RenmatixがMascomaの原材料処理施設を買収、バイオマス商用処理をさらに強化

Renmatix

2015/5/7 14:52

RenmatixがMascomaの原材料処理施設を買収、バイオマス商用処理をさらに強化

AsiaNet 60358(0572)

【フィラデルフィア(米ペンシルバニア州)2015年5月5日PRN=共同通信JBN】

*原材料処理施設(FPF)はRenmatixのIPC(Integrated Plantrose Complex)セルロース系糖質事業に対するPlantroseテクノロジー資産および効率的供給を強化する

再生可能化学品・燃料市場向けの安価なセルロース系糖質の世界リーダーであるRenmatixは5日、米ニューヨーク州ローマにあるMascoma社の5万6000平方フィートの旧製造施設の既存資産を取得したと発表した。新しい原材料処理施設(FPF)は特許で保護されたPlantrose(R)処理条件を利用して(異なる種類のバイオマス材料から)セルロース系糖質に変換する初期段階専用となる。このFPFはRenmatixの3番目の米国所在地として2015年4月20日に正式オープンした。このような動きは、Renmatixとその開発パートナーで、Plantro(R)糖質の第2段階製造が行われているあるジョージア州ケネソーにあるIPC施設に安定した供給を生み出す。

今回の取引はRenmatixの一連の戦略的な動きの最も至近のものであり、フランスのエネルギーグループTotal(http://www.prnewswire.co.uk/news-releases/energy-group-total-makes-investment--initiates-joint-development-agreement-with-renmatix-294778411.html )によるシリーズDの投資、スウェーデンを拠点とするREACの知的所有権ポートフォリオの取得、ジョージア州のRenmatix所有IPC施設の大規模拡大を含めて、過去9カ月にわたる同社の動きの一里塚である。これら取引によってRenmatixは、すでに発表済みの主要なライセンス・パートナーであるJDAとの実現と実行を含むPlantrose技術商用化への道を進む。バイオマス処理の拡大、進行中のパートナーの生産実行、供給チェーンの統合は、Plantroseライセンサーによる商用バイオ精製に対する投資の期待に役立つ。

Renmatixのマイク・ハミルトン最高経営責任者(CEO)は「今回の買収は投資家とパートナー・ライセンシーに対する企業およびわれわれの価値を強化する。標準的なテクノロジーあるいはIPベースの投資と買収に加えて、Mascomaの施設跡地と機器を取得する機会によってわれわれは、さまざまな領域のバイオマスを経済的に活用し、当社Plantrose処理の操業条件をさらに最適化することができる。新たに所有するローマ(ニューヨーク州)にあるこの新しい設備によって、われわれは柔軟性と品質管理を高め、多くの原材料に適用することができる」と語った。

同社はローマで創業するに当たって、地域で新たに12人の常勤従業員を雇用した。オネイダ郡長のアンソニー・J・ピセント氏は「われわれはバイオインダストリー技術の優れたリーダーでありイネーブラーであるRenmatixを歓迎する。オネイダ郡が多様化した経済活性化のハブとして工業の多様化を継続して推進しているなかで、ローマ市とオネイダ郡にとってよい話である。ローマ市とオネイダ郡にとってまさに有益である」と語った。

▽Renmatixについて

Renmatixはバイオマスをセルロース系糖質に転換する技術の大手ライセンサーであり、世界のバイオケミカルおよびバイオ燃料市場で使用される石油代替製品向け原材料を製造している。同社が特許を保有するPlantrose(R)処理技術は、不要木材や農業廃棄物のセルロース系バイオマスを、有用なコスト効率のいいPlantro(R)糖質に低コストで転換することによって、これまでの糖質経済性に挑戦している。Renmatixの超臨界水処理技術は、ほかの処理方法より1桁速い時間で非食用系バイオマスを分解し、重要でない消耗品を使うことによってコスト優位性を高めている。詳しい情報はwww.renmatix.com を参照。

▽メディア問い合わせ先

Duncan Cross

Vice President, Corporate Development

renmatix@missionctrlcommunications.com

ソース:Renmatix

Renmatix Accelerates Commercial Progress with Acquisition of Former Mascoma Production Unit

PR60358

PHILADELPHIA, May 5, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

-- Resulting 'Feedstock Processing Facility' (FPF) Enhances Plantrose

Technology Assets & Enables Efficient Supply for Renmatix's IPC Cellulosic

Sugar Operations

Renmatix, the global leader in affordable cellulosic sugars for renewable

chemicals and fuels markets, announced that it has acquired existing assets of

the former Mascoma corporation's 56,000 square foot manufacturing facility in

Rome, NY. The new Feedstock Processing Facility (FPF) is dedicated to the first

step in conversion to cellulosic sugar (from different types of biomass

materials) utilizing proprietary Plantrose(R) process conditions. The FPF

opened officially on April 20, 2015, as the third U.S. location for Renmatix.

This move creates a secure supply for Renmatix and its development partners at

the IPC in Kennesaw, GA., where the second step in production of Plantro(R)

sugars is performed.

The deal is the most recent in a series of strategic moves and prominent

milestones for Renmatix over the last nine months, including: a Series D

investment from French energy group, Total (

http://www.prnewswire.co.uk/news-releases/energy-group-total-makes-investment--initiates-joint-development-agreement-with-renmatix-294778411.html

), the acquisition of Sweden-based REAC's intellectual property portfolio, and

a significant expansion of the company's Integrated Plantrose Complex (IPC)

facility in Georgia.  Each of these transactions advance Renmatix on its path

to commercialization of the Plantrose technology, including fulfillment and

execution of previously announced JDAs with key licensing partners. Expansion

of biomass processing, on-going partner production runs, and integration across

the supply chain, serve in anticipation of commercial biorefinery investment

activity by Plantrose licensees.

"This acquisition strengthens the company and our value proposition for

investors and partner licensees," said Mike Hamilton, CEO of Renmatix. "In

addition to standard technical or IP based investments & acquisitions, the

opportunity to acquire the former Mascoma location and equipment allows us to

economically utilize a broad range of biomass, and further optimize the

operating conditions in our Plantrose process. This new equipment in our Rome

location gives us increased flexibility and quality control that can be applied

across multiple feedstocks."

The company has hired 12 full-time employees locally, as it begins operations

in Rome. "We're pleased to welcome Renmatix, an accomplished leader and enabler

of bioindustrial technology," said Anthony J. Picente, Jr., Oneida County

Executive. "This is a real positive for the City of Rome and the County as we

continue to build our economic vitality through an increasingly diversified

industrial hub."

About Renmatix

Renmatix is the leading technology licensor for the conversion of biomass into

cellulosic sugar, an enabling feedstock for petroleum alternatives used in the

global biochemical and biofuels markets. The company's proprietary Plantrose(R)

process challenges conventional sugar economics by cheaply converting

cellulosic biomass - from wood waste to agricultural residue - into useful,

cost-effective sugars. Renmatix's supercritical hydrolysis technology

deconstructs non-food biomass an order of magnitude faster than other processes

and enhances its cost advantage by using no significant consumables.

www.renmatix.com

Media Contact:  Duncan Cross

Vice President, Corporate Development

renmatix@missionctrlcommunications.com

SOURCE: Renmatix

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中