RRDが元FDA抗感染薬副部長のレッシグ博士を上級副社長に迎える

RRD International

2015/4/2 10:15

RRDが元FDA抗感染薬副部長のレッシグ博士を上級副社長に迎える

AsiaNet 60044 (0451)

【ロックビル(米メリーランド州)2015年4月1日PRN=共同通信JBN】

*ケイティ・レッシグ医学博士が規制問題・医療安全を担当するRRDの上級副社長に

バイオ医薬品企業・投資家に専門レベルの戦略、規制、運営サポートを提供する製品開発企業のRRD Internationalは1日、ケイティ・レッシグ(Katie Laessig)博士を規制問題・医療安全担当の上級副社長に任命したと発表した。米食品医薬品局(FDA)在勤16年のベテランであるレッシグ博士は2007年以来、抗感染薬部(DAIP)の副部長を務め、感染症の治療と予防のための抗菌薬とバイオ製剤の審査に責任を負っていた。博士はDAIPに加わる前、抗ウイルス製剤部(DAVP)の要職をいくつか歴任している。

RRD Internationalのスコット・タラント社長は「ケイティがRRDに入社したことを喜び、それが会社、パートナー、究極的には患者のため何を生み出すか期待している。彼女の幅広い規制上の専門知識、Whitman-Walker Clinicにおけるボランティア活動を通じて得た独特の患者の視点は、特にこの分野のイノベーションの必要性を考えると、われわれの抗感染製剤事業が成長しているだけに、RRDと開発パートナーにとってかけがえのないものになる」と語った。

レッシグ博士の新担務は、RRDの製品開発チームとパートナー企業に対し、特定の製品や症状に関する専門的なアドバイザーである。また、抗感染分野における新事業イニシアチブを開発、実行するために経営陣と協力する。

RRD Internationalの最高経営責任者(CEO)、チャック・フィン博士は「ケイティの加入は、感染症予防・治療製品の開発に関するわれわれの広範な専門知識とコミットメントをさらに拡充する」と語った。RRDは2014年1月、感染症ワクチンの商業化に集中する資産中心企業のポートフォリオを管理するため、子会社のClearPath Development Companyとアステラス製薬の提携を発表した。フィン博士は「ケイティを迎えてわれわれはパートナーとともに、抗生物質耐性でますます重要になっている非ワクチン系抗感染分野で、自社のビジネスモデルを拡大できる」と付け加えた。

2014年の世界保健機関(WHO)の国際動向報告(global surveillance report)は「抗生物質耐性の問題は極めて深刻であり、現代医学の業績を脅かしている。一般的な感染症や軽度の負傷が死をもたらす“ポスト抗生物質時代”が21世紀に到来する可能性は大いにある」としている。

フィン博士は「抗生物質耐性の問題に効果的に対処するため、新しい作用機序がある予防・治療ワクチン、抗感染・バイオ製剤の開発が必要とされている」と指摘した。

レッシグ博士は1992年、ボルティモアのメリーランド大学で医学博士号を取得、1995年にインターン、1997年に感染症フェローシップをいずれもワシントンDCのジョージワシントン大学メディカルセンターで終えた。彼女は1988年、微生物学を専攻してコーネル大学を卒業、生物学学士号を得た。レッシグ博士は感染症の有資格医で、米国感染症学会(IDSA)、米国熱帯医学会(ASTMH)の会員である。

▽RRD Internationalについて

RRD Internationalは、バイオ医薬品企業・投資家に総合的な専門レベルの戦略、規制、運営サポートを提供する製品開発企業である。同社独自の製品開発チーム(PDT)モデルは、伝統的な業界の慣行に効果的で資産中心の選択肢を提供している。PDTモデルは、戦略計画、管理、実行など開発プログラム全般にわたる価値、構造、機能面で包括的でありながら、ヒトによる概念実証(POC)を達成するためにコスト、時間、リスクの最小化を集中的に推進し、資源を有効活用している。RRDは2002年以来、主要クラス、治療分野全体の100を超える組織と協力している。詳しい情報はwww.rrdintl.com を参照。

