ジョン・ブラウン氏をDEA監査役会会長に任命

DEA Deutsche Erdoel AG

2015/3/5 09:00

ジョン・ブラウン氏をDEA監査役会会長に任命

AsiaNet 59691(0318)

【ハンブルク(ドイツ)2015年3月3日PRN=共同通信JBN】

*ドイツの上流企業が成長プラットフォームに変身

*クロスレファレンス:写真は欧州写真通信社(epa)(http://www.epa.eu )と http://www.presseportal.de/pm/116249 で入手できる

ハンブルクに本社を置く上流企業のRWE DeaはLetterOneに買収された後、新しい所有者、新しい監査役会を得て、新たな社名に変わった。LetterOneはルクセンブルクに本社を置く株式非公開の世界的な投資会社で、自社の金融リソース、運用、投資専門知識の利用に集中している。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150303/732491-a

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150303/732491-b

初の株主総会で新しい監査役会が任命された。DEA監査役会の会長は、1995年から2007年まで英国のエネルギー・グループのBP社の最高経営責任者を務め、最近LetterOne Energyの執行会長に任命されたジョン・ブラウン(Lord John Browne)氏である。

DEA監査役会新会長のブラウン氏は「DEAでわれわれは技術と経営の優秀さの長い歴史、想像力豊かな思考の実績、国際的な見通し、大きな可能性を持つ企業を買収した。REAはわれわれの投資戦略に完全に適合している」と語っている。

監査役会のメンバーはLetterOne Holdings S.A.の役員会長であるミハイル・フリードマン(Mikhail Fridman)氏、LetterOne Holdings S.A.の最初の創立者の1人であるゲルマン・カン(German Khan)氏らである。

DEAのCEOは2010年から同社経営の責任者だったトマス・ラップン(Thomas Rappuhn)氏である。ディルク・ワルゼハ(Dirk Warzecha)氏は最高執行責任者として事業活動に責任を持つ。最高財務責任者はヨハネス・カーリシュ(Johannes Karlisch)博士である。

株主総会はさらに社名をRWE Dea AGからDEA Deutsche Erdoel AGに戻すことを決めた。1899年にDeutshce Tiefbohr-Actiengessellschaftとして創立されて以来、同社はすでに1911年から1970年までDeutsche Erdoel AGの社名で活動していた。最新の所有者変更後も

DEAは引き続きドイツの企業である。国際子会社の社名はこれに合わせて変更される。

企業戦略の再検討のような最初の事業優先事項は現在準備中である。原油、天然ガスの下落が目立っているが、同社は一層の成長の基盤を築くことを計画している。世界的に原油、天然ガスは今後数十年間最も重要なエネルギー資源であり続ける。独立系の予測によると、世界のエネルギー必要量は2035年までに約40%増加する。

DEAのトマス・ラップンCEOは「グループ子会社から独立の原油、天然ガス会社へのDEAの再編は多くの機会を提供する」と述べている。

従業員1440人のDEAは現在17カ国で活動しており、オペレーター、パートナーとして約160の探査、生産のライセンスを持っている。

DEAにとって重要な成長奨励策は探査、生産への投資である。原油価格が下落しているため、構造変化が業界の特徴である原油、天然ガス業界で自社の位置づけに成功することが不可欠である。ラップンCEOは「わが社は将来のために十分準備している。近年におけるわが社の探査成功、原油、天然ガス生産の増加、確実な埋蔵量はDEAの将来の成功の基盤になっている」と強調している。

追加の写真はhttp://www.dea-group.com へ。

バックグラウンド情報

DEA Deutsche Erdoel AG(社名変更は登録申請されている)は天然ガスと原油の探査と生産の分野の国際オペレーターであり、本社はハンブルクにある。同社は原油、天然ガスの安全で持続可能、環境に配慮した探査に集中している。DEAにはオペレーター、プロジェクト・パートナーとして上流バリューチェーン全体で働いた116年の経験がある。

DEAは1440人の従業員スタッフとともにドイツ、英国、ノルウェー、デンマーク、エジプト、アルジェリアで生産施設と免許の利害関係を持ち、現在はアイルランド、リビア、ポーランド、スリナム、トリニダードトバゴ、トルクメニスタンで探査免許を保持している。さらに、ドイツでは天然ガスの大規模地下貯蔵施設を運営している。

LetterOneは株式非公開の投資ファンドでルクセンブルクに本社がある。設立は2013年。同ファンドは金融リソースと運用、投資の専門知識を展開して子会社のL1 EnergyとLetterOne Telecomを通じてエネルギー、電気通信分野で価値志向の投資を行っている。その資産は総合原油天然ガス会社のTNK-BPの売却を含む創立株主たちの投資とこれまでの運用の成功から生じたものである。

