PKNオーレンの革新支援に世界中から届いた最高のコンセプト

PKN オーレン

2016/4/12 10:41

PKNオーレンの革新支援に世界中から届いた最高のコンセプト

AsiaNet 64024

ワルシャワ(ポーランド)、2016年4月11日/PRニュースワイヤー/ --

PKNオーレンは、ポーランドの企業が創設し、この規模では世界初となるクラウドソーシング・コンテストの入賞者を発表しました。世界中の企業、大学、研究所などから提出された提案の中からソリューションのベスト3が選ばれました。入賞者の国は、ポーランド、インド、ドイツです。入賞者はそれぞれ1万ユーロの賞金を受け取り、PKNオーレンとのさらなる協力についての話し合いに招かれました。コンテストの目的に従って、選ばれたコンセプトは、PKNオーレンの精製所における製造工程のエネルギー効率を改善するものです。

    (ロゴ:http://photos.prnewswire.com/prnh/20151001/272987LOGO

蒸留塔から出る低温熱の効率的回収と利用に関する最も興味深く革新的な技術ソリューションを提案したのは、ポーランドとスウェーデンの主要合弁会社であるポーランドのPWPO-T PROMONT、化学工業を専門とするインドの工学設計会社、グハ・インダストリーズ・カナダ、ドイツの研究センター、ILKドレスデンです。

「世界中の革新者がコンテストで見せた興味のレベルも、提案されたソリューションの質の高さも、私どもの期待を上回るものであり、クラウドソーシングが迅速に革新を起こすのに効果的なツールであることを裏付けました。特に喜ばしく思うのは、最良のコンセプトのひとつがポーランドの応募者の開発したものだったことです。これはわが社の革新へのアプローチにぴったり合っています。ポーランド最大の企業であるわが社は、わが社の事業を支える新しい技術ソリューションを探し出すばかりではなく、ポーランドの経済全体の革新的成長を促す義務もあると確信しています」と、PKNオーレンの取締役会長、Wojciech Jasinskiは述べています。

PKNオーレンの従業員が多段階で行った専門家の分析で、提出された各コンセプトの技術革新の度合、完全性、経済的実行可能性、実行と開発の可能性を評価しました。同様の規模のプロジェクトにおける各応募者の経験も考慮しました。商用ソリューションと、さらなる研究開発努力を要するプロトタイプの技術の双方を検討しました。最終選考に残ったコンセプトは技術的に多様で、実行すれば、精製工程で広く使われる熱回収や発電、蒸気、冷却と、かなりの適応性があるはずです。

製造部門取締役員のクリスチャン・ペイターは、「現在、終了段階のセグメントでは、エネルギーコストが経費全体の70%以上になります。ヨーロッパの石油会社にとって、エネルギーコストは現在も今後も競争力の評価基準でありつづけるでしょう。低温熱への応用の問題に取り組むことで、わが社は、世界中で未開拓ではあるが、今後は主要工業プラントにとって深刻な課題になるであろう領域に入ります。注目すべきは、提案されたソリューションが7つものプロセスユニットで応用できるのは、オーレン・グループだけであることです。これと継続中の数多くの取り組みのおかげで、PKNオーレンはこの分野で革新のリーダーになれます」と述べました。

世界中から最高のアイディアを集めることを目的とした公開革新コンテストの形を支えるためには、最新のコミュニケーションツールが使われました。NASA、GE、BASF ほか多数の企業のコンテストを運営し、250万のネットワーク会員を有するオープンイノベーションサービスのリーディングプロバイダーであるナインシグマ(NineSigma)のほか、PKNオーレンはまた、国際的ソーシャルメディアでもコンペを発表しました。その結果、従来のメディアからは世界中の25万人もの人々に、ツイッターからは250万人近いユーザーにこのニュースが届けられました。

ナインシグマ・ヨーロッパCEOのリック・ウィーレンスは、「PKNオーレンを世界とポーランドのソリューションのトッププロバイダーにつなぎ、この重要な技術分野の革新を進めることができて光栄に思います。このコンテストは、もっとも困難で究極的には社会全体に利益を与える技術問題に対するPKNオーレンのような企業の取り組みに、オープンイノベーションがいかにして役立つかということの良い例です」と語りました。

