AccedianのソリューションはSK Telecomネットワークのエンドツーエンド・パフォーマンスを保証

Accedian Networks Inc.

2015/7/15 10:05

AccedianのソリューションはSK Telecomネットワークのエンドツーエンド・パフォーマンスを保証

AsiaNet 61156 (0903)

【上海2015年7月15日PRN=共同通信JBN】

*SK TelecomはAccedianプラットフォームの最も高度な、業界標準をベースにしたパフォーマンス指標によって、マルチベンダー・モバイル・ネットワークにおける完璧なサービス品質(QoS)可視化を実現

パフォーマンス保証ソリューションのスペシャリストAccedian Networks(http://accedian.com/ )は15日、市場トップのパフォーマンス監視ソリューションをSK Telecom(http://www.sktelecom.com/index_real.html )(NYSE: SKM)モバイルネットワークに導入したと発表した。SK Telecomはネットワークを韓国の6つの主要都市で1万2000カ所網羅しており、全土2800万人を超える加入者にサービスを提供するすべてのモバイル基地局にサービスエリアを拡大することを計画している。SK Telecomは5Gモバイル技術を提供するインテリジェントかつSDN制御のネットワークに移行しており、今回の導入は標準ベースのパフォーマンス管理指標を使ってパフォーマンスを最適化するというSK Telecomのコミットメントには不可欠なものである。

Accedianの仮想化ソリューションは、SK Telecomの既存ネットワーク・インフラストラクチャーからだけでなく、AccedianのNFVベース(ネットワーク機能仮想化)パフォーマンス保証モジュールからも正確なネットワーク・パフォーマンス指標をリアルタイムで収集する。さらに、このソリューションは35カ国の100以上のAccedianの顧客が使用しており、最も粒度が高いオープンネットワーク指標をリアルタイム提供することで定評がある。

SK Telecomは高度なマルチベンダー・ネットワークを運営し、それぞれがベンダーインディペンデントで世界的なパフォーマンス監視基準であるRFC-5357双方向アクティブ測定プロトコル(TWAMP)をサポートする。Accedianの集中管理ソリューションは、均一測定レイヤーとして機能し、ネットワーク全体のネットワーク・パフォーマンスをリアルタイムで集中表示する。SK Telecomはアクセス装置がTWAMP基準をサポートしていないところにAccedianのNanoスマートSFPモジュールをインストールし、エンドツーエンドからのユビキタスなネットワークカバーを実現する。

SK TelecomはAccedianソリューションの以下の機能を使ってネットワーク・パフォーマンスを向上させる。

*顧客体験のリスクを前もって軽減することができる主要なKPIを使ってサービス・パフォーマンス基準を確保

*トラフィックバーストを検知し、LTEを最適化してサービス品質(QoS)への影響を軽減

*ボトルネックを探し出し、全体の容量を向上

*ネットワークの誤ったコンフィギュレーションをすぐさま見つけ出して修正

*故障時のフェールオバーを最適化し、サービス休止をなくし、ネットワーク品質を向上

絶え間なく続くユーザー体感品質(QoE)指標をSK Telecomのパフォーマンス保証ネットワーク管理システム(NMS)とSDNコントローラーにリアルタイムで取り込むことによって、SK Telecomはパフォーマンス動向とプロアクティブな故障管理と一体となってエンドツーエンドのユーザー体験を最適化することができる。オペレーションおよびビジネス・サポート・システム(OSS/BSS)に直接リポートすることによって、SK Telecomネットワークのすべての地域はパフォーマンスを常時監視できる。

SK Telecomのチョイ・スンウォン上級副社長兼ネットワークソリューション責任者は「SK Telecomでは、当社の評価および事業の根幹をなすのは、顧客サービスおよび体験の質をできるだけ高くすることである。Accedianと提携することによって、当社は最高レベルのQoSとQoEを達成できる。これは極めて重要なことである。なぜなら当社は5Gに向けてネットワークの拡大と小型基地局のカバー範囲の拡大を継続しており、常時ネットワークを隅々まで把握する必要性が不可欠となっているからである。Accedianのパフォーマンス管理ソリューションはこれを可能にする。SK Telecomは特にLTE企業間(B2B)ネットワークにとって高品質の指標および基準としてAccedianのTWAMPパフォーマンス保証ソリューションを選択した。

