中国・中東欧諸国エキスポ用の国際会議場を新設へ

Ningbo Municipal Bureau of News

2015/7/3 12:22

中国・中東欧諸国エキスポ用の国際会議場を新設へ

AsiaNet 61075 (0875)

【寧波(中国)2015年7月2日新華社=共同通信JBN】第1回中国・中東欧諸国投資貿易博覧会(China-CEEC Investment and Trade Expo)は、同エキスポ組織委員会が将来の協力強化を具現化するため寧波に常設会場となる新会議場を建設するという重要な一歩を踏み出す決定を下した。

中国・中東欧諸国投資貿易博覧会のための新会議場は6月8日、中国東部・淅江省の沿海都市、寧波の東銭湖畔での特別式典を挙行して定礎された。

新会議場は同エキスポの本拠地として機能する予定で、寧波と中東欧諸国間との協力関係にとって強力な戦力となるよう配慮された。

中国・江南地方(揚子江の南方地域)の建築様式を取り入れた同会議場は、古来風光明媚の地として名高い寧波東部に位置する淅江省最大の淡水湖、東銭湖の近くに建設される予定である。

新会議場の開館は2017年に設定されており、寧波と中東欧諸国間の経済協力と文化交流を深めるため、年1回のエキスポの会合、展示会、イベント折衝の中心的な場として役立つことになる。

盧子躍寧波市長は定礎式に臨席して、「会議場の建設は寧波市と中東欧諸国との協力関係、交流関係に役立つだろう」と述べた。さらに、同市長は、中東欧諸国が寧波を投資先、そして強い文化的きずなを結ぶ第1の選択肢としてほしいとの希望を表明した。

この間、中国・中東欧投資貿易エキスポの2日目、ポーランド、ハンガリー、チェコ、ブルガリア、スロバキアの中東欧5カ国の特産品陳列用に使われた寧波国際会議場(NICC)内5カ所の展示用ホールが正式に一般公開とされたが、今後も中国内外からの見物客やバイヤーを誘引すると期待されている。これら5カ所の展示用ホールは中国・中東欧エキスポが6月12日に正式閉幕した後も引き続き公開されているからである。

寧波市は、中国と中東欧諸国との関係増大に成果を示した第1回中国・中東欧投資貿易エキスポ以降も、中東欧諸国からより多くの投資家と観光客を引き付けるものと期待している。

より詳しい情報は下記サイトを参照:

http://www.cceecexpo.org/site_en/index.html

http://english.ningbo.gov.cn/

ソース:Ningbo Municipal Bureau of News

画像添付リンクは

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=256705

New China-CEEC Expo Convention Hall to Become Strong Force for China-CEEC

PR61075

NINGBO, China, July 2, 2015 /Xinhua=KYODO JBN/--

The first China-CEEC Investment and Trade Expo has taken an important step for

institutionalizing, with the organizing committee deciding to build a

convention hall in Ningbo for further collaboration between the two sides in

the future.

Foundations of the new convention hall for the China-CEEC Investment and Trade

Expo were laid in a special ceremony held by the Dongqian Lake in the coastal

city of Ningbo, Eastern China's Zhejiang province, on June 8.

As the new convention hall is expected to function as headquarters for the

Expo, it is set to become a strong force for cooperation between Ningbo and

Central and Eastern Europe countries.

Featuring the architectural style of China's Jiangnan region (south of the

Yangtze River), the convention hall will be built near the largest natural

freshwater lake in Zhejiang---the Dongqian Lake, a famous scenic spot since the

ancient times situated in east Ningbo.

The convention hall is scheduled to open by 2017 to serve as the main venue for

annual Expo meetings, exhibitions and negotiations to deepen economic

cooperation and cultural exchanges between Ningbo and the CEE countries.

"The construction of the convention hall will facilitate the cooperation and

exchanges between Ningbo and CEE countries," said Lu Ziyue, mayor of Ningbo

city, who was present at the foundation-laying ceremony. Lu also voiced his

hope to make Ningbo the first choice for the CEE countries to invest in and

have strong cultural ties.

Meanwhile, on the second day of the China-CEEC Investment and Trade Expo, five

exhibition halls for the specialty products from some CEE countries, namely

from Poland, Hungary, the Czech Republic, Bulgaria and Slovakia, formally

opened to public at the Ningbo International Convention Center, which are

expected to attract more visitors and buyers from China and abroad. The five

exhibition halls will remain open even after the China-CEEC Expo officially

ends on June 12.

Ningbo is expected to lure more investment and tourism from the CEE countries

following the first China-CEEC Investment and Trade Expo, which signifies the

ever-increasing relations between the two sides.

For more information:http://www.cceecexpo.org/site_en/index.html

                   http://english.ningbo.gov.cn/

SOURCE: Ningbo Municipal Bureau of News

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=256705

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中