スイス: 世界最長の鉄道トンネルへの発見の旅

スイス・トラベル・システムAG(Swiss Travel System AG)

2016/4/4 10:08

スイス: 世界最長の鉄道トンネルへの発見の旅

AsiaNet 63936

【チューリヒ2016年4月4日PRニュースワイヤー】

世界最長の鉄道用トンネルのゴッタルドベーストンネル (Gotthard Base Tunnel) を走る路線が、2016年12月11日に開業されます。これに先立ち、一定期間に限って、記録破りのトンネル工事の現場へのアクセスが容易になりました:2016年8月2日より、乗客は世紀に一度の、山脈の地下深くに建設されたゴッタルドベーストンネル内に降下することができます。特別な「Gottardino」列車は2016年11月27日のみ運行され、切符の数は限られています。

(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160323/347230 )

(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160323/347231)

ゴッタルドベーストンネルの動作テストは順調に進められています。スイス連邦鉄道(SBB)であるアルプトランジット・ゴッタルト社 (Alp Transit Gotthard AG)による、今後の建設事業者への世界最長の鉄道トンネルの開通式は、17年間の建設を経て、2ヶ月後の2016年6月1日に行われます。

かつてないほど深く山脈の地下に掘られたトンネルの中を走る列車に乗車

ゴッタルドベーストンネルの定期運転が2016年12月11日に開始される前に、スイス連邦鉄道(SBB)は顧客に世紀に一度のトンネル内の工事の様子などを見学する機会を与えています。2016年8月2日から11月27日まで、特別な「Gottardino」列車は訪問客を乗せて、世界最長を記録した、スイスのアルプス山脈の地下深くに建設されたトンネル走ります。また、列車はセドルン村(Sedrun)の多機能ステーションに特別停車します。ツアーでは、水面下800mのトンネル内で、鮮明な巨大トンネルシステムの寸法を見学することができます。

ゴッタルドベーストンネルを列車が高速で移動すると、トンネルの途中で停止ができなくなります。南北に延びる新トンネルのおかげで、ゴッタルドトンネルの両側の近隣諸国は互いに距離を縮めることになります。 2016年末から、新トンネルを抜けて、乗客は、わずか20分でアルプスを横断し、より早く目的地に到着することが可能になります。

スイス・トラベル・システムの販売店に関する情報は(http://www.SwissTravelSystem.com/verkaufsstellen ) を参照してください。

ゴッタルドベーストンネルまたは世紀に一度のトンネル建設についてのアイデアの詳細は、( http://www.SwissTravelSystem.com/gotthard

またはリクエスト (media@swisstravelsystem.com ) に応じて利用可能です。

・クロスリファレンス:画像はAP Images (http://www.apimages.com ) で入手できます。

問合せ先: Tabea Mandour、電話: +41(0)44-225-80-40

ソース:スイス・トラベル・システムAG  (Swiss Travel System AG)

(日本語リリース:クライアント提供)

Switzerland: Exclusive Journey of Discovery Into the Longest Train Tunnel in the World

PR63936

ZURICH, Apr. 4, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The Gotthard Base Tunnel, the longest train tunnel in the world, enters into

service on 11 December 2016. Prior to this, the record-breaking construction

will be more accessible than ever, but only for a limited period: from 2 August

2016, passengers may descend into the once-in-a-century construction on

exclusive tunnel rides - disembarkation in the depths of the mountain included.

The special "Gottardino" train only runs until 27 November 2016 and the number

of tickets is limited.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160323/347230 )

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160323/347231 )

The test operation of the Gotthard Base Tunnel is in full swing. The handover

of the longest train tunnel in the world by constructor Alp Transit Gotthard AG

to its future operators, Swiss Federal Railways SBB, will take place in two

months' time, on 1 June 2016,  after 17 years of construction.

Catching a train deeper into the mountain than ever before

Before regular operations of the Gotthard Base Tunnel commence on 11 December

2016, SBB is giving customers the opportunity to admire the interior of the

once-in-a-century construction. From 2 August to 27 November 2016, the special

"Gottardino" train will carry visitors to a record depth in the rock of the

Swiss Alps. A special stop will be made at the multifunction station in

Sedrun.. Here, 800 metres below the surface, a tour will vividly demonstrate

the dimensions of the gigantic tunnel system.

Once trains are travelling through the Gotthard Base Tunnel at high speed, a

stop in the middle of the tunnel will no longer be possible. Thanks to the new

north-south connection, regions and neighbouring countries on both sides of the

Gotthard Tunnel will move closer together. From the end of 2016, passengers

will cross the Alps in the new tunnel in only 20 minutes and reach their

destination faster than ever.

Information about the sales outlets of Swiss Travel System are available at

http://www.SwissTravelSystem.com/wheretobuy

More information about the Gotthard Base Tunnel or story ideas about the

once-in-a-century construction are available at

http://www.SwissTravelSystem.com/gotthard or by request from

media@swisstravelsystem.com.

- Cross reference: Picture is available at AP Images (http://www.apimages.com) -

Contact: Tabea Mandour, Tel: +41(0)44-225-80-40

Source: Swiss Travel System AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中