▽ClearPath Development Companyについて

ClearPath Development Companyは、補完的開発・融資力がある製品供給機会を拡大するため、大手バイオ医薬品企業と協力している。ClearPathのビジネスモデルはバイオ医薬品企業に製品開発を加速する代替メカニズムを提供している。詳しい情報はwww.clearpathdevco.com を参照。

ソース:RRD International

▽問い合わせ先

Samantha Menke

+1 703.739.2424 x117

smenke@brightlinestrategies.com

RRD International Hires Former FDA Deputy Director Of Anti-Infective Products Division

PR60044

ROCKVILLE, Md., Apr. 1, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

-- Katie Laessig, M.D. to Serve as RRD's Senior Vice President of Regulatory

Affairs and Medical Safety

RRD International, a product development company that provides expert-level

strategic, regulatory and operational support to biopharmaceutical companies

and investors, announced today the appointment of Dr. Katie Laessig as senior

vice president of regulatory affairs and medical safety. Laessig, a 16-year

Food and Drug Administration (FDA) veteran, has served as deputy director of

the Division of Anti-Infective Products (DAIP) since 2007 and been responsible

for review of antimicrobial drug and biologic products for the treatment as

well as prevention of infectious diseases. Prior to joining DAIP, she held

several positions of increasing responsibility within the Division of

Anti-Viral Products (DAVP).

"We are delighted to have Katie join RRD and excited about the possibilities it

creates for the company, our partners and, ultimately, patients," said Scott

Tarrant, president, RRD International. "Katie's breadth of regulatory expertise

and unique patient perspective through her volunteer work at Whitman-Walker

Clinic will prove invaluable to RRD and its development partners - especially

as we grow our anti-infectives business given the need for innovation in this

area."

In her new role, Laessig will serve as an expert advisor to RRD's product

development teams and partner companies for specific products and indications.

She will also work with the senior management team to develop and implement new

business initiatives in the anti-infectives area.

"Katie's addition further expands our broad expertise and commitment to the

development of products which prevent and treat infectious diseases," said

Chuck Finn, Ph.D., CEO, RRD International. In January 2014, RRD announced a

partnership between its subsidiary ClearPath Development Company and Astellas

Pharma, Inc, to manage a portfolio of asset-centric companies focused on the

commercialization of vaccines for infectious diseases. "With Katie onboard, we

can expand our business model with partners in the non-vaccine anti-infective

space - an area becoming more important as resistance to antibiotics

increases," added Finn.

According to a 2014 World Health Organization (WHO) global surveillance report,

"the problem of antibiotic resistance is so serious that it threatens the

achievements of modern medicine. A post-antibiotic era, in which common

infections and minor injuries can kill, is a very real possibility for the 21st

century."

"The development of new prophylactic and therapeutic vaccines, anti-infectives

and biologic products with new mechanisms of action are needed to effectively

address the antibiotic resistance problem," said Finn.

Laessig earned her medical degree from the University of Maryland in Baltimore

in 1992 and completed her internal medicine residency in 1995 and infectious

diseases fellowship in 1997, both at George Washington University Medical

Center in Washington, D.C. She graduated from Cornell University in 1988 with a

Bachelor of Arts in biology and a concentration in microbiology. Laessig is

board certified in infectious diseases and is a member of the Infectious

Disease Society of America and the American Society for Tropical Medicine and

Hygiene.

About RRD International:

RRD International is a product development company that provides integrated,

expert-level strategic, regulatory and operational support to biopharmaceutical

companies and investors. The Company's unique Product Development Team model

(PDT) provides an effective, asset-centric alternative to traditional industry

practices. While comprehensive in value, structure and function - encompassing

all aspects of a development program including strategic planning, management

and execution - the PDT model is also highly resource efficient with an intense

focus on minimizing cost, time and risk to achieve human proof-of-concept

(POC). Since 2002, RRD has worked with more than 100 organizations across all

major classes and therapeutic areas. For more information, visit

www.rrdintl.com.

About ClearPath Development Company

ClearPath Development Company works with leading biopharmaceutical companies to

expand product pipeline opportunities with complementary development and

finance capabilities. ClearPath's business model provides biopharmaceutical

companies with an alternative mechanism for accelerating product development.

For more information, visit www.clearpathdevco.com.

SOURCE: RRD International

CONTACT: Samantha Menke, +1 703.739.2424 x117, smenke@brightlinestrategies.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中