シンガポール保健相の演説でスマート・ヘルスケアのHIMSS AsiaPac15が開幕

HIMSSAsiaPac15

2015/7/21 18:25

シンガポール保健相の演説でスマート・ヘルスケアのHIMSS AsiaPac15が開幕

AsiaNet 61252 (0937)

【シンガポール2015年7月21日PRN=共同通信JBN】2015年9月6-10日、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで開催される「HIMSS AsiaPac15 Digital Healthcare Week(医療情報管理システム2015年アジア太平洋地区大会デジタル・ヘルスケア・ウィーク)」には各国の政策立案者、病院幹部、および業界を代表するソリューション・プロバイダーが集まり、スマート・ヘルスケアに関して地域内外で起きたブレークスルーを学ぶとともに、最新の計画、課題、ソリューションを検討する。

今年は記念すべきシンガポール独立50周年にあたるため、HIMSS AsiaPac15は昨年に引き続きシンガポールで開催されることになった。世界最初の「スマートな国家」を目指すシンガポールの歩みに歩調を合わせ、HIMSS AsiaPac15は「医療管理を変革するスマート・ヘルスケア」のテーマで開かれる。

このテーマは地域的にも時宜を得たものだ。アジアでは豊かさの拡大、人口の老齢化、慢性疾患の増大によってヘルスケアのデジタル化に火がついた。インド、韓国、日本、シンガポールなどの先進組はヘルスケアを「スマートな国家」に向けた投資の核心部分と見なしている。フィリピンやインドネシアを含む開発途上諸国もまたすでに「スマートシティー」の選定を終えており、フィリピン医療情報交換計画(PHIE)などのように情報共有を推進するためのイニシアチブを積極的に始めている。

HIMSS AsiaPac15もアジアのスマート・ヘルスケアに対するコミットメントを表し、最新技術を多く展示することになっている。オーストラリアのセント・スティーブンズ大学ハーベイ・ベイ病院やシンガポールのン・テン・フォン総合病院(NTFGH)などがその例だ。両院ともそれぞれの国で最初に完全にデジタル化された病院である。

セント・スティーブンズ大学のシステムはUnitingCare Healthが開発したものでHIMSS電子医療記録導入モデル(EMRAM)のステージ6をオーストラリアで最初に達成した。UnitingCare Healthのエグゼクティブ・ディレクター、リチャード・ロイル氏がこのプロジェクトに関して講演を行い、将来にわたる計画についても触れる予定だ。

一方、シンガポールのNTFGHは20人の参加者を対象に病院見学ツアーを行う。そのほかの2000人強の参加者に対しては展示ホールでIntegrated Health Information Systems (IHiS) Singaporeが展示会を開催し、現在シンガポールの公立病院で展開されているソリューションをつぶさに観察する機会を提供する。

IHiS Singapore最高経営責任者(CEO)兼HIMSS AsiaPac15カンファレンス・チェアパーソンのチョン・ヨーク・シン博士は「アジアの各都市はデジタル化およびスマート・ヘルスケアに向け懸命の努力を行っている。ヘルスケア情報技術の実践的先駆者の集まりであるHIMSS Asia Pacificのために働き、主要なステークホルダーにHIMSS AsiaPac15というヘルスケア革新や開発の興味深い場に集まってもらうのは大きな刺激になる」と述べた。

HIMSS AsiaPac15の開幕を担うのはガン・キムヨン・シンガポール保健相である。保健相に続く60人強の講演者はそれぞれシンガポール・スマート国家推進オフィス、ドバイ保健局、バムルンラード・インターナショナル病院、フィリピン・フィリピン保健省(DOH)、KPJ Healthcare、米シンギュラリティ・ユニバーシティなどの代表である。

洞察力のあるプレゼンテーションに加え、70社強の革新企業がアジア市場向けの最新ソリューションを展示する。その中にはダイヤモンド・スポンサーのHPとIBM、ゴールド・スポンサーのCerner、Citrix、LiFEDATA Systems、フィリップス、T Systems、Unify、VMwareなどが含まれる。

