Send Anywhereがユーザーの拡大およびリテンションを強化する新規APIを公開

Estmob Inc.

2016/4/8 10:25

Send Anywhereがユーザーの拡大およびリテンションを強化する新規APIを公開

AsiaNet 63888 (0379)

【ソウル2016年4月8日PR Newswire=共同通信JBN】

B2C市場で拡大し、B2B市場に参入を目指す

クロスプラットフォーム・ファイル共有のリーダーであるEstmob Inc.のSend Anywhere(https://send-anywhere.com )は今週、企業が迅速かつ簡単にファイルを転送することを可能にする、強化されたAPIを公開したと発表した。

開発者はこのAPIを使って、Send Anywhereをウェブサイトやアプリケーションに一体化することができる。これによって、大容量ファイル転送のための電子メールクライアント・プラグインや、ファイルサイズ制限付きのメッセンジャーをかいくぐることなど、さまざまな利用が可能となる。Estmob Inc.のオ・ユンシク最高経営責任者(CEO)は「われわれはこれまでB2C市場への取り組みに専念してきたが、このAPIを推進力にしてB2B市場にも参入したいと思う。競争製品とは異なり、このAPIを使えば同じネットワーク上にあるデバイスはサーバーを一切経由することなく直接データを共有することが可能になる。さらに、このAPIは完全無料であり、これはファイル転送サイズに基づき課金する他の製品とは異なる部分である。これまで、われわれはサムスンの複合機プリンター全製品に関して提携しており、今後は法人向けビジネスを拡大する計画である」と語った。

今回の発表は主要なすべてのスマートフォンとデスクトッププラットフォームで堅ろうなファイル共有をサポートする上で、2016年はじめに公開されたSend Anywhere 3.0に続くものである。

ソウルに本社を置くSend Anywhereは2012年に創業し、変動するネットワーク状況にある2つのデバイス間で最も効率的なファイル転送方法の問題に取り組んできた。Androidユーザー向けだけの国内アプリとしてスタートしたSend Anywhereは、無限の可能性を秘めたグローバルなクロスプラットフォーム・アプリケーションに発展した。

▽Send Anywhereについて

2012年Estmob Inc.の発案でソウルで創設されたSend Anywhereは、ファイル共有のために簡単、迅速、無制限なアプローチを採用するファイル共有アプリケーションである。簡単にあらゆるファイルタイプをどんなプラットフォームにも転送でき、登録およびサインインの必要もない。迅速に所定のネットワーク上で最適な転送経路を見つけ、データを確実に可能な限り効率的な方法で転送する。無制限に関しては、あらゆるサイズのファイルを好きなだけ無料で転送できる。Send Anywhereは当初Android向けだけだったが、現在はAndroid、iOS、Windows PhoneとPC、Mac、Linux、Web Widget、API、WordPress Pluginで動作し、Samsungプリンターにも使用できる。

▽問い合わせ先

Alex Gershon

+82-10-2770-1904

alex@estmob.com

https://send-anywhere.com

ソース:Estmob Inc.

Send Anywhere Launches New API to Drive User Growth and Retention

PR63888

SEOUL, South Korea, Apr. 8, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Looking to Expand in the B2C and Enter B2B Space

Estmob Inc's Send Anywhere (https://send-anywhere.com), the leader in

cross-platform file sharing, announced this week that it launched a revitalized

API to provide businesses with a quick and simplistic means to transfer files.

With the API, developers can seamlessly integrate Send Anywhere across their

website or application. This unleashes a variety of uses ranging from an email

client plug-in for large attachments to circumventing messengers with file size

limitations. Speaking on the API, CEO Yoonsik Oh said, "Thus far, we have

focused our efforts on the B2C market but want to also enter into the B2B space

with this API as the driving force. Unlike competitors, it allows devices on

the same network to share data directly without touching any servers.

Additionally, it is completely free which differentiates it from the rest of

the field which charges based on file transfer size. So far, we have already

partnered with Samsung across all of their Multi-Purpose Printers and plan to

expand both horizontally and vertically."

This release comes on the heels of Send Anywhere 3.0 which launched at the

start of 2016 and is the next step in robust file sharing across all major

smartphone and desktop platforms.

Based in Seoul, Send Anywhere started in 2012 to tackle the problem of how to

most efficiently send files between two devices given variations in network

conditions. What started as a domestic app for Android users has blossomed into

a global, cross-platform application with endless possibilities.

About Send Anywhere:

Founded in 2012 in Seoul, Send Anywhere, the brainchild of Estmob Inc., is a

file sharing application that takes an easy, quick, and unlimited approach to

file sharing. Easily, it lets you transfer any file type, across any platform,

all without requiring signing up or logging on. Quickly, given network

conditions, it finds the most viable network path to ensure an efficient

transfer. As for unlimited, you can send any sized file, as many times as you

want, all for free. Originally just for Android, Send Anywhere now works across

Android, iOS, Windows Phone and PC, Mac, Linux, Web Widget, API, WordPress

Plugin, and for Samsung Printers.

For more information, please contact:

Alex Gershon

+82-10-2770-1904

alex@estmob.com

https://send-anywhere.com

SOURCE:  Estmob Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中