Accedianのパトリック・オスティガイ創設者兼最高経営責任者(CEO)は「SK Telecomはネットワーク・パフォーマンスおよび技術を極限まで高めるモバイル・サービスプロバイダーの好例である。同社は早期に導入したイノベーターであり、その取り組みは顧客が期待してきた極めて高いレベルのサービスと体験品質を実現した。AccedianはSK Telecomなどのプロバイダーを念頭に置いて構築された当社の総合ソリューションを通じてSK Telecomのパフォーマンス保証目標をサポートできることを光栄に思う」と語った。

LTEおよび小型基地局迂回、SLAに準じたビジネスサービス、金融WAN、データセンター・インターコネクト、サービスプロバイダーSDN最適化などを保証するAccedianのソリューションは、他社の追随を許さない精度でフローごとの測定、超高精度のサブセコンド・サンプリング、同期フリーの一元測定結果を提供する。これはSK Telecomなどのサービスプロバイダーに対し、SK Telecomのサービスが拡大し進化する際にサービスを最適化し保証するために必要なエンドツーエンドの可視化を提供するとともに、プログラマブル・ハードウエア、オートメーション、リポーティング・プラットフォームはサービスの拡大に伴って拡大する。

▽Accedian Networksについて

Accedian Networksはモバイルネットワークおよびエンタープライズ向けデータセンター・コネクティビティー向けのパフォーマンス保証ソリューションのスペシャリストである。オープンでマルチベンダー相互運用可能かつプログラマブルなソリューションは、最も完璧なネットワーク・ヘルスを表示するNetwork State+(TM)を提供し、標準ベースのパフォーマンス保証を凌駕する。自動化されたサービス・アクティベーション・テストとリアルタイムのパフォーマンス監視は他の追随を許さない精度と粒度を備え、H-QoSトラフィック調節によってサービス・パフォーマンスを最適化する。Accedianは2005年以来、世界中の数十万の携帯電話サイトを支援するプラットフォームを提供してきた。www.Accedian.com(http://accedian.com/ )Twitter: @Accedian

▽SK Telecomについて

1984年に創設されたSK Telecom(NYSE: SKM、KSE: 017670)は韓国最大の通信会社で、2800万以上の加入者を擁し、市場の約50%を占有する。同社は2014年、17兆1640億ウォンの収益を上げた。SK TelecomはCDMA、CDMA 2000 1x、CDMA EV-DO、HSDPAを商業化した世界初の企業として、2011年には韓国初のLTEサービスを開始した。さらにSK Telecomは、キャリアアグリゲーション(CA)を通じて2013年6月に150Mbps LTE-Advanced、2014年に225Mbps LTE-Advanced in June 2014をそれぞれ導入した世界初のモバイル・キャリアになった。同社は次世代モバイル・ネットワーク・システムないしは5Gに迅速に移行する取り組みに沿って、300Mbps tri-band LTE-A CAの商業化にも成功した。2015年3月時点で、同社は1740万のLTEおよびLTE-Advancedの加入者がいる。SK Telecomは確固としたネットワーク運用事業に基づき3つの革新的プラットフォーム、すなわちLifestyle Enhancement Platform、Advanced Media Platform、IoT Service Platformを通じて新規の成長エンジンを模索している。詳細はウェブサイトhttp://www.sktelecom.com/index_real.html を参照するか、press@sktelecom.com まで電子メールで問い合わせを。

Merritt Group, Inc. for Accedian Networks, +1-571-382-8513, pr@accedian.com

ソース:Accedian Networks Inc.

Accedian Monitoring Solution Applied to SK Telecom's Network to Assure End-to-End Performance

PR61156

SHANGHAI, July 15, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

-- SK Telecom realizes complete QoS visibility across multi-vendor mobile

network with most advanced, industry-standards-based performance indicators

from Accedian platform.

Accedian Networks (http://accedian.com/) , the Performance Assurance Solution

Specialist, today announced  the deployment of its market leading performance

monitoring solution across the SK Telecom

(http://www.sktelecom.com/index_real.html) (NYSE: SKM) mobile network --

encompassing 12,000 locations across the six largest cities in South Korea,

with plans to extend coverage to all sites serving over 28 million subscribers

nationwide. The deployment is key to SK Telecom's commitment to optimizing

performance using standards-based performance monitoring indicators as they

migrate towards the intelligent, SDN-controlled networks that will deliver 5G

mobile technology.

Accedian's virtualized solutions collect precise network performance indicators

in real time from SK Telecom's existing network infrastructure, as well as from

Accedian's NFV-based (network function virtualization) performance assurance

modules. The solution is also in use by over 100 Accedian customers in 35

countries, with a well-established history of delivering the most granular,

open network metrics in real-time.

