人口分析調査から野々市市の2040年の姿を市民が考える! ののいち創生市民フォーラム開催

金沢工業大学

2015/7/1 16:06

金沢工業大学は野々市市より委託を受け人口分析調査をおこなっています。このたび調査分析結果の一部を市民に公開し、現状の市内の町別・校区別の人口構成や人口移動状況を報告し、それらのデータから将来の野々市市のあるべき姿を市民が考え、その実現にむけてアクションを考えるフューチャーセッションを行います

2015年7月1日

金沢工業大学

野々市市の2040年の姿を市民が考える!

ののいち創生市民フォーラム

「日本一楽しいまち・野々市市」を実現する

平成27年7月25日(土)13時30分~16時

金沢工業大学 12号館アントレプレナーズラボ1階

金沢工業大学は平成27年3月に野々市市より「野々市市まち・ひと・しごと創生に係る人口分析基礎調査業務」委託を受け、野々市市内における人口分析調査をおこなっています。

日本が「人口減少時代」といわれる中で、野々市市は人口増加を続けている全国でも数少ない都市ですが、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、野々市市の人口は平成52年(2040年)には58,567人をピークに減少に転じると言われ、65歳以上の人口は現状の約2倍となるといわれています。

そこで、このたび調査分析結果の一部を市民に公開し、現状の市内の町別・校区別の人口構成や人口移動状況を報告し、それらのデータから将来(2040年)の野々市市のあるべき姿を市民が考え、その実現にむけてアクションを考えるフューチャーセッションを以下の通り行います。

<ののいち創生市民フォーラム>

「日本一楽しいまち・野々市市」を実現する

日時:平成27年7月25日(土)13時30分~16時

場所:12号館アントレプレナーズラボ1階

内容:

13:30~挨拶  

13:40~フューチャーセッション

○オリエンテーション

○中野淳教授(金沢工業大学情報工学科)による野々市市内の町別・校区別人口構成・人口移動の現状分析

○未来思考グループディスカッション  

○発表

フォーラムの詳細は以下のwebページをご覧ください。

http://www.kanazawa-it.ac.jp/prj/forum_nonoichi2015.html  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

フォーラムの様子1

フォーラムの様子2

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース