インドの通信困難集落でインターネット接続の無線通信インフラ構築を実証 ~ホワイトスペースを利用~

情報通信研究機構(NICT) は、インド工科大学ボンベイ校と共同で、インド国ムンバイ(旧ボンベイ)近郊のインターネット通信が困難な地域において、無線通信インフラをホワイトスペース技術に基づくLTEシステムを利用して構築し、Web検索や子供の教育ビデオ視聴に利用できることを実証しました。

2015年11月24日

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)

インドの通信困難集落においてインターネット接続の無線通信インフラ構築を実証

~ホワイトスペースを利用した情報格差問題の解消に向けて~

【ポイント】

■ 有線ネットワークの敷設が困難な集落の通信環境をホワイトスペースで構築

■ Wi-Fiネットワークに中継し、集落内の家庭でWeb検索や子供の教育ビデオ視聴に利用

■ インターネット接続が整備されていない地域の情報格差の問題解消への利用に期待

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 坂内 正夫) ワイヤレスネットワーク研究所は、インド工科大学ボンベイ校(IITB、Director: Prof. Devang V. Khakhar)と共同で、インド国ムンバイ(旧ボンベイ)近郊のインターネット通信が困難な地域において、インターネットに接続するための無線通信インフラをホワイトスペース技術に基づくLTEシステムを利用して構築し、集落内の家庭においてWeb検索や子供の教育ビデオ視聴に利用できることを実証しました。インド国内の社会的な状況に着目し、通信効率が良いLTEシステムを用いてホワイトスペース通信の実証を行ったのはこれが初めてです。世界には有線ネットワークの敷設費用などの理由から通信インフラが整備されない地域が多い中、テレビ帯のホワイトスペースは、地形や障害物に対する電波の伝わり方の特性などから障害物等の影響を受けにくく、都市郊外の広域通信にも適しているため、デジタルディバイド(情報格差)問題の解消に向けての利用が期待されます。

 ※今回の実験は、NICTが平成24年度から平成26年度の間に総務省から受託した「複数周波数帯の動的利用による周波数有効利用技術の研究開発」の成果を利用したものです。

【背景】

 光ケーブル等の通信インフラは、世界のあらゆる場所で十分に展開されておらず、高速なインターネット接続が利用可能な地域は限られているのが現状です。これによって情報の格差が生じ、教育や雇用の機会が不平等になるなどのデジタルディバイド問題が深刻になっています。特にインドでは、集落を単位として居住地域が分散して町が形成されており、敷設が高額な光ケーブルをすべての家庭に届けることは現実的ではありません。この状況の中、NICTは、インド国内において既にホワイトスペース実証実験の準備を進めていたIITBと共同研究契約を締結し、ホワイトスペースを用いて、家庭にインターネット接続の提供が可能であることを示す実証実験を準備してきました。

【今回の成果】

 今回の実験は、平成27年10月7日(水)から15日(木)まで、ムンバイから北に50km離れた郊外Palghar(パラー)の集落において、NICTが開発したホワイトスペース用LTEシステムを利用して実施しました。インターネット接続用の有線ネットワークは集落中心部の電波塔にのみ敷設されており、この電波塔にLTEシステムの基地局とそのアンテナを設置して、集落内の民家からホワイトスペースを利用してこの基地局を介してインターネットに接続しました。

 今回の実験により、以下のことが確認できました。

(1) 電波塔から半径約5kmの範囲の集落において、1チャネルあるいは2チャネルを同時に使い、それぞれ最大通信速度(ダウンロード)8.2Mbpsと16.5Mbpsを計測

(2) 民家においてWi-Fiに変換し、市販のPCやスマートフォン、インターネットTVからインターネットに接続して、Web検索や教育ビデオを視聴可能

(3) Palgharの集落だけでなく、大都市ムンバイ市内においても、車による時速60kmでの移動通信に併せて成功

【今後の展望】

 これまでNICTが開発したホワイトスペース用の無線機やデータベースの技術は、特徴が異なる実験において、動作を確認し、その組合せ等によって利用シナリオに柔軟に対応することができます。当該技術は、民間企業への移転による商用化を通して、社会展開を目指します。

 なお、本実験の結果は、平成27年11月27日(金)にパシフィコ横浜で開催される総務省主催「電波資源拡大のための研究開発 第8回成果発表会」及び平成27年11月30日(月)から12月2日(水)までグランドプリンスホテル広島にて開催されるITU主催「13th World Telecommunication/ICT Indicators Symposium(WTIS)」で発表します。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

集落中心部の電波塔(ここに基地局を設置)

実験システムの構成

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 国立研究開発法人情報通信研究機構 広報部
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他情報・通信業
  • URL http://www.nict.go.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース