中国の電子企業、AWE2016でスマートホームのトレンドに

China Household Electrical Appliances Association

2016/3/31 17:05

中国の電子企業、AWE2016でスマートホームのトレンドに

AsiaNet 63939 (0401)

【上海2016年3月30日PR Newswire=共同通信JBN】

インターネット技術が住宅分野に浸透、経済トレンドを変える

China Household Electrical Appliances Association(CHEAA)が、中国で拡大・発展する家電製品市場に関する情報を提供

上海で開催されたAppliance and Electronics World Expo(AWE2016)は、中国の製造業が直面している多くの問題の実例を提示

▽アジャスティングフォーカス(Adjusting Focus)

中国政府は、例えば「インターネットプラス」のコンセプトのような再構築として、近代化とデジタル化によって売上高を増やし、国際的に競争力を強めるよう製造業を後押ししている。China Household Electrical Appliances Association(CHEAA)の朱軍秘書長は、同産業への強力な投資の推進、海外の製造業に対する中国の製造業の競争力を強化する家電技術と家電製品の向上は、中国の優れた能力を示すものであると、まとめた。

上海のAWEは、ラスベガスのCES、ベルリンのIFAとともに、3つの最も重要な展示会であり、大きな楽観的傾向を示している。ハイアール(Haier)や美的(MIDEA)のような中国の巨大企業は、強力な顧客の関心により、スマートホームのコンセプトにおいて、明確な戦略を作り上げた。相互に交信し、アプリ経由でスマートフォンによってコントロールできるスマート家電は、スマートホームのトレンドをリードしている。

中国の製造業は、個々の家電製品との組み合わせ的なソリューションを提示している。高価値・高性能の家電製品への需要は、特殊な製造技術、スマートフォンによる総合コントロールを必要としている。

ハイアール・グループは米国でGEの家電事業を買収した。これはハイアールにとって家電製品分野における同社の国際戦略の大きな試みである。継続的な成長と拡大は、消費者により多くの機会を提供する。

ハイアールはこのほど、建物のHVACに適した極めて低ノイズのコンプレッサーを発売した。ハイアール・グループのワン・イェ副社長はAWEで、ハイアールはこの製品をスマートフォンやタブレット経由によるコントロールシステムと結び付けて製造する技術と計画がある、と語った。

▽スマートフォンメーカーは前進を継続

Xiaomi(小米科技)とファーウェイ(Huawei)は、スマートホームのコンセプトを職人技術と融合

人々が消費者向け技術における最新のトレンドに言及するとき、中国のスマートフォンメーカーであるXiaomiが思い浮かぶ。同社は2011年に創設され、非常に短期間のうちに中国の携帯電話のトップメーカーになった。

Xiaomiのワン・チュアン共同創業者は、Xiaomiは純然たるスマートフォンメーカーではなく、顧客の好みに合った技術と製品を提供するテクノロジー重視の会社であると考えていると指摘した。Xiaomiはオンラインでのみ販売し、オフラインの店舗は持っていない。

2015年、Xiaomiはすぐれたデザインの空気清浄器と浄水器に手を広げた。

Xiaomiは2016年のAWEで、インターネット操作のテレビというよりはむしろ新世代のコンピューターである新しいスマートテレビを披露した。Xiaomiはもう1つの中国の新参者、LeTVと競争している。Xiaomiの中核事業はスマートフォンであるとみられているが、これは間違いである。ここでは、スマートホームのコンセプトの中心的要素として、そしてインターネット関連の消費者デバイスの運用のためのスイッチングステーションとして、インテリジェントテレビを見ることができると、ワン・チュアン共同創業者は語った。

スマートフォンとルーター開発に関連して、ワン・チュアン氏は、Xiaomiがスマートホームのコンセプトの中核部分の重要な役割を担う組織として位置付けられているとみている。Xiaomiは、スマートホームへの関与を促進するため、クラウドコンピューティングの構築に幅広く投資してきた。

人はまた、通常の家電製品によってもたらされる進歩と向上を想像することができると、ワン・チュアン氏は語った。それはまた、Xiaomiの技術的可能性と強力なブランド認知を利用してXiaomiの特別のタッチを加えた普通の製品にも当てはまる。

▽キーポジションズ(Key Positions)

ファーウェイの消費家電製品のマーケティングと戦略を指揮するシャオ・ヤン副社長は、重要な分野であるインターネット・オブ・シングス(IoT)におけるファーウェイの将来の役割を考えている。すなわち、インターネットプロトコル、ソフトウエアとチップセットを選択するデバイスのコントロールのための統一基準、デバイスの通信のための技術、特にクラウドコンピューティングにおけるビッグデータ・アプリケーションである。

ファーウェイは、中国の統一規格を開発するだけでは十分でないと考えており、統合に貢献し、国際規格の導入に賛成する。ファーウェイの中核の通信事業は、同グループがポジションを切り替え、単にIoTに焦点を当てるだけでなく、スマートホームの技術競争に加わるよう駆り立てたと、シャオ・ヤン氏は語る。

コネクティビティーはスマートホームのシステムの中心にある。ファーウェイはクラウド技術の開発において非常に明確な役割を担うだろう。なぜなら、IoTは必然的にクラウドコンピューティングのサポートに依存しているからである。

▽グローバルプレゼンス(Global Presence)

中国の家電製造業は、経済成長を減速させる潜在的な過剰生産能力の問題に苦しんでいる。全ては、この業界における新しい視点としてのIoTとインテリジェントな電子デバイスに依存していると、美的グループのフー副社長は語った。

売上高200億ドル、従業員数13万5000人の美的は、激しい変革のプロセスを経験してきた中国の民間企業の典型的な例である。同社は家電製造からフルレンジの大手技術企業に変わった。

