IMDが2015年世界競争力ランキングを発表

IMD International

2015/5/29 02:00

IMDが2015年世界競争力ランキングを発表

AsiaNet 60651 (0702)

【ローザンヌ(スイス)2015年5月28日PRN=共同通信JBN】

*米国は世界競争力ランキングで引き続き1位。アジアの結果はさまざま。新興経済圏はほぼ横ばい。

IMDビジネススクール(http://www.imd.org )は28日、年次世界競争力ランキングを発表した。IMD World Competitiveness Centerは2015年の61カ国ランキングで事業を展開する場としての国をいくつかの側面から検討した。

IMD World Competitiveness Center(http://www.imd.org/wcc )のディレクターであるアルトゥーロ・ブリス教授は「2015年ランキング総合分析はトップの諸国が基本に戻っていることを示している。生産性と効率性が競争力をけん引する分野である。企業は環境への影響を最小化する努力を強化しており、労働力育成に対する強力なインフラを提供している」と指摘した。

ランキング全文は以下を参照。

http://www.worldcompetitiveness.com/press

パスワードはWCY15results

▽ランキング概況

米国は強力な経営効率と金融分野、革新的活動、インフラの有効性の結果トップを維持した。香港(2位)とシンガポール(3位)は4位になったスイスを抜き上位に進出した。カナダ(5位)、ノルウェー(7位)、デンマーク(8位)、スウェーデン(9位)、ドイツ(10位)がトップ10にとどまった。ルクセンブルクは2014年の11位から6位に入った。

アジアはさまざまな結果だった。マレーシア(12位から14位へ)、日本(21位から27位へ)、タイ(29位から30位へ)インドネシア(37位から42位へ)は順位を下げた。一方台湾(12位から11位へ)、韓国(26位から25位へ)、フィリピン(42位から41へ)がわずかに上昇した。

ロシア(38位から45位へ)とウクライナ(49位から60位へ)の情勢は、武力衝突とそれに伴う市場の高い脆弱性が競争力に影響しマイナスに作用した。

中南米では低下のパターンが共通している。チリは31位から35位へ、ペルーは50位から54位へ、アルゼンチンは58位から59位へとそれぞれ下がり、ベネズエラは最下位のままでコロンビアも51位にとどまった。

新興経済圏ではブラジル(54位から56位へ)と南アフリカ(52位から53位へ)がわずかに下がり、中国(23位から22位へ)とメキシコ(41位から39位へ)はそれぞれ若干改善した。インドは44位のままだった。

ランキングはトップクラスの諸国についてひとつの共通性を表している。このランキングのトップ10に入った9カ国は、事業の効率性分野でもトップ10にも入っていることである。

ルクセンブルクはこの分野で前年の14位から4位へ最大となる上昇を獲得し、競争力分野でのランキング上昇に大きく貢献している。カタール(19位から13位へ)のランキング上昇は、生産性の全体的上昇による事業効率性分野(24位から11位へ)での改善を大きく反映している。ギリシャ(57位から50位へ)もまた、事業効率性の面で大きく改善した。ドイツ(6位から10位へ)の後退は事業効率性(9位から16位へ)での低下を反映している。同様にインドネシアの低下は事業効率性分野(22位から34位へ)で大きく後退したことに伴っている。

IMD World Competitiveness CenterはIMDの子会社である。

IMDはローザンヌとシンガポールにあるトップクラスのビジネススクールで、インパクトのある幹部教育を通じ世界のリーダーを育成する専門家として知られている。http://www.imd.org

参考:写真は以下で入手できる。epa european pressphoto agency(http://www.epa.eu )、 http://www.presseportal.ch/de/pm/100006390/imd-international

▽問い合わせ先

Matthew Mortellaro

+41-21-618-0352

matthew.mortellaro@imd.org

ソース:IMD International

IMD Releases its 2015 World Competitiveness Ranking

PR60651

LAUSANNE, Switzerland, May 28, 2015 / PRN=KYODO JBN / --

    - The USA continues to top the ranking; Asia experiences mixed results;

large emerging economies mostly linger

    IMD business school [http://www.imd.org ] announces its annual world

competitiveness ranking. Ranking 61 economies in 2015, the IMD World

Competitiveness Center looked at several aspects of each country as a place to

conduct business.

    "A general analysis of the 2015 ranking shows that top countries are going

back to the basics," said Professor Arturo Bris, Director of the IMD World

Competitiveness Center [http://www.imd.org/wcc ]. "Productivity and efficiency

are in the driver's seat of the competitiveness wagon. Companies are increasing

their efforts to minimize their environmental impact and provide a strong

organizational structure for workforces to thrive."

                Access results: http://www.worldcompetitiveness.com/press

                                    Password: WCY15results

    Ranking highlights

    The USA remains at the top of the ranking as a result of its strong

business efficiency and financial sector, its innovation drive and the

effectiveness of its infrastructure. Hong Kong (2) and Singapore (3) move up

overtaking Switzerland, which drops to fourth place. Canada (5), Norway (7),

Denmark (8), Sweden (9) and Germany (10) remain in the top 10. Luxembourg moves

to the top (6) from 11th place in 2014.

    Results for Asia are mixed. Malaysia (12 to 14), Japan (21 to 27), Thailand

(29 to 30) and Indonesia (37 to 42) move down. Taiwan (13 to 11), Republic of

Korea (26 to 25) and the Philippines (42 to 41) slightly rise.

    Current events in Russia (38 to 45) and Ukraine (49 to 60) highlight the

negative impact that armed conflict and the accompanying higher market

volatility have on competitiveness.

    A pattern of decline is observed in Latin America. Chile moves from 31 to

35, Peru from 50 to 54, Argentina from 58 to 59 and Venezuela remains at the

bottom of the table. Colombia stays at 51.

    Among large emerging economies, Brazil (54 to 56) and South Africa (52 to

53) slightly drop, China (23 to 22) and Mexico (41 to 39) experience

improvements while India remains at the same spot (44).

    The ranking highlights one particular commonality among the best ranking

countries. Nine countries from the top 10 are also listed in the top 10 of the

business efficiency factor.

    Luxembourg experiences one of the largest gains in this factor (14 to 4)

which greatly contributes to its ascendency. Qatar's improvement (19 to 13)

largely reflects its recovering in terms of the business efficiency factor (24

to 11) due to increases in its overall productivity. Greece's recovery (57 to

50) also comes on a strong performance in business efficiency. Germany's

retreat (6 to 10) is a reflection of its fall in business efficiency (9 to 16).

Likewise Indonesia's decline is accompanied by a steep drop in the

business efficiency factor (22 to 34).

    The IMD World Competitiveness Center is part of IMD

    IMD is a top-ranked business school in Lausanne and Singapore, recognized

as the expert in developing global leaders through high-impact executive

education [http://www.imd.org ].

    Cross reference: Picture is available at epa european pressphoto agency

(http://www.epa.eu) and

http://www.presseportal.ch/de/pm/100006390/imd-international

    CONTACT:

    Matthew Mortellaro, +41-21-618-0352 matthew.mortellaro@imd.org

    Source: IMD International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中