iPointが民間セクターの人身売買・奴隷廃止法令の報告書作成フレームワークを提供

iPoint-systems

2016/4/27 13:59

iPointが民間セクターの人身売買・奴隷廃止法令の報告書作成フレームワークを提供

AsiaNet 64231 (0524)

【ロイトリンゲン(ドイツ)2016年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】

*iPoint-systemsはオープンアクセスの奴隷廃止リポーティング・テンプレートを提供

紛争鉱物、RoHS(特定有害物資の使用制限指令)、REACH(化学物質の登録、評価、認可・制限)、EH&S(安全衛環境生指令)の分野におけるコンプライアンスと持続可能性ソリューションに関するソフトウエア・サービスのリーディングプロバイダーであるiPoint-systemsは、民間セクターを対象とする人身売買、奴隷廃止法令の受諾フレームワークを公表したと発表した。

  Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160426/359936

米国、EU、英国における関連立法が、テーマについて相互に関係しているかどうかを示すことは、関連するプログラムを作成する企業を支援するだけでなく、さらに総合的な義務ベースのリポーティングとコンプライアンスソリューションを作成するための情報を提供する。

このフレームワークの作成者であるクリス・バイエル博士は「特に最近の7つの法令は、供給・備蓄チェーンにおける奴隷状態の労働条件を管理する、問題のある企業に挑戦したものである。共同責任に沿った奴隷廃止プログラムの作成が(問題解決の)1つである。必要なシステムを実行するようすべての供給チェーンを動員することは、より一層大変なタスクである」と語った。

このフレームワークの公表は、正面で向き合って新たな問題に対処するiPointの第1歩である。同社のイエルク・ウォルデン最高経営責任者(CEO)は「当社顧客は、ビジネスセンスもある責任を前提とするソフトウエア・ソリューションを求めている。これこそ当社が提供しようとしているものである」と語った。

iPointにとって次のステップは、企業がその供給チェーンの報告所作りに利用できる、オープンアクセス可能な奴隷廃止リポーティング・テンプレートである。この目的を果たすeLRT(Electronic Labor Rights Template、電子的労働権問題テンプレート)ツールは現在、民間セクター、市民社会、政府代表で構成される利害関係者フォーラムによって精査されており、当面のリポーティング要件、リスクにさらされている労働慣行に対するテンプレートの感度、堅ろう性、応答性を確かなものにする。フレームワークと併せて、テンプレートはウェブサイトhttp://www.elrt.org でダウンロードできる。

▽iPointについて

iPointは、環境と社会的な製品のコンプライアンスおよび持続可能性に対するソフトウエアおよびコンサルティングの世界有数のプロバイダーである。世界の数千の企業は、すべての価値創造ネットワークにわたるデータの管理、追跡、分析、報告のためにiPointを頼りにしている。iPointのソフトウエアとコンサルティングサービスは、REACH、RoHS、WEEE(電気・電子機器廃棄物指令)、ELV(廃自動車指令)、紛争鉱物、コンプライアンスと持続可能性分野におけるその他目の前にある事態発展などの規制と要件に先だって、会議を開き一歩先を行くことを支援する。

詳細はipoint-systems.com/  http://www.ipoint-systems.com 参照

▽報道機関問い合わせ先

Dr. Katie Boehme ,

iPoint-systems gmbh, Global Marketing & Communications,

+49-(0)7121-1-44-89-60,

katie.boehme@ipoint-systems.de

ソース:iPoint-systems

iPoint Releases Framework of Human Trafficking and Slavery Laws for Private Sector

PR64231

REUTLINGEN, Germany, Apr. 27 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     iPoint-systems to Provide Open-Access Anti-Slavery Reporting Template

    iPoint-systems, a leading software and services provider offering

compliance and sustainability solutions in the Conflict Minerals, RoHS, REACH,

and EH&S area, is pleased to announce the publication of a commissioned

framework of human trafficking and slavery laws directed at the private sector.

    (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160426/359936 )

    Showing how the relevant legislation in the USA, EU, and UK relate to each

other thematically may not only assist companies in their design of relevant

programs, but furthermore informs the design of an integrated, liability-based

reporting and compliance solution.

    "Seven recent laws in particular challenge companies to control for

slavery-like conditions in their supply and provision chains," observes Dr.

Chris Bayer, the author of the framework. "The design of anti-slavery programs

in line with corporate liabilities is one thing. Mobilizing entire supply

chains to implement required systems is the much more formidable task."

    The publication of this framework is iPoint's first step in meeting the new

challenge head-on. "Our customers demand liability-premised software solutions

that also make business sense," remarks iPoint's CEO Joerg Walden. "This is

what we are in the process of delivering."

    The next step for iPoint is to make public an open-access anti-slavery

reporting template that businesses may use for their supply chain reporting

needs. To this end, the tool, aka eLRT (Electronic Labor Rights Template), is

currently being reviewed by a stakeholder forum comprised of private sector,

civil society, and government representatives to ensure the template's

sensitivity, robusticity, and responsiveness to the present reporting

requirements and at-risk labor practices. The template, along with the

framework, will be available for download on the website http://www.elrt.org.

    About iPoint

    iPoint is a leading provider of software and consulting for environmental

and social product compliance, and sustainability. Thousands of companies

around the globe rely on iPoint for managing, tracking, analyzing, and

reporting data across the whole value creation network. iPoint's software and

consulting services support you in meeting and staying one step ahead of

regulations and requirements such as REACH, RoHS, WEEE, ELV, Conflict Minerals,

and other trending developments in the compliance and sustainability arena.

    ipoint-systems.com/ [http://www.ipoint-systems.com ]

     Press Contact: Dr. Katie Boehme, iPoint-systems gmbh, Global Marketing &

Communications, +49-(0)7121-1-44-89-60, katie.boehme@ipoint-systems.de

SOURCE: iPoint-systems

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中