電通、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「コンシダー・デジタル社」の株式51%取得で合意

電通

2016/4/6 15:45

株式会社電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「Consider Digital Sdn Bhd」の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました

2016年4月6日

株式会社電通

電通、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「コンシダー・デジタル社」の株式51%取得で合意

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「Consider Digital Sdn Bhd」(本社:クアラルンプール市、以下「コンシダー・デジタル社」)の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。

2013年に設立されたコンシダー・デジタル社は、SEM、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、データ分析からEコマースまで、デジタル広告マーケティング領域全般を扱っています。設立3年でマレーシア内外の有力企業からの受注によって急成長を遂げており、従業員者数も50名規模へと拡大しています。

また同社は、マレーシアのマルチメディア開発公社が優れたICT(Information and Communication Technology)技術を持つ企業に与えるMSC-status認証を授与されています。

株式取得後、当社はコンシダー・デジタル社を当社グループの9つのグローバルネットワーク・ブランド※の1つでデジタル・パフォーマンス領域に強みを持つiProspect(アイプロスペクト)の現地法人「アイプロスペクト・マレーシア」と合併させ、社名をConsider iProspect(コンシダー・アイプロスペクト)に改称する予定です。今後はマレーシアのグループ各社との連携を図ることで、同国での成長戦略を加速させていきます。

なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、9つのグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。9つのブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Branded Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

【コンシダー・デジタル社 の概要】

社  名  : Consider Digital Sdn Bhd(コンシダー・デジタル社)

本社所在地 : マレーシア・クアラルンプール市

設  立  : 2013年8月

株主構成  : 株式取得後、電通イージス・ネットワーク   51%

              コンシダー・デジタル社経営幹部 49%

収益(Revenue): 510万マレーシアリンギット(約1.4億円)(2015年12月期)

代 表 者  : Kasper Wandi (Co-Founder & CEO)

         Therese Schwensen (Co-Founder & COO)

従業員数  : 50名

事業内容  : SEM、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、データ分析、Eコマースなどのデジタル広告マーケティング領域全般のサービスを提供

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中