KepwareがフラグシップのIndustrial Connectivity Platformの最新バージョンをリリース

Kepware Technologies

2016/5/6 10:14

KepwareがフラグシップのIndustrial Connectivity Platformの最新バージョンをリリース

AsiaNet 64271(0544)

【ポートランド(米メーン州)2016年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】産業コネクティビティーに特化するソフトウエア開発企業Kepware(R)Technologies(https://www.kepware.com/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire )は5日、KEPServerEX(R)(https://www.kepware.com/products/kepserverex/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire )バージョン5.20ソフトウエアをリリースしたと発表した。主な強化点は、ビルディングオートメーション、製造、石油&ガスを含むいくつかのバーティカル産業の顧客向けの追加デバイスとインターネット・オブ・シングス(IoT)コネクティビティーを提供することである。

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160428/361239

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160428/361240

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130402/NE86794LOGO

Kepwareのプラットフォーム担当プレジデントであるトニー・ペイン氏は「最新製品をリリースする当社の目標は、既存の設備の需要に応えるとともに、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)向けの新機能を開発することにある。今日の要件と将来の可能性をサポートする当社のコミットメントによって、当社はフラグシップ製品に多くのアップデートを施すことができた。その中にはBACnet/IPドライバーと最新のThingWorx(R)エージェントがあり、当社はIoT Gateway関連製品を拡大した。

機能が強化されたBACnet/IP(https://www.kepware.com/products/kepserverex/drivers/bacnet-ip/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire )ドライバーは、Accumulator Standard Object、Object-Level Command Priority、Alarm and Event Servicesを新しくサポートすることによって、さらに多くのコネクティビティーとコントロールのオプションをビルディングオートメーション業界のユーザーに提供する。今回のアップデートは世界中、中でも日本で急増する需要に応えるために行われ、この需要はビルディングオートメーションのためのエネルギー効率イニシアチブ、スマートビルディングデザイン、システムインテグレーションへの取り組みによって主導されている。

ThingWorxエージェントは、KEPServerEX向けのIoT Gateway(https://www.kepware.com/products/kepserverex/advanced-plug-ins/iot-gateway/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire )で現在利用可能であり、ThingWorx IoT Platoform(http://www.ptc.com/internet-of-things/technology-platform-thingworx )との相互運用性を向上させる。このエージェントによって、ユーザーは危険にさらされている工業データをハイスループットのセキュアなThingWorxバイナリ―プロトコルを使用してThingWorxに移動することができる。エージェントは2つのテクノロジーの間でシームレスなユーザー体験を提供するだけでなく、親会社のPTC(http://www.ptc.com/ )(Nasdaq: PTC)を大手IoTソフトウエアプロバイダーとして発展させた。IoT Gatewayに追加されたアップデートには、MQTT write、Array write、Cross Origin Resource Sharing(CORS)へのサポートが含まれている。

LNS Researchのプレジデント兼主席アナリストであるマシュー・リトルフィールド氏は「当社の最新調査によると、60%以上の生産企業は現在、Industrie 4.0ないしはSmart Manufacturingなどのデジタル変革イニシアチブに取り組んでいる。これらの変革を実現するテクノロジーは、コネクティビティー、クラウド、ビッグデータ分析、アプリケーション開発などを含むIIoT Platformである。Kepware IoT Gatewayのようなソリューションによって、企業はコスト効率に優れた形で従来のピラミッド型のコントロール組織から脱却し、可能な限り最も効率的な方法で情報を活用することができる」と語った。

今回のリリースは、Rockwell AutomationのL8およびL7モデルにおけるファームウエア・バージョン28へのサポートが付加されたAllen-Bradley ControlLogix Ethernetドライバーを含む、最大30のドライバーと高度なプラグインに対するアップデートを搭載する。

追加資料

*KEPServerEXバージョン5.20に関する詳細はウェブサイトhttps://info.kepware.com/kepserverex-version-520-release-lead?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire を参照し、無料の全機能があるトライアル版をダウロード。

*販売の詳細については電話+1 888-KEPWARE (537-9273) x208か、電子メールsales@kepware.com で問い合わせを。

▽Kepware,Inc.について

Kepware(https://twitter.com/Kepware ) Technologiesは米メーン州ポートランドに本社を置くソフトウエア開発企業である。Kepwareは企業がさまざまなオートメーション機器およびソフトウエア・アプリケーションに接続することを支援し、インダストリアル・インターネット・オブ・シングスを可能にする一連のソフトウエア・ソリューションを提供する。Kepwareは製造、石油・天然ガス、ビルディングオートメーション、電気・公益事業などを含む世界のさまざまな垂直市場の幅広い顧客に対し、工場や油井から風力発電ファームに至るサービスを提供する。Kepwareは1995年に創立され、そのソフトウエア・ソリューションは現在100カ国以上で販売され、数多くの企業の事業および意思決定の向上を支援している。詳細はウェブサイトwww.kepware.com を参照。

