エアチャイナが成都―大阪間と成都―東京間の直行便を就航

中国国際航空(エアチャイナ)

2015/10/27 14:11

エアチャイナが成都―大阪間と成都―東京間の直行便を就航

AsiaNet 62316(1399)

【北京2015年10月26日PRNewswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)は2015年10月25日と26日に、それぞれ成都―大阪間、成都―東京間の直行便を就航させた。両直行便は従来の成都―上海―大阪線、成都―北京―東京線を強化したもので、成都や他の中国南西部から北京や上海に寄らずに日本に行くため、旅客の利便性が向上する。

日本の国際観光振興機構(日本政府観光局、JNTO)が7月に公表した統計によると、中国本土は日本の旅行業にとって最大の市場になった。内外の航空会社が中国―日本間の市場に参入しているが、エアチャイナは成都双流国際空港で最大の航空会社という立場と、自社の地域ハブとしての同空港の位置による相乗効果を利用して、サービスエリアの強化に乗り出した。エアチャイナ筋によると、日本は同航空が極めて重視している市場だ。エアチャイナは現在、北京、杭州、成都、上海、天津から日本の沖縄、福岡、広島、大阪、東京、函館、名古屋、仙台、札幌の9都市に20路線を運航している。

エアチャイナは2015年、成都の地域ハブのキャパシティーを増強し、中国南西部でのプレゼンス強化への具体的な動きを続けている。2015年冬季-春季フライトスケジュールで、同航空は成都のハブから71都市へ110便を運航する。このうち国際・地域都市が13で、11は東京、台北、ソウル、シンガポールのように直行便で結ばれる。年内に成都―パリ線も開始する。エアチャイナは成都を中国の強力なハブで、南西中国で最大のハブにするのが念願である。

▽フライトについて

成都―大阪線(CA461/462便)は週3便。往路は毎週火曜、木曜、日曜で、成都発は11時50分、大阪着は17時00分。復路は大阪を18時00分出発、成都に22時05分に到着。

成都―東京線(CA459/460)は週4便。往路は毎週月曜、水曜、金曜、土曜で、成都発は15時30分、東京着は21時00分。復路は火曜、木曜、土曜、日曜で東京発8時50分、成都着13時50分。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

ソース:Air China

Air China Starts Chengdu-Osaka and Chengdu-Tokyo Services

PR62316

BEIJING, Oct. 26, 2015 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Air China started Chengdu-Osaka and Chengdu-Tokyo nonstop services respectively

on October 25, 2015 and October 26, 2015. As upgrades to the original

Chengdu-Shanghai-Osaka and Chengdu-Beijing-Tokyo flights, the two nonstop

services will spare passengers between Chengdu and other parts of southwestern

China and Japan the trouble of having to transfer via Beijing or Shanghai.

Based on the statistics released in July by Japan National Tourism

Organization, Mainland China has become the largest source market of travelers

to Japan. While domestic and international airlines are entering the

China-Japan markets, Air China has got around to cementing its footprint by

utilizing the synergies created by its position as the largest carrier at

Chengdu Shuangliu International Airport and the airport's position as the

carrier's regional hub. According to a source from Air China, Japan is a market

that Air China is quite committed to. Currently, Air China operates 20 routes

from Beijing, Hangzhou, Chengdu, Shanghai and Tianjin to 9 Japanese cities

including Okinawa, Fukuoka, Hiroshima, Osaka, Tokyo, Hakodate, Nagoya, Sendai

and Sapporo.

In 2015, Air China is continuing to increase its capacity in its regional hub

in Chengdu and make tangible moves to cement its presence in China's southwest

region. In its 2015 Winter/Spring Schedule, the carrier offers from its hub in

Chengdu over 110 air links to a total of 71 cities, including 13 international

and regional cities, of which 11 like Tokyo, Taipei, Seoul and Singapore are

served by nonstop flights. It will also commence Chengdu-Paris service by the

end of year. Air China has the ambition to make Chengdu a powerful hub in China

and the largest hub in southwest China.

About the flights

The Chengdu-Osaka flights, CA461/462, are operated three times a week on

Tuesday, Thursday and Sunday. The outbound flight departs from Chengdu at 11:50

and arrives in Osaka at 17:00. The return flight departs from Osaka at 18:00

and arrives in Chengdu at 22:05.

The Chengdu-Tokyo flights, CA459/460, are operated four times a week. The

outbound flight departs from Chengdu at 15:30 and arrives in Tokyo at 21:00 on

Monday, Wednesday, Friday and Saturday every week. The return flight departs

from Tokyo at 08:50 and arrives in Chengdu at 13:50 on Tuesday, Thursday,

Saturday and Sunday every week.

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141017/0861407509LOGO

SOURCE Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中