アジア太平洋地域オンラインビデオ収益は2021年に350億米ドルに達する見通し

Media Partners Asia

2016/4/19 17:02

アジア太平洋地域オンラインビデオ収益は2021年に350億米ドルに達する見通し

AsiaNet 64137(0483)

【香港、シンガポール、ムンバイ2016年4月18日PR Newswire=共同通信JBN】Media Partners Asia(MPA)が18日公表した最新リポートによると、アジア太平洋地域のオンライン収益は、2016年の13億ドルから年間平均22%拡大し、2021年には350億ドルに達すると予測される。中国は引き続き最大の市場で、2021年にはアジア太平洋地域のオンラインビデオ収益の76%を占める。日本、オーストラリア、韓国、インドも大きく伸び、2021年には同地域のオンラインビデオ収益の17%を占める。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160418/8521602480

「Asia Pacific Online Video Distribution(アジア太平洋地域のオンラインビデオ配信)」と題するこのリポートはアジア太平洋市場14カ所を対象にし、広告および加入者ベースのオンラインビデオに加え、モバイルおよび固定ブロードバンド・ネットワークの伸びを調査している。調査結果についてMPAのエグゼクティブディレクターであるビベク・コート氏は次のように語った。

「ブロードバンドの成長は、緩慢ではあるがコンテンツライセンスにおける斬新的変化に伴い、オンラインビデオ・サービスの需要を推進している。しかし、推進役を果たすローカルコンテンツのオンライン配信が、特に中国、インド、韓国以外では低調である。これは東南アジア地域で顕著であり、ブロードバンドの普及は急成長しているものの、それは大半の市場では底辺からのものであり、これら市場の通信オペレーターはブロードバンド・ネットワークに投資し、加入者ベースのオンラインビデオ・プラットフォームに統合して加入者を増やすことに役立てている。これによって、オンラインビデオ・オペレーターはキャリア請求を活用することが可能となり、決済インフラストラクチャーの市場限界を克服している。これは短期ではオンラインビデオ消費の推進に、長期ではARPUsの推進に寄与する」。

オンラインビデオ広告は2015年、アジア太平洋地域のデジタル広告支出の15%弱に達した。このシェアは2021年には22%に増大する。オンラインビデオ広告販売は2016年の90億米ドルに対し、毎年19%ずつ福利で増えて2021年には約220億米ドルになる。中国は2021年にオンラインビデオ広告のシェアが70%以上になる。

オンライン加入ビデオ・オンデマンド(SVOD)セグメントで、MPAは有料加入者が2016年の1億7700万から2021年には3億6000万に増加し、中国がその大半を占めると予測している。SVOD収益は2016年の37億米ドルから、毎年28%複利で増加して2021年には130億米ドルに達する。中国はこの大多数を占め、2021年に80%以上になる。東南アジアのSVOD機会は底辺からではあるが急成長し、2021年には約2億米ドルの収益に達する。

アジア太平洋地域の固定ブロードバンド加入者は2016年に3億4500万に達し、2021年には4億2500万になる。家庭ブロードバンド平均普及率は2016年の35%から2021年には41%に伸びる。モバイルブロードバンドは2021年にはアジア太平洋地域の人口の79%に普及する。2016年の普及率は46%。

詳細については以下に連絡を。

LavinaBhojwani

lavina@media-partners-asia.com

▽Media Partners Asiaについて

Media Partners Asia(MPA)の分析は、メディア・通信業界のさまざまセクターを対象にし、データ、研究、実行可能な知見を提供して企業が新規市場への参入を拡大し現在の業績および将来の成長軌道を評価することを支援する。同社の顧客には、メディア・通信所有者、流通業者、政策決定者、通商組織、テクノロジー企業、金融機関などが含まれる。

▽問い合わせ先

Mike Savage

Editor, Media Business Asia

www.mediabusinessasia.com

VP, Content, Media Partners Asia

www.media-partners-asia.com

Dir: +852 2815 8715

Tel: +852 2815 8710

Email: mike@media-partners-asia.com

Twitter: @MediaBizAsia

Media Partners Asia Limited, Suite 13A, 50 Stanley Street, Hong Kong

ソース:Media Partners Asia

Asia Pacific Online Video Opportunity Forecast at US$35 Billion by 2021

PR64137

HONG KONG, SINGAPORE and MUMBAI, Apr. 18, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

According to a new report published today by Media Partners Asia (MPA), Asia

Pacific online video revenue is expected to reach US$35 billion by 2021, an

average annual growth of 22% from US$13 billion in 2016. China will remain the

largest market, accounting for 76% of Asia Pacific online video revenue by

2021. Japan, Australia, Korea and India will also be significant, in aggregate

accounting for 17% of regional online video revenue by 2021.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160418/8521602480

The report, entitled Asia Pacific Online Video Distribution, covers 14 Asia

Pacific markets, tracking the growth of advertising and subscription-based

online video, as well as mobile and fixed broadband networks. Commenting on the

report findings, MPA executive director Vivek Couto said:

"The growth of broadband, combined with slow but progressive change in content

licensing, is driving demand for online video services. However, the

distribution of driver local content online remains modest, especially outside

of China, India and Korea. This is evident in Southeast Asia, where broadband

penetration is growing rapidly but from a low base in most markets Telecom

operators in these markets are investing in broadband networks and integrating

with subscription-based online video platforms to help drive subscriptions.

This allows online video operators to utilize carrier billing, overcoming

market limitations in payment infrastructure. It's a bet to drive online video

consumption in the short term and ARPUs in the long term."

Online video advertising accounted for less than 15% of Asia Pacific digital ad

spend in 2015. This share will grow to 22% by 2021. Online video ad sales will

reach approximately US$22 billion by 2021 versus US$9 billion in 2016, a 19%

CAGR. China will represent more than 70% of the online video advertising pie by

2021.

In the online subscription video-on-demand (SVOD) segment, MPA expects total

paying customers to grow from 177 million by 2016 to 360 million by 2021, with

China contributing the majority. SVOD revenue will reach US$13 billion by 2021,

a 28% CAGR from US$3.7 billion in 2016. China will again contribute the

majority, representing more than 80% by 2021. The Southeast Asia SVOD

opportunity will grow rapidly but from a low base, representing about US$200

million in revenue by 2021.

Asia Pacific fixed broadband subs will reach 345 million in 2016, and grow to

425 million by 2021. Average broadband household penetration will grow from 35%

in 2016 to 41% in 2021. Mobile broadband will reach 79% of the Asia Pacific

population by 2021, versus 46% in 2016.

For more information, please contact Lavina Bhojwani:

lavina@media-partners-asia.com

About Media Partners Asia

Media Partners Asia (MPA) analysts cover a variety of sectors within the media

& telecoms industry, providing data, research and actionable insights that help

businesses expand their reach into new markets and benchmark their current

performance and future growth trajectory. Our clients include media & telecoms

owners, distributors, policymakers, trade bodies, technology companies and

financial institutions.

Mike Savage

Editor, Media Business Asia

www.mediabusinessasia.com

VP, Content, Media Partners Asia

www.media-partners-asia.com

Dir: +852 2815 8715

Tel: +852 2815 8710

Email: mike@media-partners-asia.com

Twitter: @MediaBizAsia

Media Partners Asia Limited, Suite 13A, 50 Stanley Street, Hong Kong

SOURCE  Media Partners Asia

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中