都立産業技術高等専門学校と昭和信用金庫は 産学連携協力に関する協定を締結しました。

20151110

公立大学法人首都大学東京

都立産業技術高等専門学校と昭和信用金庫は 産学連携協力に関する協定を締結しました。

 都立産業技術高等専門学校と昭和信用金庫は、11月9日(月)に「産学連携協力に関する協定」を締結しました。

 本協定の目的は、都立産業技術高等専門学校と昭和信用金庫が相互に協力して、教育研究支援、人材育成及び中小企業支援を実施することにより、地域社会の活性化や東京オリンピック・パラリンピックへの貢献を図ることにあります。

 都立産業技術高等専門学校と昭和信用金庫は、これまでも中小企業の発展に貢献し、地域産業の振興をサポートしてきました。今回の産学連携協力により、これまで以上に、地域の中小企業に対する支援等を通じ、東京都を活性化し、地域社会の発展、繁栄に貢献していきます。

<本協定に基づく協力事項>

○東京都の活性化及び地域ブランド創出に関すること

○東京オリンピック・パラリンピックに向けた事業に関すること

○学生の教育研究に関すること

〇中小企業に対する技術支援及び創業支援に関すること

〇人材育成に関すること

〇交流会、講演会、セミナー及び各種相談に関すること

〇その他両者が合意した事項

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース