TESファーマおよびスイス連邦工科大学ローザンヌ校、代謝異常や加齢に関連する疾病を対象とする小分子療法の研究開発における提携について発表

TESファーマ(TES Pharma)

2015/7/2 10:30

AsiaNet 61000

TESファーマ(TES Pharma)およびスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL:Ecole Polytechnique Federale de Lausanne)、代謝異常や加齢に関連する疾病を対象とする小分子療法の研究開発における提携について発表

ペルージア(イタリア)、およびローザンヌ(スイス)、2015年7月2日/PRNewswire/ --

TESファーマおよびEPFLは、代謝異常や加齢を対象とした療法、キヌレニン経路の新たな制御分子、に関する研究開発で協力することになった旨を発表しました。

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150625/225612LOGO )

今回の提携では、Roberto Pellicciari教授(インターセプト・ファーマスーティカルズ Intercept Pharmaceuticals, Incの共同設立者)が率いる、研究を基本とする生物テクノロジー企業で、コルチアーノ(ペルージア)に最新の研究施設を構え、キヌレニン経路の制御分子や代謝異常向けの治療薬発見において長い経験のあるTESファーマと、Johan Auwerx 教授(エネルギー代謝分野の教授、およびネスレ・チェアー)が率いる、代謝異常や加齢におけるNAD+生合成の役割に関するパイオニアである、EPFLの統合システム生理学研究室(LISP:Laboratory of Integrative and Systems Physiology)とが協力関係を結びます。

TESファーマのプレジデント兼CSO、Roberto Pellicciari教授は次のようにコメントしています。「双方それぞれの専門性を合わせることで、代謝異常と加齢の分野で世界をリードする組織とともに、新薬発見のための素晴らしいプラットフォームを提供することができます。こうした、様々な側面を持つ疾患を対象とした小分子療法を前進させるには、基礎となる基本的な生物学を熟知している必要があります。ですから当社は、LISPやAuwerx 教授と共同で、これらの疾患を修正できる新たな療法を開発できることを、非常に嬉しく思っています。」

「TESファーマとのコラボレーションは、加齢や多くの代謝疾患の原因の根底にある、シグナル伝達イベントや転写イベントに対する当社の関心を活用するものであり、これらの疾患に対する新たな治療薬実現への道の地固めをしてくれます。」と、Johan Auwerx 教授はコメントしています。「Pellicciari 教授との長年にわたる実り多い協力関係が、成功の保証となっています。」

TESファーマ(TES Pharma)について

TESファーマでは、疾患に関する仮説、およびそれらの仮説の新しく効果的な療法への転換をより活用できるようにする、世界的な中核的研究拠点のネットワークによって、学術環境と産業環境を橋渡しすることで、医薬品設計と化学に関する専門的知識を諸システムや分子生物学と統合し、効果的な疾患修飾薬をより適切に設計できるようにすることに重点を置いています。TESファーマは、特に胆汁酸、核内受容体、および代謝異常の分野における革新的な新薬発見において、専門性を発揮してきました。

EPFL の統合システム生理学研究室(LISP:Laboratory of Integrative and Systems Physiology)について

統合システム生理学研究室(LISP)の研究は、転写因子および転写補因子がいかに栄養、代謝、または薬理的な起源を持つ分子のセンサーとして機能するかを解明することを目的としています。LISPの研究は、そうした転写制御因子がいかに遺伝子およびタンパク質の表現パターンを変化させ、代謝ホメオスターシスを制御するか、という点に関する今日の理解に寄与してきました。同研究室では最近、NAD+生物学に重点を置いています。これは、NAD+ が代謝の補因子としてのみならず、多面的な代謝効果を持つ強力なシグナリング分子としての役割も果たすことが判明しているためです。

TES Pharma

Prof. Roberto Pellicciari

rpellicciari@tespharma.com

Tel: +39-075-6978111

Website: http://www.tespharma.com

情報源:TESファーマ(TES Pharma)

(日本語リリース:クライアント提供)

TES Pharma and Ecole Polytechnique Federale de Lausanne (EPFL) Announce R&D Collaboration on Small Molecule Therapies for Metabolic Disorders and Age-

PR61000

TES Pharma and Ecole Polytechnique Federale de Lausanne (EPFL) Announce R&D Collaboration on Small Molecule Therapies for Metabolic Disorders and Age-Related Diseases

PERUGIA, Italy and LAUSANNE, Switzerland, July 2 / PRN=KYODO JBN / --

   TES Pharma and EPFL announce a new research and development collaboration on

novel small molecule modulators of the kynurenine pathway as therapies for

metabolic disorders and age-related diseases.

   Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150625/225612LOGO

   The collaboration brings together TES Pharma, a research-based biotech

company led by Professor Roberto Pellicciari (Scientific Co-Founder of

Intercept Pharmaceuticals, Inc) with state of the art research facilities in

Corciano (Perugia) and long running experience in modulators of the kynurenine

pathway and metabolic disorder drug discovery, with the Laboratory of

Integrative and Systems Physiology (LISP) at EPFL, led by Professor Johan

Auwerx (Professor and Nestle Chair in Energy Metabolism) pioneers in the role

of NAD+ biosynthesis in metabolic disorders and ageing.

   Professor Roberto Pellicciari President and CSO of TES Pharma said,

"Combining our respective expertise provides an exciting platform for novel

drug discovery with a world leader in metabolic disorders and ageing. “Taking

forward small molecule therapies for these multi-faceted diseases requires

detailed knowledge of the underlying basic biology, so we’re very excited about

the opportunity work with LISP and Professor Auwerx to develop new

disease-modifying therapies for these disorders."

   "The collaboration with TES Pharma capitalises on our interests in

signalling and transcriptional events that underlie the pathogenesis of ageing

and many metabolic diseases, and will pave the way for novel therapeutic agents

for these diseases," said Professor Johan Auwerx. "Our long-standing and

fruitful collaboration with Professor Pellicciari will be an assurance for

success!"

   About TES Pharma

   TES Pharma focuses on integrating in depth knowledge of drug design and

chemistry, with systems and molecular biology to better design effective

disease modifiers by bridging between academic - industrial environments with a

network of world class centres of excellence that allows fuller exploitation of

disease hypotheses and their conversion to novel and effective therapeutics.  

TES Pharma has proven expertise in innovative drug discovery, particularly in

the areas of bile acids, nuclear receptors, and metabolic disorders

   About The Laboratory of Integrative and Systems Physiology (LISP) at EPFL

The research of the Laboratory of Integrative and Systems Physiology (LISP)

aims to understand how transcription factors and transcriptional cofactors, act

as sensors for molecules of nutritional, metabolic or pharmacological origin.

The research of the LISP contributed to our current understanding of how such

transcriptional regulators change gene and protein expression patterns to

control metabolic homeostasis.  A recent focus of the laboratory has been on

NAD+ biology, as it turns out that NAD+ is not only acting as a metabolic

cofactor but also as a powerful signalling molecule with pleiotropic metabolic

effects.

   CONTACT: TES Pharma

            Prof. Roberto Pellicciari

            rpellicciari@tespharma.com

            Tel: +39-075-6978111

            Website: http://www.tespharma.com

    SOURCE: TES Pharma  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中