SK Telecom operates a sophisticated multi-vendor network, ensuring each

supports the RFC-5357 two way active measurement protocol (TWAMP), a

vendor-independent, global performance monitoring standard. Accedian's

centralized monitoring solution acts as a uniform instrumentation layer,

centralizing a real-time view of network performance throughout the network.

Where access equipment lacks TWAMP standards support, SK Telecom installs

Accedian's Nano smart SFP modules to ensure ubiquitous network coverage from

end-to-end.

With the Accedian solution, SK Telecom improves network performance by:

    - Ensuring service performance standards using key KPIs that can

      proactively mitigate risks to customer experience proactively

    - Detecting traffic bursts and optimizing their LTE network to reduce

      Quality of Service (QoS) impact

    - Locating bottlenecks for improved overall capacity

    - Identifying and correcting any network mis-configurations immediately

    - Optimizing fault failover to eliminate service downtime and improve

      network quality

Having this real-time stream of Quality of Experience (QoE) metrics integrated

with SK Telecom's own performance assurance network management system (NMS) and

SDN controllers allows them to optimize end-to-end user experience with

performance trending and proactive fault management. Direct reporting to

operational and business support systems (OSS/BSS) allows all regions in the SK

Telecom network to monitor performance, 24/7.

"At SK Telecom, best-possible quality of customer service and experience is at

the heart of our reputation and our business," stated Choi, Seung-won, Senior

Vice President and Head of Network Solution Office, SK Telecom. "Partnering

with Accedian helps us ensure the highest levels of QoS and QoE, which is

particularly important as we continue to extend our network towards 5G, and to

expand coverage with small cells, making the need for 24x7 end to end network

visibility critical. Accedian's performance monitoring solutions make this

possible. SK Telecom selected Accedian's TWAMP performance assurance solution

specifically as the quality indicator and standard for LTE business-to-business

networks."

"SK Telecom is a premier example of a mobile service provider pushing network

performance and technology to the limit," stated Accedian Founder, President,

and CEO, Patrick Ostiguy. "They are early adopters and innovators, and their

efforts result in the extremely high levels of service and experience quality

their customers have come to expect. Accedian is honored to help support their

performance assurance objectives through our comprehensive solutions, built

with providers like SK Telecom in mind."

Assuring LTE & small cell backhaul, SLA-backed business services, financial

WANs, data center interconnect, service provider SDN optimization, and more,

Accedian's solutions offer per-flow measurements with unrivaled, microsecond

precision; ultra-granular sub-second sampling; and sync-free one-way results.

This gives service providers like SK Telecom the end-to-end network visibility

required to optimize and assure services as their offerings scale and evolve,

with programmable hardware, automation, and reporting platforms that grow along

with them.

About Accedian Networks

Accedian Networks(R) is the Performance Assurance Solution Specialist for

mobile networks and enterprise-to-data center connectivity. Open, multi-vendor

interoperable and programmable solutions go beyond standard-based performance

assurance to deliver Network State+(TM), the most complete view of network

health. Automated service activation testing and real-time performance

monitoring feature unrivalled precision and granularity, while H-QoS traffic

conditioning optimizes service performance. Since 2005, Accedian has delivered

platforms assuring hundreds of thousands of cell sites globally.

www.Accedian.com (http://accedian.com/) Twitter: @Accedian

About SK Telecom

SK Telecom (NYSE: SKM, KSE: 017670), established in 1984, is Korea's largest

telecommunications company with more than 28 million mobile subscribers,

accounting for around 50% of the market. The company reached KRW 17.164

trillion in revenue in 2014. As the world's first company to commercialize

CDMA, CDMA 2000 1x, CDMA EV-DO and HSDPA networks, SK Telecom launched the

nation's first LTE service in July 2011. SK Telecom also became the world's

first mobile carrier to commercialize 150Mbps LTE-Advanced in June 2013 and

225Mbps LTE-Advanced in June 2014 through Carrier Aggregation(CA). In line with

its efforts to swiftly move towards the next-generation mobile network system,

or 5G, it successfully commercialized 300Mbps tri-band LTE-A CA. As of the end

of March 2015, the company has over 17.4 million LTE and LTE-Advanced

subscribers. Based on its strength in network operations business, SK Telecom

is seeking new growth engines through three innovative platforms namely

Lifestyle Enhancement Platform, Advanced Media Platform and IoT Service

Platform. For more information, please visit www.sktelecom.com

(http://www.sktelecom.com/index_real.html) or email to press@sktelecom.com .

Merritt Group, Inc. for Accedian Networks, +1-571-382-8513, pr@accedian.com

SOURCE: Accedian Networks Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中