登録はウェブサイト(www.himssasiapac.org/15 )参照。8月1日までの早期登録には料金割引が適用になる。

ソース:HIMSSAsiaPac15

▽問い合わせ先

Melissa Leong, Marketing and Strategic Relations Manager, HIMSS Asia Pacific, D: +65 6664 1182 | E: mleong@himss.org

Smart Healthcare In SG50: Singapore Minister For Health Mr. Gan Kim Yong To Lead International Line-Up Of Speakers At HIMSS AsiaPac15

PR61252

SINGAPORE, July 21, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

Policy makers, hospital leaders and top solution providers will attend the

HIMSS AsiaPac15 Digital Healthcare Week at the Marina Bay Sands Singapore,

September 6 - 10 2015, to learn about regional and international breakthroughs

in SMART healthcare and discuss latest plans, challenges and solutions.

In this momentous SG50 year, the HIMSSAsiaPac15 will - for the last consecutive

time - be held in Singapore. Aligned with the country's vision and journey to

become the world's first Smart Nation, HIMSSAsiaPac15 will be convened under

the theme SMART Healthcare - Transforming the Way We Manage Health.

Regionally, this topic is more apt than ever. Rising affluence, ageing

populations and the rise of chronic illnesses has ignited a healthcare

digitization race in Asia. Early adopters such as India, South Korea, Japan and

Singapore have made healthcare an integral part of their Smart Nation

investments. Developing countries including the Philippines and Indonesia have

also selected their smart cities and are actively rolling out initiatives such

as the Philippine Health Information Exchange (PHIE) to improve information

sharing.

Exemplifying Asia's commitment to smarter healthcare, the HIMSSAsiaPac15 will

be a showcase of many technological firsts. Among which are the St Stephen's

Hervey Bay Hospital, Australia and the Ng Teng Fong General Hospital (NTFGH),

Singapore. Both are the first fully digital hospitals in their respective

countries.

St Stephen's, developed by UnitingCare Health, is also the first hospital in

Australia to achieve Stage 6 on the HIMSS EMR Adoption Model (EMRAM). Richard

Royle, Executive Director of UnitingCare Health, will be speaking about this

project and sharing future plans.

NTFGH will, on the other hand, offer an exclusive hospital tour to 20

delegates. For the rest of the 2,000-strong audience, the Integrated Health

Information Systems (IHiS) Singapore showcase will allow them to interact

closely with solutions currently deployed across Singapore's public hospitals

in the exhibition hall.

"Asia's cities are striving towards digitization and SMART Healthcare. It is

for me greatly motivating to be working with HIMSS Asia Pacific as the thought

leaders in healthcare information technology to bring key stakeholders together

in this fascinating stage of healthcare innovation and development through

HIMSS AsiaPac15."

                        Dr. Chong Yoke Sin  

                       CEO, IHiS Singapore  

                  HIMSS AsiaPac15 Conference Chairperson

HIMSSAsiaPac15 will be opened by Singapore's Minister for Health Mr. Gan Kim

Yong. He will lead a line-up of 60+ international speakers from the SMART

Nation Office Singapore, Dubai Health Authority, Bumrungrad International, the

Philippines Department of Health (DOH), KPJ Healthcare, Singularity University

USA and more.

Alongside insightful presentations, 70+ leading innovators will be showcasing

their latest solutions for the Asian markets. They include Diamond Sponsors: HP

and IBM and Gold Sponsors: Cerner, Citrix, LiFEDATA Systems, Philips, T

Systems, Unify and VMware.

Registration is open at www.himssasiapac.org/15. Early bird discounts are

available until 1 August.

SOURCE: HIMSSAsiaPac15

CONTACT: Melissa Leong, Marketing and Strategic Relations Manager, HIMSS Asia

Pacific, D: +65 6664 1182 | E: mleong@himss.org

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中