これからの交渉で有益な結果が出れば、PKNオーレンは、新技術発掘と会社のイノベーション文化の強化を目的とする今後のオープンイノベーションの取り組みに、プロジェクトのおかげで得た経験を活用する予定です。

http://www.orlen.pl/en/pages/default.aspx

http://ffbk.orlen.com/

プレス・オフィス

PKN オーレン

電子メール: media@orlen.pl

電話:+48-22-778-00-91

ソース: PKN オーレン

(日本語リリース:クライアント提供)

Best Concepts from Across the Globe to Support Innovation at PKN ORLEN

PR64024

WARSAW, Poland, Apr. 11, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

PKN ORLEN has announced the winners of its crowdsourcing contest, the first

global project of that scale launched by a Polish company. From among proposals

submitted by companies, universities and research centres from all over the

world, the best three solutions were selected. The winners are from Poland,

India and Germany. The winners each received prizes of EUR 10,000 and were

invited to discuss further cooperation with PKN ORLEN. In accordance with the

objectives of the contest, the selected concepts are to improve the energy

efficiency of production processes at the PKN ORLEN refinery.  

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151001/272987LOGO )

Those who proposed the most interesting and innovative technological solutions

for efficient recovery and utilisation of low-temperature heat from

distillation columns are Poland's PWPO-T PROMONT, the Polish-Swedish consortium

leader, Guha Industries Canada, an engineering design company from India

specialising in chemical engineering and ILK Dresden, a German research centre.

"The level of interest in the contest shown by innovators from all over the

world as well as the high quality of the proposed solutions went beyond our

expectations and confirmed that crowdsourcing is an effective tool to quickly

obtain innovations. We are particularly happy that one of the best concepts was

developed by a Polish contestant. This fits perfectly with our approach to

innovation. We believe that, as Poland's largest company, we are not only

obliged to search for new technological solutions supporting our business, but

also to encourage innovative growth of the entire Polish economy," says

Wojciech Jasinski, President of the Management Board of PKN ORLEN.

A multi-stage expert analysis carried out by PKN ORLEN employees evaluated each

submitted concept's degree of technological innovation, completeness, economic

viability, and implementation and development potential. Each contestant's

experience with projects of similar scale was also taken into account. Both

commercial solutions and prototype technologies requiring further R&D efforts

were considered. The shortlisted concepts are technologically diverse and, when

implemented, should allow significant flexibility in the recovery of heat and

generation of electricity, steam and cooling, each widely used in refining

processes.

"Currently, energy costs account for over 70% of all expenses in the downstream

segment. For oil companies in Europe, the cost of energy is and will remain a

measure of competitiveness. By addressing the issue of low-temperature heat

application, we enter an area which is not yet explored around the world, but

which will become a serious challenge for major industrial plants in the coming

years. It should be noted that in the ORLEN Group alone the proposed solutions

can be applied at as many as seven process units. Thanks to this and a number

of other ongoing initiatives, PKN ORLEN can become a leader of innovation in

this field," said Krystian Pater, Member of the Management Board, Production.

To support the format of an open innovation contest aiming to garner the best

ideas from all over the word, modern communication tools were used. Apart from

utilising NineSigma - a leading open innovation services provider with more

than 2.5 million network members, which has run contests for NASA, GE, BASF and

many other companies - PKN ORLEN also announced the competition in

international and social media. As a result, news of the contest reached some

250,000 profiled recipients all over the world through conventional media and

close to 2.5 million users through Twitter.

NineSigma Europe CEO Rick Wielens said, "We are pleased to connect PKN ORLEN to

top solution providers around the world and in their own country to advance

innovation in this critical technology area. This contest is an excellent

example of how open innovation can help companies like PKN ORLEN address their

most challenging technology issues that ultimately can benefit society as a

whole."

If subsequent negotiation stages yield positive results, PKN ORLEN plans to

utilise the experience acquired thanks to the project in further open

innovation initiatives designed both to discover new technologies and to

strengthen the Company's innovation culture.

http://www.orlen.pl/en/pages/default.aspx

http://ffbk.orlen.com/

Press Office

PKN ORLEN

E-mail: media@orlen.pl

Tel. +48-22-778-00-91

SOURCE: PKN ORLEN

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中