現代建築の名人、I・M・ペイ氏が99歳の誕生日を祝う

NYR.com

2016/4/25 19:10

現代建築の名人、I・M・ペイ氏が99歳の誕生日を祝う

AsiaNet 64218(0508)

【ニューヨーク2016年4月25日PR Newswire=共同通信JBN】

NYR.com(http://nyr.com/ )-世界的に有名な建築家であるI・M・ペイ氏は4月26日に99歳の誕生日を祝う。

イオ・ミン・ペイ氏は1917年、中国・広州で成功した銀行家の息子として生まれた。建築を学ぶためにニューヨークに移り、1955年に最初の建築事務所を開いた。

香港の中国銀行香港支店やパリのルーブル美術館のピラミッドの設計で有名になった。作品の多くは米国にあり、ニューヨーク57番街のフォーシーズンズホテル、ボストンのジョン・F・ケネディ図書館、ワシントンのナショナルギャラリー東館、クリーブランドのロックの殿堂などがある。これらの脚光を浴びた建築物は力強く、並外れた明晰さを印象付けている。

I・M・ペイ氏が手掛けた唯一の高級集合住宅であるマンハッタン中央部の西56番街33番地にあるセンチュリオン・コンドミニアム(The Centurion Condominium)は、2008年にPei Partnership Architectsでペイ氏の息子たちとの協力で設計されたものである。

センチュリオン・コンドミニアムは、ニューヨークの高級集合住宅の中で最も建築学的に特筆すべき、他に例を見ない物件の1つである。壮大なペントハウスを除き、ほとんどが売り切れている。販売仲介を独占しているNew York Residence, Inc.のトーマス・ガス氏は「それ以外でも転売の物件が時々出回ることがある。価格は250万ドルちょうどから」と話している。

物件のアメニティーとしては24時間サービスのコンシェルジュ、ドアマン、フィットネスセンター、それに豪華なロビーの一部にはウォーターフォールもある。

ニューヨークの力強い不動産市場への投資を望んでいる方、あるいは自身の資産ポートフォリオにコレクターズアイテムを加えたいと考えている方は、www.NYR.com を閲覧するか、または次の連絡先にメールを送るか、電話をいただきたい。

Thomas Guss at TG@NYR.com

電話+1-(212)-888-5633

I・M・ペイ氏はこの建物に個人的に思い出深いものがある、と語っていた。プロジェクトとその立地場所に個人的なコネクションがあるからだ、という。センチュリオンはセントラルパークや5番街の高級品店まで歩いていける距離にある。

存命の建築家の中で最も称賛されているペイ氏は世界にわたる革新的な建築の仕事の70年間を回顧し、「ニューヨークはいまだに世界中で一番エキサイティングな街だ。それは生命と共に鼓動する。そして建築は生命を写す鏡である」と語っている。

▽問い合わせ先

Thomas Guss

+1.212.360.7000

TG@NYR.com

ソース:NYR.com

I.M. Pei, Master Of Modern Architecture, Celebrates His 99th Birthday

PR64218

NEW YORK, Apr. 25, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

/NYR.com (http://nyr.com/ )/ -- World-renowned architect, I.M. Pei, celebrates

his 99th birthday on April 26th.

Ieoh Ming Pei was born in Guangzhou, China in 1917, the son of a prominent

banker. He moved to New York to study architecture and established his first

architectural firm in 1955.

Pei became famous for designing the Bank of China Building in Hong Kong and the

Pyramid at the Louvre in Paris. Many of his best buildings may be found in the

United States, including the Four Seasons Hotel on 57th Street in New York, the

John F. Kennedy Library in Boston, the National Gallery of Art's East Building

in Washington, and the Rock and Roll Hall of Fame in Cleveland. These

light-flooded structures are powerful and impress with exceptional clarity.

I.M. Pei's only condominium building, The Centurion Condominium at 33 West 56th

Street in the heart of Manhattan, was designed in 2008, with his sons at Pei

Partnership Architects.

The Centurion Condominium is seen as one of the most architecturally

significant and exclusive condominiums in New York City. It is nearly sold out,

with the exception of a magnificent penthouse. "In addition, sometimes we are

able to offer a resale apartment at the building, starting from just $2.5

million," says the building's exclusive broker, Thomas Guss of New York

Residence, Inc.

The amenities of the property include a 24-hour concierge, doorman, fitness

center, and a private waterfall as part of its impressive lobby.

Those who want to invest in the strong New York real estate market and add a

true collector's item to their property portfolio, can view www.NYR.com, send

an email to Thomas Guss at TG@NYR.com or call +1-(212)-888-5633.

I.M. Pei stated that the building has a lot of emotional content for him

because of his personal connection to the project and its location. The

Centurion is located within walking distance of Central Park and the most

luxurious shops on Fifth Avenue.

Pei, now the world's most celebrated living architect, looks back at 70 years

of groundbreaking architectural work across the globe. "Still, New York is the

most exciting city in the world. It is pulsating with life - and architecture

is the mirror of life," says Pei.

Contact:

Thomas Guss

+1.212.360.7000

TG@NYR.com

SOURCE  NYR.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中