▽問い合わせ先

Uwe-Stephan Lagies

Head of Corporate Communications

T +49-40-6375-2511

M +49-162-273-2511

Olaf Mager

Head of External Communications

T +49-40-6375-2877

M +49-162-273-2877

ソース:DEA Deutsche Erdoel AG

Lord Browne Appointed Head of DEA's Supervisory Board

PR59691

HAMBURG, Germany, Mar. 3 /PRN=KYODO JBN/ --

    - German upstream company turns into platform for growth

    - Cross reference: Picture is available at epa european pressphoto agency

(http://www.epa.eu) and http://www.presseportal.de/pm/116249

    After the acquisition by LetterOne, the Hamburg based upstream company RWE

Dea has a new owner, a new supervisory board and gets a new name. LetterOne is

a privately owned Luxembourg-based global investment vehicle focused on

utilizing its financial resources, management and investment expertise.

    (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150303/732491-a )

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150303/732491-b )

    At the first general meeting of shareholders a new supervisory board was

appointed. Chairman of the DEA Supervisory Board is Lord John Browne, who

recently has been appointed Executive Chairman of LetterOne Energy and who was

Chief Executive of the BP plc, the British energy group, from 1995 until 2007.

    "In DEA, we have acquired a company with a long history of technical and

managerial excellence, a track record of imaginative thinking, an international

outlook, and great potential," said Lord Browne, the new Chairman of the DEA

Supervisory Board. "DEA fits perfectly into our investment strategy."

    Members of the supervisory board are among others Mikhail Fridman, who is

Chairman of the Board of Directors of LetterOne Holdings S.A., and German Khan,

one of the original founders of LetterOne Holdings S.A.

    CEO of DEA is Thomas Rappuhn, who has been responsible for the running of

the company since 2010. As the Chief Operating Officer, Dirk Warzecha is

responsible for the operative activities. Chief Financial Officer is Dr

Johannes Karlisch.

    The general meeting of shareholders further decided to change the company

name RWE Dea AG back to DEA Deutsche Erdoel AG. After its foundation as

Deutsche Tiefbohr-Actiengesellschaft in 1899 the company operated already from

1911 to 1970 under the name of Deutsche Erdoel AG. Even after the latest change

of owners DEA remains a German company. The names of the international

subsidiaries will be adapted accordingly.

    The first business priorities like the review of the corporate strategy are

currently in preparation. Despite the notable drop in the prices of crude oil

and natural gas the company plans to lay the foundations for further growth.

Worldwide, oil and gas will remain the most important energy sources in the

next decades. According to independent forecasts the global energy requirement

will increase until 2035 by approx. 40%.

    "The realignment of DEA from a group subsidiary to an independent oil and

gas company offers many opportunities," said Thomas Rappuhn, DEA's Chief

Executive Officer.

    DEA, with 1,440 employees, is currently active in 17 countries and holds

around 160 exploration and production licences as an operator and as a partner.

    An important growth incentive for DEA will be investments in exploration

and production. In the light of the oil price drop, it is now essential to

successfully position the company in the oil and gas industry, an industry

which is characterized by structural changes. "We are well prepared for the

future," underlined Rappuhn. "Our exploration successes in recent years, the

increases in our oil and gas production and secured reserves form the basis for

DEA's future success."

    Additional photos under http://www.dea-group.com

    Background information

    DEA Deutsche Erdoel AG (change in company name has been applied for

registration) is an international operator in the field of exploration and

production of natural gas and crude oil based in Hamburg. Its focus is on safe,

sustainable and environmental conscious exploitation of oil and gas. DEA has

116 years of experience working along the whole upstream value-chain as

operator or project partner.

    DEA, with a staff force of 1,440 employees, has stakes in production

facilities and concessions in Germany, the UK, Norway, Denmark, Egypt and

Algeria and currently holds exploration concessions in Ireland, Libya, Poland,

Suriname, Trinidad & Tobago and Turkmenistan. Moreover, in Germany, DEA also

operates large subsurface storage facilities for natural gas.

    LetterOne is a private investment fund headquartered in Luxembourg; it was

established in 2013. The fund deploys its financial resources as well as its

management and investment expertise to make value-driven investments in the

energy and telecommunications sector through its subsidiaries L1 Energy und

LetterOne Telecom. Its assets originate from the successful investment and

operational track record of its founding shareholders including the sale of the

integrated oil and gas company TNK-BP.

    Further particulars

    Uwe-Stephan Lagies

    Head of Corporate Communications

    T +49-40-6375-2511

    M +49-162-273-2511

    Olaf Mager

    Head of External Communications

    T +49-40-6375-2877

    M +49-162-273-2877

SOURCE: DEA Deutsche Erdoel AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中