航天機電が群馬PVプロジェクトに8MW両面発電N型PERT PVモジュール供給

航天機電(Shanghai Aerospace Automobile Electromechanical Co., Ltd)

2015/4/30 11:25

航天機電が群馬PVプロジェクトに8MW両面発電N型PERT PVモジュール供給

AsiaNet 60275 (0537)

【上海2015年4月27日PRN=共同通信JBN】航天機電(Shanghai Aerospace Automobile Electromechanical Co., Ltd.、略称:HT-SAAE)は4月、群馬県のプロジェクトに8MWの両面発電N型PERT単結晶太陽光(PV)モジュールを供給することで日本のパートナーと契約を結んだ。群馬プロジェクトに供給される同製品は、「銀河」という名称で呼ばれる両面発電N型PERT単結晶PVモジュールであり、日本で開催された「国際太陽電池展PV EXPO 2015」でこの2月に発表されたばかりである。「銀河」は日本市場で初めて世界公開されて以来、業界から広く注目を集めてきた。特筆すれば、HT-SAAEは群馬県の太陽光発電プロジェクトに260KWの同じタイプのPVモジュールを供給したばかりである。

マルチメディア・ページの閲覧は以下を参照。

http://www.prnasia.com/mnr/ht_saae_jpn_201504.shtml

Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20150424/0861503342-d

Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20150424/0861503342-e

Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20150424/0861503342-f

Video: http://static.prnasia.com/pro/media/201504/ht/jpn_video.mp4

HT-SAAE のチャン・チョンウェイ最高技術責任者(CTO)は「N型単結晶PVモジュールと高効率多結晶PVモジュールの研究・開発は、将来を見据えた2つの業界トレンドである。N型単結晶分野におけるHT-SAAEの研究成果は極めて前衛的であり、当社は今後業界トップの一流製品サプライヤーの1つになる。『銀河』の表面(156mm×156mm 60 cells)出力は285Wに達し、一方両面出力は異なる表面に依存して、通常のP型PVモジュールのそれを10%-30%上回ることができる。『銀河』は専有面積、BOSコストを効果的に減らすとともに、LCOE(均等化発電原価))をさらに減らす」とコメントした。

世界中のクライアントは、N型PERT両面単結晶PVモジュールが2月末に日本で初公開されて以来、大きな関心を示してきた。群馬太陽光発電プロジェクトに対する供給の成功は、市場から実質的な評価が得られたことを示している。4月末に上海で開かれるSNEC (2015)International Photovoltaic Power Generation Conference & Exhibitionで、HT-SAAEは世界中の来訪客とともにこの画期的なイノベーション成果を共有する。

ソース:Shanghai Aerospace Automobile Electromechanical Co., Ltd.

HT-SAAE to Supply 8MW N-type Pert Bifacial PV Modules for Gunma PV Project

PR60275

SHANGHAI, Apr. 27, 2015 /PRN=KYODO JBN/

In April, Shanghai Aerospace Automobile Electromechanical Co., Ltd.

(hereinafter referred to as “HT-SAAE”) signed an agreement with Japanese

partner on supplying 8 MW N-type Pert mono-crystalline bifacial PV modules for

their Gunma project. The product to be provided for Gunma PV project is “Milky

Way” -- the bifacial N-type Pert Mono-crystalline PV module, which was just

released in this February during Japan’s PV EXPO 2015 tradeshow. Milky Way has

received widespread attention from the industry since its first global launch

in the Japanese market. It is worth mentioning that HT-SAAE just supplied 260

KW PV modules of the same type to the Gunma photovoltaic project.

(To view the multimedia page, please go to:

http://www.prnasia.com/mnr/ht_saae_jpn_201504.shtml)

Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20150424/0861503342-d

Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20150424/0861503342-e

Photo: http://photos.prnasia.com/prnh/20150424/0861503342-f

Video: http://static.prnasia.com/pro/media/201504/ht/jpn_video.mp4

CTO of HT-SAAE Zhang Zhongwei commented, “The research and development of

N-type mono-crystalline PV module and high-efficiency poly-crystalline PV

module are the two major industrial trends for the future. HT-SAAE’s research

outcome in N-Type mono-crystalline field is quite avant-garde, which makes

HT-SAAE one of the tier 1 high end product suppliers. The frontage output power

for Milky Way (156mm*156mm 60 cells) can reach 285W, whilst the dual-side

output power can exceed the regular P type PV products by 10%-30%, depending on

different surfaces. Milky Way can effectively reduce the occupied area, the BOS

cost and furthermore decrease the LCOE (levelized cost of electricity).”

Clients from all over the world have been showing great interest in the N-type

Pert Bifacial Mono-crystalline PV modules ever since its debut in Japan at the

end of February. The successful supply for Gunma photovoltaic project

demonstrates the substantial recognition from the market. At the SNEC (2015)

International Photovoltaic Power Generation Conference & Exhibition to be held

at the end of April, HT-SAAE will share its milestone innovative achievement

with visitors from all over the world.

SOURCE  Shanghai Aerospace Automobile Electromechanical Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中