2015年4月よりV-High放送事業者としてチャンネル放送スタート!

日本映画放送

2015/3/2 14:51

「時代劇専門チャンネル」は、2014年4月に総務省より移動受信用地上基幹放送(V-High放送)の業務認定を受け、2015年4月1日(水)より、株式会社mmbiが提供するスマホ放送局「NOTTV(ノッティービー)」サービスで「時代劇専門チャンネル」の放送を開始いたします。

2015.3.2

日本映画衛星放送株式会社

時代劇専門チャンネル

2015年4月よりV-High放送事業者としてチャンネル放送スタート

時代劇専門チャンネルNOTTVパックに参入!

さらにチャンネル単独契約も開始!

「時代劇専門チャンネル」を運営する日本映画衛星放送株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:杉田成道)は、2014年4月に総務省より移動受信用地上基幹放送(V-High放送)の業務認定を受け、2015年4月1日(水)より、株式会社mmbi(本社:東京都港区/代表取締役社長:眞藤務)が提供するスマホ放送局「NOTTV(ノッティービー)」サービスで「時代劇専門チャンネル」の放送を開始いたします。

開局以来16年間、時代劇専門チャンネルはCS放送局として、スカパー!・J:COM・ケーブルテレビ各局・ひかりTVなどで放送して参りましたが、さらに4月より、NOTTVサービスにおいて放送を開始いたします。

ご自宅のテレビで視聴する「時代劇専門チャンネル」が、屋外や旅行先(※1)でも、対応端末(スマートフォン・タブレット)で手軽にお楽しみいただけるようになります。さらに時代劇専門チャンネルでは、本サービスにおいても、字幕放送の提供を行って参ります。(※1 視聴可能エリアはNOTTVオフィシャルサイトでご確認下さい)

ご視聴にはNOTTVの既存有料2チャンネルに、時代劇専門チャンネルほかBS・CSの人気チャンネルを加えた合計8チャンネルで構成されるNOTTVパック(月額635円/税抜)または、時代劇専門チャンネルのみ単独で視聴可能なシングル(月額250円/税抜)いずれかのご契約が必要です。

また、時代劇専門チャンネルではNOTTVでの開局を記念して、プレゼントキャンペーンを実施いたします。

時代劇専門チャンネルでは引き続き視聴者のみなさまに一段とご満足いただける視聴環境のご提供に尽力して参ります。

<V-High放送概要>

チャンネル名称:時代劇専門チャンネル(4/1放送開始)

月額サービス利用料:NOTTVパック(635円/税抜)、時代劇専門チャンネルシングル(250円/税抜)

加入方法: NOTTVアプリ、またはお近くのドコモショップ(店頭ではNOTTVパックのみ販売) 

視聴方法及び放送エリア:NOTTVオフィシャルサイト(http://www.nottv.jp)でご確認下さい

<プレゼントキャンペーン概要>

キャンペーン名称:4/1 NOTTVに「時代劇専門チャンネル」登場! スマホで時代劇をみよう!

『若』グッズプレゼントキャンペーン

応募方法:時代劇専門チャンネル又はHPで発表するキーワードを書いてハガキまたはHPから応募しよう! 

応募賞品A 若ぐるみ(ミニ)200名 /商品B リアル若すたんぷ(10個セット)50名/賞品C 若Tシャツ100名

応募期間:3/1(日)~4/30(木)当日消印有効

募集要項:ハガキの場合 キーワードの答え/賞品番号(A~C)/住所/氏名/年齢/性別/電話番号 をご記入の上、〒100-8450 時代劇開局プレゼント係までお送りください  

WEBの場合 時代劇専門チャンネルHPへ http://www.jidaigeki.com/osusume/nottvpresent/

<チャンネル概要>

チャンネル名称:時代劇専門チャンネル

視聴方法:スカパー!(ch.292)/スカパー!プレミアム・プレミアム光(ch.662)/J:COM(ch.502)/ひかりTV(ch.461)/ケーブルテレビ各局

視聴可能世帯数 約813万世帯(2014年12月末調べ) 

時代劇専門チャンネル公式HP:http://www.jidaigeki.com/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

時代劇専門チャンネルプレゼントキャンペーン http://www.jidaigeki.com/osusume/nottvpresent/

時代劇専門チャンネルNOTTVサービスに登場 http://www.jidaigeki.com/shicho/nottv/

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース