マグロは世界経済に少なくとも年間422億ドル貢献とPew報告書

The Pew Charitable Trusts

2016/5/3 14:37

マグロは世界経済に少なくとも年間422億ドル貢献とPew報告書

AsiaNet 64292(0553)

【ワシントン2016年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*報告書はマグロ個体数管理の改善の必要性を強調

The Pew Charitable Trustsが3日発表した報告書によると、マグロ漁船はその漁獲を通じて世界経済に年間420億米ドル以上の貢献をしている。

「何十億もの漁獲:マグロの世界的評価額」(Netting Billions: A Global Valuation of Tuna)と題された報告書は、2012年と2014年に漁獲された商業的に最も重要なマグロ7種を対象にした主要な商業漁業の世界的価値を推定している。分析によると、漁業従事者に支払われた年間報酬は総額100億ドルから120億ドルに上り、一方、世界中のスーパーマーケットやレストランで最終消費者が支払った合計金額を含む総価額は、2014年は少なくとも420億ドルだった。

Pewの世界マグロ保存担当ディレクター、アマンダ・ニクソン氏は「マグロがビッグビジネスであることは隠すまでもない。われわれは今、初めて、商業的、生態学的に重要なこれらの魚の保存と持続可能な管理のための戦いの中で問われているものに実際の価格を付けることができる」と語った。

ニクソン氏は「全体では、マグロの価値は少なくとも108カ国の国内総生産よりも大きい。商業に関係した沿岸諸国の経済的利益を考えれば、マグロは、各国政府が全力を尽くして保護すべき資源である」と付け加えた。

この分析はまた、海域、種、マグロ漁獲に使用される道具ごとのデータを提供している。データによると、太平洋での総漁獲高は最高の金額になっており、2014年は220億ドルと推定されている。

推定金額を種ごとに分析すると、カツオ(ほとんどは缶詰になる)の漁獲高は全てのクロマグロ種を合わせたよりも多額であるが、それは単に毎年漁獲されるカツオの量が大きいためである。個体当たりで価値を比較検討すると、クロマグロの価格は圧倒的に高値を付けられている。クロマグロは全体で、世界の市場において少なくとも年間20億ドルから25億ドルを生み出している。

Pewの報告書は、一部は乱獲されているマグロの個体数を管理するため、漁業経営者が包括的、予防的な取り組みをすれば、世界のマグロ資源の価値は高まる、と結論付けている。科学者の最近の結論によると、太平洋クロマグロの個体数は、歴史上、漁獲が行われていなかったときの水準よりも97.4%減少している。同様に、西部・中部太平洋のメバチマグロは84%減少した。

ニクソン氏は「短期の経済的利益はしばしば経営上の意思決定を動かすが、責任ある先進的な経営にはもっと大きな価値が見つけられるべきである。監督責任を負う政府は、科学的根拠のある漁獲制限と近代的管理手段の導入に向けた進展を阻む障害を取り除かなければならない」と語った。

ニクソン氏は「数百万人の人々が住む無数の沿岸コミュニティーの経済的安定は、それによって決まる」と付け加えた。

この推定には、海洋の生態系保護の価値、レクリエーション活動や観光によって生み出される収益など、マグロによるそれほど明確でない利益は含まれていない。これらは恐らく劇的にこれらの種の全体的な価値を高めるだろう。

この報告書は、英国に本社を置くコンサルティング会社Poseidon Aquatic Resource Management Ltd.からPewが委託された分析を要約している。

The Pew Charitable Trustsは今日の最も困難な問題を解決するため、知識の力によって動かされている。詳細はwww.pewtrusts.org を参照。

Mike Crispino, +1 202-540-6380, mcrispino@pewtrusts.org

ソース:The Pew Charitable Trusts

Pew: Tuna Contributes at Least $42.2 Billion Annually to Global Economy

PR64292

WASHINGTON, May 3, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

--Report underscores need for improved management of tuna populations

Fishing vessels catch enough tuna to contribute more than US$42 billion to the

global economy annually, according to a report released today by The Pew

Charitable Trusts.

The report, Netting Billions: A Global Valuation of Tuna, estimates the

worldwide value of the primary commercial fisheries targeting the seven most

commercially important tuna species caught in 2012 and 2014. The analysis found

that the amount paid to fishermen ranged from $10 billion to $12 billion a

year, while the full value-including the total amount paid by the final

consumer at supermarkets and restaurants around the world-was at least $42

billion in 2014.

"It's no secret that tuna are big business," said Amanda Nickson, Pew's

director of global tuna conservation. "Now, for the first time, we're able to

put an actual price on what's at stake in the fight for the conservation and

sustainable management of these commercially and ecologically important fish.

"All told, the value of tuna is greater than the gross domestic product of at

least 108 countries," Nickson added. "Given the economic gains for coastal

economies connected to the commercial industry, tuna is an asset that every

government should make every effort to protect."

The analysis also provides data by ocean region, species, and gear used to

catch tuna. According to the data, the total catch in the Pacific Ocean has the

highest value, estimated at $22 billion in 2014.

When the estimated value is analyzed by species, skipjack tuna-most often found

in cans-is worth more than all bluefin species, but only because of the volume

of skipjack caught every year. If value is considered by individual fish,

bluefin is by far the most highly prized. Together, bluefin species generate at

least $2 billion to $2.5 billion a year in the global marketplace.

Pew's report concludes that the value of global tuna stocks can increase if

fishery managers take a comprehensive and precautionary approach to managing

these populations, some of which are overfished. Scientists recently concluded

that the Pacific bluefin tuna population has declined by 97.4 percent from its

historic unfished levels. Likewise, bigeye tuna in the western and central

Pacific have declined by 84 percent.

"Short-term economic gains often drive management decisions, but there is far

more value to be found in responsible, forward-thinking management," Nickson

said. "The governments responsible for oversight must remove the barriers that

block progress toward adopting science-based catch limits and modern management

tools.

"The economic security of countless coastal communities that are home to

millions of people depends on it," Nickson added.

The estimates do not include less tangible benefits from tuna, such as the

value of preserving ocean ecosystems or the revenue generated by recreational

activities and tourism, all of which probably would dramatically increase these

species' total worth.

The report summarizes an analysis that Pew commissioned from Poseidon Aquatic

Resource Management Ltd., a consulting firm based in the United Kingdom.

The Pew Charitable Trusts is driven by the power of knowledge to solve today's

most challenging problems. Learn more at www.pewtrusts.org.

Mike Crispino, +1 202-540-6380, mcrispino@pewtrusts.org

SOURCE:  The Pew Charitable Trusts

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中