美的は1968年に中国南部の広東省の珠江デルタの中心にある仏山で創設され、空調産業で名を成した。美的は中国の圧縮空調装置、マイクロ波装置、炊飯器の市場リーダーとして、特に中国の家庭のニーズに適応した一連の家電製品を作ってきた。

ファーウェイ、Xiaomi、IBMは美的との間でスマートホーム製品を含めたサービスのための協力協定を締結している。

AWEの公式ウェブサイトは以下の通り。

http://awe.com.cn/en/

Cara Wang

+86-10-6709-3609

cara.wang@cheaa.com

ソース:China Household Electrical Appliances Association

Chinese Electronic Enterprises Trending for Smart Homes at AWE2016

PR63939

SHANGHAI, Mar. 30, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Internet technology penetrates into housing field - reconfigure economic trends

China Household Electrical Appliances Association provides information on the

ever expanding and developing Consumer Electronics market in China.

The Appliance and Electronics World Expo (AWE2016) held in Shanghai provided

many examples of the issues Chinese manufactures are facing.

Adjusting Focus

The Chinese government pushes manufactures to increase turnover by

modernization and digitalization as restructuring, e.g. the Internet Plus

concept and to be more internationally competitive. Pushing for strong

investments in the industry, upgrading household techniques and consumer

electronics, which enhance the competitiveness of Chinese manufactures to

overseas manufactures, displays China's prowess, summarized Zhu Jun, General

Secretary of China Household Electrical Appliances Association (CHEAA).

AWE in Shanghai, together with CES in Las Vegas and IFA in Berlin are the three

most important exhibitions and show great optimism. China's giant enterprises

like Haier and MIDEA made clear strategies in the smart home concept due to

strong customer interest. Smart appliances that can communicate with each other

and be controlled via APPs by smartphones are leading the smart home trends.

Chinese manufactures present combination solutions with individual appliances.

The demand for high-value and high-end household appliances requires special

manufacturing techniques and total control via a smartphone.

Haier Group has merged with GE appliances in the USA, which is a big endeavor

for Haier in its international strategy in the consumer electronics field. The

continued growth and expansions will provide more opportunities for consumers.

Haier recently launched an extremely low-noise compressor, which has been

adapted for HVAC in buildings. Haier has the technique and plans to manufacture

this product combined with the control system via smartphones and tablets, said

Mr. Wang Ye, the vice president of Haier Group at AWE.

Smartphone manufacturers continue to go further

Xiaomi and Huawei mix the smart home concept with craftsmanship

When people mention newest trends in consumer tech, Xiaomi, the Chinese

smartphone manufacturer comes to mind. It was founded in 2011 and within very

short time became top Chinese mobile phone producer.

Wang Chuan, the co-founder of Xiaomi has noted that Xiaomi considers itself not

as a pure smartphone maker but also technology focused company to provide

technology and products that meet customers tastes. Xiaomi only sells online

and has no offline locations.

In 2015 Xiaomi expanded into well-designed air purifiers and water purifiers.

At the 2016 AWE, Xiaomi presented new smart TVs, which are more of a new

generation of computer plus internet operated TVs. Xiaomi competes with another

Chinese newcomer, LeTV. It appears Xiaomi's core business is smartphones, this

is deceiving. Here you can see intelligent televisions as central element of a

smart home concept and as a switching station for the servicing of internet

related consumer devices, said Wang Chuan, co-founder of Xiaomi.

In connection with the smartphone and the development of routers, Wang Chuan

sees Xiaomi is positioned as an important player for the core part of the smart

home concept. Xiaomi has extensively invested in the construction of cloud

computing to further its involvement in the smart home.

One can also imagine the development and improvement introduced by conventional

household appliances, said Wang Chuan. It also applies to ordinary products

with a special touch from Xiaomi, making use of the technological potential and

the strong brand recognition from Xiaomi.

Key Positions

Huawei VP Shao Yang, who leads the marketing and strategy for consumer

electronics, sees Huawei's future roles in a key field: the internet of things.

Namely the internet protocols and uniform standards for the control of devices

that select software and chipsets and the technology for the communication of

devices and not least the big data applications in cloud computing.

Huawei believes it is not enough to develop a Chinese unified standard, but

will contribute to the integration and vote for an international standard. The

core telecom business of Huawei propelled the group to switch positions and

join the race for the smart home technology, not just focusing on the internet

of things, says Shao Yang. Connectivity is in the center of smart home systems.

Huawei will be positioned in a very clear role in cloud technology development,

because internet of things is inevitably dependent on the support of cloud

computing.

Global Presence

China's household appliances manufactures suffer a latent overcapacity problem,

which slows down the economic growth. All rely on the internet of thing and

intelligent electronic devices as new perspective in this industry, said Vice

President of Midea Group, Mr. Hu.

Midea, with 20 billion dollars revenue and 135,000 employees, is a prime

example of China's private industry enterprises, which has undergone an intense

transformation process. It transformed from an appliances manufacture to a full

range technology power house.

Midea, founded in 1968 in Foshan, the heart of the Pearl River Delta of south

China's Guangdong province, has made a name for itself in the in

air-conditioning industry. As China's market leader in compressed

air-conditioning devices, microwave devices and rice-cooking machines, Midea

has made a range of appliances specifically adapted to China's household needs.

Huawei, Xiaomi and IBM have cooperation agreements for services completed

involving smart home products with Midea.

AWE Official Website: http://awe.com.cn/en/

Cara Wang

+86-10-6709-3609+86-10-6709-3609

cara.wang@cheaa.com

SOURCE:  China Household Electrical Appliances Association

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中