中国からバクー港に初の鉄道コンテナ、欧州アジア貿易を変える

Port of Baku

2015/8/5 10:10

中国からバクー港に初の鉄道コンテナ、欧州アジア貿易を変える

AsiaNet 61380 (0992)

【バクー(アゼルバイジャン)2015年8月4日PRN=共同通信JBN】3日、中国から初のコンテナ鉄道列車がアゼルバイジャンのバクー港に到着した。新しいフェリー・ターミナルでの歓迎式典には、アゼルバイジャン、カザフスタン、ジョージア(グルジア)の政府高官ならびに3カ国の港湾、鉄道、海運会社の代表、各国外交官が出席した。

中国北西部からアゼルバイジャンへの初の列車は、カスピ海横断・国際輸送ルート(Trans-Caspian International Transport Route、TITR)の開発に関する調整委員会の共同の努力の成果であった。同委員会は、カザフスタン鉄道が設置したもので、アゼルバイジャン、カザフスタン、ジョージア、トルコ、中国の港湾、鉄道、海運および物流会社で構成されている。

20フィート・コンテナ82台を積んだ列車は、7月28日に中国の新疆ウイグル自治区の石河子市を出発、カザフスタンのカスピ海にある港アクタウに到着するまで4000キロ以上を走行した。そこから列車は、アゼルバイジャンの首都バクーの南70キロのアリャートにある新しいバクー港へ鉄道フェリーで運ばれた。

アゼルバイジャン政府は、アリャート近郊で物流ゾーンや安全なTIR(Transport International Routier、国際道路輸送)の駐車場、共同利用の石油供給基地施設、税関保税地域を含む最新式の港湾施設の開発を進めている。新しい港は全部で400ヘクタールの地域に及んでいる。この開発は、アゼルバイジャンの石油以外の経済を強化し、炭化水素から経済を多様化させるための同国のイルハム・アリエフ大統領の大規模戦略の一部である。バクー港は、欧州とアジアの戦略的な岐路にあり、かつ、中国やトルコ、イラン、ロシアのような大きな市場の近くに位置しており、ユーラシアの物流と貿易の主要なハブになる態勢を整えている。

往古のシルクロード交易の主役であり、陸地で囲まれたカフカスと中央アジアの国々は、かつて活発だった中国と欧州の間の陸上貿易を復活、再強化を目指している。アゼルバイジャン、ジョージア、トルコの鉄道網を欧州連合と結びつけるための、将来のバクー-トビリシ-カルスの鉄道プロジェクトの完成は、中国と極東からの貨物をより短く、より速い陸上ルートで輸送するための新たな機会を提供する。現行の中国東部から欧州への海上ルートは30~35日かかる。同調整委員会のメンバーは、中国の商品の欧州への戸別配送を14日以内に短縮しようとしている。

▽問い合わせ先
Tural Aliyev
(+1) 310-570-2420
taliyev@portofbaku.com

ソース:Port of Baku


First Container Train from China to Port of Baku to Transform Europe-Asia Trade

PR61380

BAKU, Azerbaijan, Aug. 4, 2015 /PRN=KYODO JBN/ --

On Monday, the first container block train from China arrived at the Port of
Baku in Azerbaijan. A welcoming ceremony at the new Ferry Terminal was attended
by senior Azerbaijani, Kazakh and Georgian officials, as well as by
representatives of their national ports, railways and shipping lines, and
members of the diplomatic corps.

The first train from Northwest China to Azerbaijan resulted from a joint effort
by the Coordination Committee on the development of Trans-Caspian International
Transport Route (TITR). The Committee is initiated by the Kazakhstan Railways
and comprised of ports, railways, shipping and logistics companies of
Azerbaijan, Kazakhstan, Georgia, Turkey and China.

The train, carrying 82 twenty-foot containers, departed Shihezi city in China's
Xinjiang Uygur Autonomous Region on July 28, travelling more than 4,000 km
before reaching the Caspian port of Aktau in Kazakhstan. From there, the train
was transported by rail ferry to the new Port of Baku in Alyat, 70 km south of
Azerbaijan's capital, Baku.

The Government of Azerbaijan is developing a new state-of-the-art port complex
near Alyat that includes logistics zones, a secured TIR park site, common-use
oil supply-base facilities, and customs bonded areas. The new port covers a
total area of 400 hectares. This development is a part of a larger strategy of
Azerbaijan's President Ilham Aliyev to strengthen the country's non-oil economy
and diversify it from hydrocarbons. Located at the strategic crossroads of
Europe and Asia and nearby sizeable markets such as China, Turkey, Iran and
Russia, the Port of Baku is poised to become the leading logistics and trade
hub of Eurasia.

Being active players in the ancient Silk Road commerce, the landlocked
countries of the Caucasus and Central Asia aim to revive and boost the once
active land-based trade between China and Europe. The upcoming completion of
the Baku-Tbilisi-Kars railway project linking rail networks of Azerbaijan,
Georgia and Turkey with the European Union offers new opportunities to
transport cargo from China and the Far East over a shorter, faster land route.
The current maritime route from East China to Europe is 30-35 days. The
Coordination Committee members aim to shorten door-to-door delivery of China's
goods to Europe to under 14 days.

Contact:
Tural Aliyev
(+1) 310-570-2420
taliyev@portofbaku.com

SOURCE: Port of Baku

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中