12,000人を大募集!「富山マラソン2015」 エントリー開始!

富山県

2015/3/13 15:00

3/11

富山県

12,000人を大募集!「富山マラソン2015」 エントリー開始!

 富山マラソン実行委員会では、北陸新幹線の開業を機に、県内最大のマラソン大会として11月1日(日)に開催する「富山マラソン2015」の参加ランナーのエントリーを4月1日から開始します(定員12,000人)。

<富山マラソン2015の特徴>

1 富山の魅力が体感できるコース

 大会キャッチコピー「山・海・まち~美しい富山湾を走ろう~」が表現するように、「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が認められた富山湾など、富山の豊かで美しい自然と、多彩な歴史や文化を楽しみながら、高岡市・射水市・富山市の3市の名所を横断するワンウェイのコースです。日ごろは走れない日本海側最大級の斜張橋の新湊大橋(長さ3,600m、高さ47m)を走るのも大きな魅力です。

2 おもてなしいっぱいの大会

 県外からの参加者を富山ならではのおもてなしでお出迎えします。また、給食には、富山のますずし、かまぼこなど、富山らしい「食」を用意します。

3 応援イベントとゲストランナーで大会を盛り上げます

 高岡御車山、新湊の曳山、下村の流鏑馬などの伝統芸能を交えた応援のほか、中高生による吹奏楽やチアによる応援イベントでランナーを応援します。また、大会ゲストには有森裕子さん(バルセロナ五輪銀メダリスト)と金哲彦さん(プロランニングコーチ)をお招きし、大会を盛り上げていただきます。

4 その他 

 環境省のカーボン・オフセット認証を取得し、自然環境にやさしい大会を目指しています。また、距離の短いレースや車椅子レースも併設し、年配者や児童生徒、障害のある方もない方も含めて参加できる県民総参加型のイベントです。

<富山マラソン2015ランナー募集要項>

■インターネットエントリー(先着) ※エントリーサイト(RUNNET)

 県民先行枠:4月1日(水)正午~4月15日(水)

 富山マラソン応援枠:4月1日(水)正午~8月28日(金)

 一般枠:4月20日(月)正午~6月15日(月)

■専用振替用紙による申込(抽選)

 4月20日(月)~6月15日(月)※マラソン(42.195km)のみ

■種目、定員、参加料

 ○マラソン/10,000人程度/10,000円(富山マラソン応援枠15,000円)

 ○併設コース(車いすコースや2km~5kmの単距離コース)については、富山マラソンのホームページをご覧ください。http://www.toyamamarathon.com/

<富山マラソン2015大会(マラソンの部)概要>

 ○実施日 

 ・11月1日(日)9:00開催 ※制限時間7時間

 ○コース (日本陸連公認コース取得予定)

≪マラソン≫高岡市役所前⇒高岡大仏⇒山町筋⇒新高岡駅周辺⇒海王丸パーク⇒新湊大橋(荒天時対応としてサブコースを設置)⇒富山大橋⇒富山駅⇒富岩運河環水公園

■お問い合わせ

○エントリーに関するお問い合わせ

 富山マラソンエントリーセンター(※4月1日~4月30日まで)

 Tel:0570-200-593(平日10:00~17:00/土・日・祝日は除く)

○大会に関するお問い合わせ

 富山マラソン実行委員会事務局

 Tel:076-444-4102

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

富山マラソン2015 ロゴマーク

富山マラソン2015エントリー開始チラシ

コースの見どころ①高岡市 高岡大仏

コースの見どころ②高岡市 山町筋の街並み

コースの見どころ③高岡市 ドラえもんの散歩道

コースの見どころ④射水市 帆船海王丸と新湊大橋

コースの見どころ⑤射水市 新湊大橋と立山連峰

コースの見どころ⑥射水市 新湊大橋とランナー

コースの見どころ⑦ 富山市街と立山連峰

コースの見どころ⑧富山市 富山城址公園

コースの見どころ⑨富山市 路面電車その1

コースの見どころ⑩富山市 路面電車その2

コースの見どころ⑪富山市 環水公園

給食①かまぼこ※イメージです

給食②ます寿し※イメージです

伝統工芸を交えた応援①高岡御車山

伝統工芸を交えた応援②新湊の曳山

伝統工芸を交えた応援③射水市下村の流鏑馬

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース