2016年の中国電子情報博覧会は「次の大きなモノ」としてモノのインターネットを強調

China Electronic Exhibition and Information Communication Co., Ltd

2016/4/11 14:38

2016年の中国電子情報博覧会は「次の大きなモノ」としてモノのインターネットを強調

AsiaNet 64037 (0435)

【深セン(中国)2016年4月8日PR Newswire=共同通信JBN】

CITEが初めて「センサーとIoT」のための専用エリアを開設

アジア最大の総合電子情報産業展示会であるChina Information Technology Expo(CITE、中国電子情報博覧会)は、モノのインターネット(IoT)を、4月8日から10日まで中国の深センで開催される今年の博覧会の焦点にする。

CITEは初めて特別の専用エリアを「センサーとモノのインターネット」に割り当てた。これは工業的応用、家電製品、並びに生物医学、農業、自動車エレクトロニクス分野での応用のためのセンサーと集積回路を1つにまとめるためのものである。

同博覧会は、IoTとセンサーのフォーラムを主催し、世界のセンサー業界の最新の技術的成果に焦点を合わせ、センサーとIoTの応用分野における今後の開発戦略を検討する。

CITE組織委員会のチェン・ウェンハイ事務局長は「モノのインターネットは、自動車、家電製品からウエアラブル端末、エネルギーまで、ほとんど全ての産業の中に溶け込んでいる。これは、コンピューター、インターネット、ポータブルデバイスに続き、次の高度成長分野になると期待されている」と語った。

2015年に中国のIoT市場の資本が7500億米ドルに達したとのデータがある。中国のIoT研究開発センターは、複合成長率が30%に達すると予測している。

IoTの領域に組み入れられる企業には、音声技術プロバイダーのAi Speech Chinaがある。同社の最新のハードウエアおよびソフトウエア向けの総合的ソリューションは、インテリジェント車両やモバイルアプリの開発業者にクラウド上またはローカル接続の音声対話技術を提供している。

Ai Speech Chinaの製品には、VSTのスマート・リアビューミラー、ハイアールのインテリジェント冷蔵庫、MITVの音声作動式リモコンで使用されるインテリジェントロボット、自動車および家電製品が含まれている。これらは全て同博覧会で発表される。

テンセント(Tencent)、TCL、ハイセンス(Hisense)、長虹(Changhong)、LeTVなどの他の業界リーダーも参加する。

▽CITEについて

アジア最大の電子情報展示会であるCITE(China Information Technology Expo、中国電子情報博覧会)は、中国工業情報技術省(MITT)と深セン市政府が主催する。2016年の博覧会は4回目で、Shenzhen Convention & Exhibition Center(深セン会展中心)で4月8日から10日まで開催される。過去3回の展示会では、1万以上の新しい製品および技術の展示、6000の製品発表が行われた。

詳しい情報はhttp://www.citexpo.org/en を参照。

ソース:China Electronic Exhibition and Information Communication Co., Ltd

2016 China Information Technology Expo Highlights Internet of Things as 'Next Big Thing'

PR64037

SHENZHEN, China, Apr. 8, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

For the first time, CITE establishes dedicated area for 'Sensors and IoT'

   Asia's largest Integrated Electronic Information Industry Exhibition, China

Information Technology Expo (CITE), will make the Internet of things (IoT) the

focal point of this year's show, which will be held in Shenzhen, China from

April 8-10.

   CITE has, for the first time, allocated an area specifically dedicated to

"Sensors and the Internet of Things", which is designed to bring together

sensors and chips for industrial applications and consumer electronics, as well

as biomedical, agricultural, and automotive electronics applications.

   The show will host an IoT and Sensors forum, focusing on the latest

technical achievements in the global sensor industry, and examining the future

development strategy in the application field of sensors and IoT.

   "The Internet of Things is integrated within almost all industries, from

automotive and home appliances, to wearable devices and energy," said Mr. Chen

Wenhai, secretary general of the CITE organizing committee. "Following on from

computers, the Internet and portable devices, this is expected to be the next

high growth sector."

   Data shows that in 2015, China's IoT market capital reached USD$750 billion,

with the country's IoT Research and Development Center predicting that the

compound growth rate will hit 30%.

   Among the companies featured in the IoT Zone is voice technology provider Ai

Speech China, whose latest integrated solutions for hardware and software

provide intelligent vehicles and mobile app developers with on-cloud or local

speech interaction technology. Ai Speech China's products include intelligent

robots and automotive and household appliances, used in VST's smart rearview

mirror, Haier's intelligent refrigerator and MITV's voice-activated remote

control, all of which will be unveiled at the expo.

   Other industry leaders such as Tencent, TCL, Hisense, Changhong and LeTV

will also be in attendance.

   About CITE

   As Asia's largest electronic information exhibition, CITE (China Information

Technology Expo) is organized by the Ministry of Industry and Information

Technology (MITT) of China and the Municipal Government of Shenzhen. 2016 marks

the fourth edition of the show which takes place from April 8-10 at Shenzhen

Convention & Exhibition Center. Over 10,000 new products and technologies, and

6,000 product launches have featured in the past three exhibitions.

   For more information, please visit: http://www.citexpo.org/en

   SOURCE: China Electronic Exhibition and Information Communication Co., Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中