第7回バイオマス・ペレット貿易と発電会議が今年5月に東京で開催

Centre for Management Technology

2016/4/11 10:16

第7回バイオマス・ペレット貿易と発電会議が今年5月に東京で開催

AsiaNet 64020 (0431)

【東京2016年4月11日PR Newswire=共同通信JBN】5月16-19日に開かれるCentre for Management Technology(CMT)の第7回バイオマス・ペレット貿易と発電会議(Biomass Pellets Trade & Power summit)は、日本で急速に拡大しているバイオマス電力市場と東南アジアや米国、カナダとのペレット貿易が中心議題になる。

同会議に出席する日本のバイオマスのトッププレーヤーは以下の通り。

*住友は、福島原発後の「日本の発電とFITシステムにおけるバイオマスの機会」について発表。

*株式会社ガスアンドパワー(大阪ガスの子会社)は「粉炭およびバイオマス火力発電所の設計と建設」(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 )について。

*株式会社IHIは「粉炭火力発電プラント向け木質ペレット併用燃焼」について説明。

*王子グループは「バイオマスエネルギー向けの新FIT計画への関与」を共有。

焦点となる議論には、日本の電気市場改革、韓国のRPS、バイオマス需要の展望、中国の石炭排出の抑制とバイオマス利用の増加、中国、日本、韓国へのバイオマス供給、バイオマスおよび木質ペレット価格への洞察(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 )、バイオマス併用燃焼の課題、複雑なバイオマスプロジェクトのパートナーシップが含まれている。

主要な講演者はCREIA、Jiangsu Muyang、Bloomberg New Energy Finance、EnerOne、Indufor、PVM Oil Associates、ECN、株式会社タケエイ、Lantern Advisory & Investments、RWE Generationなどの上級幹部である。

今年は新たにFutureMetrics とWPACによる「固形バイオマス燃料(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 )の特徴および調達の考察」に関するブレックファーストトークが開かれる。

バイオマス原料分析は以下の企業が主導する。

*Pinnacle Renewable Energyは「木質ペレットのサプライチェーンに関連するリスク」を共有。

*Tipawat Corporationは、タイのバイオマス・ペレットおよび電力事情の最新情報を提供。

*An Viet Phat Energy Co.は「ベトナムのペレット・バイオマス市場」を共有。

*Asia Resource Partnersは、PKSの市場力学を提示。

ECNとRWE Generation が進める「ブラックペレット」に関する会議前のワークショップおよび会議後の相馬共同火力発電の新地発電所への現地視察が準備されている。Centre for Management Technology(CMT)の主催によるこのイベントは、カナダ木質ペレット協会(Wood Pellet Association of Canada)(WPAC)と住友商事が法人スポンサー、Rudnick & Ennersをアソシエートスポンサーとなっている。イベントの出展者はVermeer、KAHL、Rainbow Pellets & Briquettes、An Viet Phat Energy、Beijing Panda Pellet Machinery、EnerOne, Muyang、三洋貿易、TSIである。

詳しい情報はイベントウェブサイト(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 )を参照、または以下に問い合わせを。

Ms. Hafizah

+65-6346-9218

hafizah@cmtsp.com.sg

ソース:Centre for Management Technology

Buyer-Seller Meet at Asia's Biomass Power & Pellet Trade in Tokyo, this May

PR64020

TOKYO, Apr. 11, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

   Japan's fast expanding biomass power market, plus pellet trade with

Southeast Asia, USA and Canada underscore CMT's 7th Biomass Pellets Trade &

Power summit on May 16-19.

   Top Japanese biomass players at the summit are:

   - Sumitomo unveils the 'Biomass Opportunities in Japan's Electricity

Generation & FIT System' -- post Fukushima.

   - Gas and Power Co. (subsidiary of Osaka Gas) on 'Design & Construction of

Pulverized Coal & Biomass Fired Power Plant'

(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 )

   - IHI Corporation elaborates on 'Woody Pellet Co-firing for Pulverized Coal

Fired Power Plant'

   - Oji Group shares its 'Involvement in the New FIT Scheme for Biomass Energy'

   Focused discussions include Japan's electricity market reforms; South

Korea's RPS, biomass demand outlook; China curbing coal emissions and

increasing biomass utilization; biomass supplies into China, Japan and Korea as

well as insights on biomass and wood pellet prices (

http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 ), challenges of

biomass co-firing and intricacies of biomass project partnerships.

   Among key speakers are senior representatives from CREIA, Jiangsu Muyang,

Bloomberg New Energy Finance, EnerOne, Indufor, PVM Oil Associates, ECN, TAKEEI

Corporation, Lantern Advisory & Investments and RWE Generation.

   New this year is a Breakfast Talk on 'Solid Biomass Fuel  (

http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 ) Characteristics

& Sourcing Considerations' by FutureMetrics and WPAC.

   Biomass feedstock analysis is led by:

   - Pinnacle Renewable Energy shares the 'Risks along the Wood Pellet Supply

Chain'

   - Tipawat Corporation provides an update on Thailand's biomass pellets &

power status

   - An Viet Phat Energy Co. shares 'Vietnam's Pellets Biomass Market'

   - Asia Resource Partners presents the Market Dynamics of PKS

   A pre-conference workshop on 'Black Pellets' facilitated by ECN and RWE

Generation as well as a post-conference site visit to Soma Kyodo's Shinchi

Power Plant are also arranged. Organized by Centre for Management Technology

(CMT), the event has Wood Pellet Association of Canada (WPAC) and Sumitomo Corp

as Corporate Sponsors plus Rudnick & Enners as Associate Sponsor. Event

exhibitors are Vermeer, KAHL, Rainbow Pellets & Briquettes, An Viet Phat

Energy, Beijing Panda Pellet Machinery, EnerOne, Muyang, Sanyo-Trading, and

TSI.

   For more information, visit event website:

(http://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=160501&pu=266724 ) or

   Contact: Ms. Hafizah

            +65-6346-9218 or

            hafizah@cmtsp.com.sg

   SOURCE: Centre for Management Technology

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中