メルクがバイオ医薬品向けの初の多用途の使い捨て無菌コネクターを発売

メルク

2016/4/27 10:08

メルクがバイオ医薬品向けの初の多用途の使い捨て無菌コネクターを発売

AsiaNet 64205(0513)

【ダルムシュタット(ドイツ)2016年4月26日PR Newswire=共同通信JBN】

*流路が濡れて加圧されていても、ユーザーは接続、再接続、切断が可能

*新しいLynx(R)CDRコネクターはより迅速かつ経済的なバイオ医薬品の流体管理を促進

サイエンス・テクノロジー大手のメルク(Merck)(http://www.merckgroup.com/en/index.html )は26日、バイオ医薬品業界の流体管理を改善するクラス初のLynx CDRコネクター (http://www.emdmillipore.com/US/en/20160227_183009 )を発売すると発表した。Lynx CDRコネクターはニューヨークで4月26-28日に開かれるInternational Pharmaceutical Expo(INTERPHEX)でデビューする。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160421/358559

メルクのライフサイエンス事業部門(http://www.emdgroup.com/emd/products/life_science/life_science.html )のウディット・バトラ最高経営責任者(CEO)は「Lynx CDRコネクターは医薬品流体の管理法を変え、医薬品製造コストを下げる。Lynx CDRコネクターは無菌流体接続の新たな標準を設定し、使いやすさと信頼性を劇的に改善する」と語っている。

無菌から無菌への流体接続をシンプルで信頼できるものにすることは、バイオ製造の成功にとって不可欠である。これまでの使い捨てコネクター技術によって、ユーザーは機器の無菌接続を1つだけにすることが可能になったが、ユニット操作ごとに複数の機器の使用が必要だった。また、これまでの技術では接続、切断の間に乾燥した非加圧の流路が必要だった。業界標準は医薬品製造プロセスの全ての段階で生産性の向上と効率の改善を求めており、これらの制約にはリソースとコストがかかる。Lynx CDRコネクターにより、流路が濡れて加圧されていても、ユーザーはより迅速かつ経済的な流体管理を行うことができる。

Lynx CDRコネクター(http://www.emdmillipore.com/US/en/20160227_183009 )は、伝統的に上流、下流の処理で使われている時間のかかるチューブ溶接プロセスとコストの高いマニフォールド形状に対するフェイルセーフの代替品を顧客に提供する無菌の接続、切断、再接続を通じ、効率的な流体管理を可能にする。このコネクターは、効率的な流体管理のために、1つの使い捨て機器からの6つの無菌の接続、切断、再接続を提供する。

INTERPHEXの参加者はメルクの製品を詳しく知るためにブース#2841を訪問し、同社の専門家と話し合っていただきたい。Twitter @merckgroupでフォローを。

▽メルク(Merck)について

メルクはヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野におけるサイエンス・テクノロジーの大手企業である。がんや多発性硬化症を治療するバイオ医薬品療法や科学研究・生産に関する最先端システムからスマートフォンやLCDテレビの液晶まで、暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指して約5万人の従業員が働いている。2015年のメルクの売上高は66カ国で128億5000万ユーロに上った。

1668年創業のメルクは、世界で最も歴史のある製薬・化学品会社である。創業家は上場株式の過半数を今なお保有している。メルク本社はドイツのダルムシュタットにあり、メルクの名称とブランドの世界的権利を保有している。唯一の例外は米国およびカナダであり、両国ではEMD Serono、EMD Millipore、EMD Performance Materialsとして事業を行っている。

メルクの全てのニュースリリースは電子メールで配信されると同時に、メルクのウェブサイトにも掲載される。オンラインでの登録、このサービスの選択変更・中止はwww.merckgroup.com/subscribe を参照。

▽問い合わせ先

Karen Tiano

+1-978-495-0093

ソース:Merck

Merck Introduces First Multi-use Disposable Sterile Connectors for Biopharma at INTERPHEX 2016

PR64205

DARMSTADT, Germany, Apr. 26, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

   - Users can connect, reconnect and disconnect even when flow path is wet

     and pressurized

   - New Lynx(R) CDR connectors facilitate faster and more economic biopharma

     fluid management

   Merck (http://www.merckgroup.com/en/index.html ), a leading science and

technology company, today announced the launch of its first-in-class Lynx(R)

CDR connectors (http://www.emdmillipore.com/US/en/20160227_183009 ) to improve

fluid management in the biopharma industry. The Lynx(R) CDR connectors debut at

the International Pharmaceutical Expo (INTERPHEX) event in New York, New York,

April 26-28.

   Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160421/358559

   "Lynx(R) CDR connectors will change the way pharmaceutical fluids are

managed, lowering drug manufacturing costs," said Udit Batra, CEO, Life Science

at Merck(http://www.emdgroup.com/emd/products/life_science/life_science.html).

"The Lynx(R) CDR connectors set a new standard for sterile fluid connections,

dramatically improving ease of use and reliability."

   Making simple, reliable, sterile-to-sterile fluid connections is critical to

successful biomanufacturing. Previous disposable connector technology allowed

users to make only a single sterile connection per device, requiring the use of

multiple devices per unit operation. Previous technology also required a dry,

non-pressurized flow path during connection and disconnection. These

limitations are resource- and cost-intensive when industry standards demand

increased productivity and improved efficiency at all stages of the drug

manufacturing process. With the Lynx(R) CDR connectors, users can perform

faster, more economic fluid management when the flow path is wet and

pressurized.

   Lynx(R) CDR connectors (http://www.emdmillipore.com/US/en/20160227_183009 )

allow efficient fluid management through sterile connection, disconnection and

reconnection giving customers a fail-safe alternative to the time-consuming

tube welding processes and costly manifold configurations traditionally used in

upstream and downstream processing. The connectors provide efficient fluid

management with six sterile connections, disconnections and reconnections from

one disposable device.

   INTERPHEX attendees should visit booth #2841 to learn more about Merck's

products and speak with company experts. Follow us on Twitter @merckgroup.

   About Merck

   Merck is a leading science and technology company in healthcare, life

science and performance materials. Around 50,000 employees work to further

develop technologies that improve and enhance life - from biopharmaceutical

therapies to treat cancer or multiple sclerosis, cutting-edge systems for

scientific research and production, to liquid crystals for smartphones and LCD

televisions. In 2015, Merck generated sales of EUR12.85 billion in 66 countries.

   Founded in 1668, Merck is the world's oldest pharmaceutical and chemical

company. The founding family remains the majority owner of the publicly listed

corporate group. Merck, Darmstadt, Germany holds the global rights to the Merck

name and brand. The only exceptions are the United States and Canada, where the

company operates as EMD Serono, MilliporeSigma and EMD Performance Materials.

   All Merck news releases are distributed by email at the same time they

become available on the Merck website. Please go to:

www.merckgroup.com/subscribe to register online, change your selection or

discontinue this service.

   CONTACT: Karen Tiano

            +1-978-495-0093

   SOURCE:  Merck  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中