▽PTCについて

PTC(NASDAQ: PTC)は企業がインターネット・オブ・シングス(IoT)の「モノ」を開発、運営し、そのサービスを提供する方法を変革するテクノロジー・プラットフォームおよびソリューションの世界的なプロバイダーである。同社の次世代ThingWorx(R)テクノロジー・プラットフォームは、デベロッパーがスマート、コネクテッド製品およびシステムから生成される大量のデータを補足、分析、利用するために必要なツールを提供する。現場で実績がある同社のソリューションは世界の企業2万6000社以上に導入され、製品ないしはサービスの優位性を生み出している。業界のオピニオンリーダーとみなされ、ハーバード・ビジネス・レビューでIoTがビジネスに与える影響に関する最も信頼されるガイド(http://www.ptc.com/internet-of-things/harvard-business-review )を共著した受賞歴があるPCTの最高経営責任者(CEO)。

▽報道関係問い合わせ先

Torey Penrod-Cambra

Kepware Technologies

+1 (207) 775-1660

torey.penrod-cambra@kepware.com

ソース:Kepware Technologies

Kepware(R) Releases New Version of Flagship Industrial Connectivity Platform

PR64271

PORTLAND, Maine, May 3, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Kepware(R) Technologies (

https://www.kepware.com/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire

), a software development company focused on industrial connectivity, today

announced the release of its KEPServerEX(R) (

https://www.kepware.com/products/kepserverex/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire

) version 5.20 software. Key enhancements offer additional device and Internet

of Things (IoT) connectivity for customers in several vertical industries,

including Building Automation, Manufacturing, and Oil & Gas.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160428/361239

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160428/361240

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20130402/NE86794LOGO

"Our goal with this latest product release is to balance the needs of existing

installations while developing new functionality for the Industrial Internet of

Things (IIoT)," said Tony Paine, Platform President, Kepware. "Our commitment

to supporting today's requirements and tomorrow's possibilities resulted in

many important updates to our flagship product-including improvements to our

BACnet/IP driver and a new ThingWorx(R) agent that expands our IoT Gateway

offering."

The enhanced BACnet/IP (

https://www.kepware.com/products/kepserverex/drivers/bacnet-ip/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire

) driver offers users in the Building Automation Industry even more options for

connectivity and control through its new support of the Accumulator Standard

Object, Object-Level Command Priority, and Alarm and Event Services. These

updates come amidst growing global demand-especially in Japan-driven by energy

efficiency initiatives, smart building design, and system integration efforts

for building automation.

The ThingWorx agent, now available in the IoT Gateway (

https://www.kepware.com/products/kepserverex/advanced-plug-ins/iot-gateway/?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire

) for KEPServerEX, provides improved interoperability with the ThingWorx IoT

Platform (http://www.ptc.com/internet-of-things/technology-platform-thingworx).

The agent enables users to move industrial data on the edge into ThingWorx

using the secure ThingWorx binary protocol for high throughput. This not only

provides a seamless user experience between the two technologies, but also

advances parent-company PTC (http://www.ptc.com/) (Nasdaq: PTC) as a leading

IoT software provider. Additional updates to the IoT Gateway include support

for MQTT writes, Array writes, and Cross Origin Resource Sharing (CORS).

"Our newest research shows that over 60% of industrial companies are now

working on a digital transformation initiative like Industrie 4.0 or Smart

Manufacturing," said Matthew Littlefield, President and Principal Analyst, LNS

Research. "The enabling technology for these transformations is the IIoT

Platform, including connectivity, cloud, big data analytics, and application

development. Solutions like the Kepware IoT Gateway allow companies to cost

effectively transcend traditional control hierarchies and use information in

the most effective way possible."

The release also features updates to 30 drivers and advanced plug-ins,

including the Allen-Bradley ControlLogix Ethernet driver with added support for

firmware version 28 across L8 and L7 models from Rockwell Automation.

Additional Resources

    -- Learn more about KEPServerEX version 5.20

       (

https://info.kepware.com/kepserverex-version-520-release-lead?utm_campaign=520-release&utm_content=kepserverex-product-release&utm_medium=press-release&utm_source=pr-newswire

)

       and download a free, fully-functioning trial.   

    -- Contact a representative at +1 888-KEPWARE (537-9273) x208 or

       sales@kepware.com for additional information.

About Kepware

@Kepware (https://twitter.com/Kepware) Technologies is a software development

company headquartered in Portland, Maine. Kepware provides a portfolio of

software solutions to help businesses connect diverse automation devices and

software applications and enable the Industrial Internet of Things. From plant

floor to wellsite to windfarm, Kepware serves a wide range of customers in a

variety of vertical markets including Manufacturing, Oil & Gas, Building

Automation, Power & Utilities, and more. Established in 1995 and now

distributed in more than 100 countries, Kepware's software solutions help

thousands of businesses improve operations and decision making. Learn more at

https://www.kepware.com.

About PTC

PTC (NASDAQ: PTC) is a global provider of technology platforms and solutions

that transform how companies create, operate, and service the "things" in the

Internet of Things (IoT). The company's next-generation ThingWorx(R) technology

platform gives developers the tools they need to capture, analyze, and

capitalize on the vast amounts of data being generated by smart, connected

products and systems. The company's field-proven solutions are deployed in more

than 26,000 businesses worldwide to generate a product or service advantage.

PTC's award-winning CEO, considered an industry thought leader, co-authored the

definitive guides to the impact of the IoT on business in the Harvard Business

Review (http://www.ptc.com/internet-of-things/harvard-business-review).

Media Contact

Torey Penrod-Cambra

Kepware Technologies

+1 (207) 775-1660

torey.penrod-cambra@kepware.com

SOURCE  Kepware Technologies

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中