセット・ソフトウェアソリューションを世界中の機器メーカーに提供しています。SEIは、カナダ・トロントを本拠地とし、日本・東京、ドイツ・ブランズウィック、台湾、および米国・シリコンバレーに事務所があります。 詳細は、www.se-instruments.comをご覧ください。

メディア窓口:

SEI、テッド・フェイゲンンン

tfagenson@se-instruments.com

925-998-1574

www.se-instruments.com

スマート・エネルギー・インスツルメンツ日本

ダニエル・ラティウ

dratiu@se-instruments.com

+81 (0)3 5579 9277

スマート・エネルギー・インスツルメンツ台湾

スチュアート・コイル

scoyle@se-instruments.com

+886-975-057-803

(日本語リリース:クライアント提供)

SEI Announces DASLR(TM) Precision Measurement Technologies for Utility IEDs

PR59525

TORONTO, Feb. 18, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

-- Integrated chipset and software solution includes DASLR technology, enabling

OEMs to build intelligent electronic devices (IEDs) for the transmission and

distribution grid

Smart Energy Instruments (SEI), the leader in ultra-precise measurement

technologies essential to tomorrow's grids, has announced the availability of

its DASLR precision measurement technologies, which sets the standard for IED

performance parameters such as dynamic response, accuracy, speed, latency and

resolution (DASLR). SEI embeds DASLR advanced measurement technologies in its

chipset and software solution, and is immediately available for equipment

manufacturers to purchase. SEI's chipset and software solution with DASLR will

establish a new standard of performance by which all IEDs will now be measured.

SEI's commercially available SGD evaluation board is the first to incorporate

DASLR precision measurement technologies. The IED platform contains a core

processor with multiple DSPs and the SGS1010A Analog Front End. Together, these

two components surpass performance requirements for time synchronized IED

applications. The IED solution is delivered with a full software stack that

includes an embedded Linux operating system which accelerates innovation and

enables new functionality at lower costs. The SEI solution provides next

generation functionality for IED products such as loss identification, fault

detection and isolation, wide-area monitoring systems and power quality

management.

"There is a tremendous industry and societal need for increased precision in

grid measurement technologies and DASLR sets the bar for Utility IEDs," said

SEI CEO Jeff Dionne. "Our evaluation platform includes DASLR and provides the

necessary components to build a ubiquitous network of sensors synchronized

across the grid. We are at the forefront of extending grid intelligence and we

are changing the dynamics of the grid infrastructure as well as the information

that grid operators use to manage their network."

SEI's SGD Evaluation Board with DASLR is now available for evaluation by

equipment manufacturers. It is designed for OEMs to accelerate the

time-to-market of their most advanced IEDs at the lowest possible cost. SEI

will be demonstrating this platform during Smart Energy Week from February 25th

through February 27th in Tokyo, Japan.

About Smart Energy Instruments (SEI)

SEI is a fabless semiconductor manufacturer that focuses on delivering

breakthrough measurement technologies essential to tomorrow's grids. Dedicated

to improving grid reliability, efficiency and renewables integration through

ubiquitous synchronized measurements, SEI provides its chipset and software

solutions with DASLR precision measurement technologies to equipment

manufacturers worldwide. SEI is based in Toronto, with offices in Tokyo, Japan,

Brunswick, Germany and Silicon Valley. For more information, visit

www.se-instruments.com.

Media Contact:

Ted Fagenson, SEI

tfagenson@se-instruments.com

+1-925-998-1574

www.se-instruments.com

Smart Energy Instruments, Japan

Daniel Ratiu

dratiu@se-instruments.com

+81-(0)3-5579-9277

Smart Energy Instruments, Taiwan

Stuart Coyle

scoyle@se-instruments.com

+886-975-057-803

SOURCE: Smart Energy Instruments

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中