インパクトの高い論文数分析による研究機関ランキング

クラリベイト

2015/4/16 10:00

2015/04/16

トムソン・ロイター

トムソン・ロイター:

インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキングを発表

~総合ランキングでは引続き東京大学が1位。

世界において日本の影響力が高い分野は化学、免疫学、材料科学、

生物学・生化学、物理学、植物・動物学、分子生物学など~

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、昨年に引き続き、高被引用論文数による日本の研究機関ランキングを発表いたしました。本分析は、後続の研究に大きな影響を与えている論文(高被引用論文)数をもとに、世界の中で日本が大きなインパクトを与えている分野における国内で存在感のある研究機関を把握しようという試みです。

研究機関や研究者個人が特定の集合の中でどのくらいの位置にいるのかを分析する指標として、高被引用論文などの相対的な指標による分析に注目が集まっています。日本の高被引用論文が多く輩出されている分野は、上位から材料科学、化学、免疫学、生物学・生化学、物理学、植物・動物学、分子生物学 となっています。これらの分野において、日本は世界の研究コミュニティの中でも大きな存在感を示していると言えます。

「国内研究機関の総合分野トップ20」

<表1>総合/General

国内順位 機関名

1 東京大学

2 京都大学

3 大阪大学

4 国立研究開発法人理化学研究所

5 東北大学

6 国立研究開発法人産業技術総合研究所

7 名古屋大学

8 東京工業大学

9 国立研究開発法人物質・材料研究機構

10  九州大学

総合分野の11位~20位およびランキング詳細、分野別トップ10は以下をご覧ください。

http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2015/esi2015/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 クラリベイト・アナリティクス
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他情報・通信業
  • URL http://www.clarivate.jp

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース