パリ協定の気候目標を満たすためには、先見の明のある政策が必要

グローバルCCSインスティテュート

2016/4/22 13:33

パリ協定の気候目標を満たすためには、先見の明のある政策が必要

AsiaNet 64193(0499)

【メルボルン(オーストラリア)2016年4月22日AAPメディアネット・インターナショナル=共同通信JBN】政治指導者による大胆な政治公約は、グローバルCCSインスティテュート(Global CCS Institute)のブラッド・ペイジ最高経営責任者(CEO)によると、地球温暖化対策に関するパリ協定の野心的目標を達成するための唯一のルートである。

155カ国がこの歴史的協定に署名する意思を表明する中で、ペイジ氏は、実証済みの炭素回収・貯蔵(CCS)技術によって二酸化炭素(CO2)排出に対処するための緊急の行動を呼び掛けている。

ペイジ氏は「現実世界のこれらの厳しい気候上の目標を達成するため、われわれは世界経済のあらゆる可能なセクターからの排出を減らさなければならない。そして、それを緊急かつ先入観なしに行わなければならない」と語った。

「全ての低炭素技術は、再生可能エネルギー、原子力、エネルギー効率、CCSを含めた話し合いの一部でなくてはならない」

「これらの野心的な目標を達成するためには、今後30年にわたり多くの政治的な勇気ある行動と、技術の進歩、政策設計、資金調達に関する大規模な国際協力への揺るぎないコミットメントが必要である」

「世界的には、2030年までに2400以上の新たな石炭火力発電所を建設することが既に計画されている。これは今後数十年先もなお稼働している数百の既存施設については言及していない。CCSはこれら施設に事実上、既に閉じ込められている排出を抑えるために不可欠である」

「衰えることのない石炭発電をガスに置き換えたとしても、温室効果ガス排出を制限し、所定の目標を十分に満たすには、世界的には不十分である。ガス火力発電所は完全な排出削減能力を実現するにはなおCCSを必要とする」

「これらの現実を踏まえると、2007年からの世界的なCCS投資は200億米ドルに満たないということを認識することは重要である」

「比較のために、再生可能な発電技術は、政策の不一致により、同じ期間で約100倍に上る投資の恩恵を受けている」

「電力分野以外では、世界のCO2排出の4分の1(25%)は鉄鋼、セメント、石油化学精製、化学製品、肥料製造などの産業分野に由来している」

「CCSはこれらの産業プロセスからの排出の大規模な削減を達成し得る唯一の技術である」

「COP21の交渉の成功から分かるように、世界が気候変動で効果的な行動を実現する唯一の方法は、国際協力への断固とした長期的なコミットメントを通じてである」

ソース:Global CCS Institute

Visionary policies needed to meet Paris climate targets

PR64193

MELBOURNE, Australia, Apr. 22, 2016/Medianet International=KYODO JBN/ --

EMBARGOED to 0600 hrs GMT, 22 April 2016: Bold policy commitments from

political leaders are the only route to achieving the ambitious targets of the

Paris Climate Agreement, according to Brad Page, Chief Executive Officer of the

Global CCS Institute.

With 155 countries indicating their intention to sign the historic agreement,

Mr Page has called for urgent action to address carbon dioxide (CO2) emissions

through proven carbon capture and storage (CCS) technology.

"In order to meet these demanding climate targets in the real world, we've got

to reduce emissions from every possible sector of the global economy, and we've

got to do it urgently and without bias," said Mr Page.

"All low carbon technologies must be part of the conversation - including

renewables, nuclear power, energy efficiency, and CCS.

"Achieving these ambitious targets will require many acts of political courage

over the next three decades, and an unwavering commitment to deep international

collaboration on technological advancement, policy design, and funding.

"Globally, more than 2,400 new coal-fired power stations are already planned

for construction by the year 2030. This says nothing of the hundreds of

existing facilities that will still be in operation for the coming decades

ahead. CCS is vital to limiting the emissions that are effectively already

locked in by these facilities.

"Even replacing unabated coal power with gas is insufficient for the world to

limit greenhouse gas emissions sufficiently to meet its own nominated targets.

Gas-fired power plants still require CCS in order to realise their full

emissions reduction potential.

"In light of these realities, it's important to acknowledge that global CCS

investment since 2007 has been less than US$20billion.

"For the sake of comparison, renewable power generation technologies have

benefitted from investment of around 100 times that amount over the same

period, due to policy disparity.

"Outside of the power sector, one quarter (25 percent) of the world's CO2

emissions result from industrial sectors such as iron and steel, cement,

petrochemicals refining, and chemicals and fertiliser manufacturing.

"CCS is the only technology that can achieve large reductions in emissions from

these industrial processes.

"As we have seen from the success of the COP21 negotiations, the only way the

world will achieve effective action on climate change is through a determined

long-term commitment to international collaboration."

SOURCE: Global CCS Institute

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中