JAソーラーが新たに1.5ギガワットの全自動モジュール製造施設をオープン

JAソーラー・ホールディングス

2016/5/9 11:53

JAソーラーが新たに1.5ギガワットの全自動モジュール製造施設をオープン

AsiaNet 64334(0565)

【北京2016年5月9日PR Newswire=共同通信JBN】世界最大級の高性能太陽光発電製品メーカーであるJAソーラー・ホールディングス(JA Solar Holdings Co., Ltd、以下「JAソーラー」)(Nasdaq:JASO)は9日、河北省ケイ台の最新モジュール製造施設で高性能太陽光発電(PV)パネルの量産を開始したと発表した。

ケイ台市の経済開発区にある新製造施設は、最新モジュール製造技術を駆使した全自動組立ラインで1.5ギガワットの年産能力がある。この施設は主としてJAソーラーの高効率PERCIUMセルを使用し、60セルおよび72セルのモジュールを生産することができる。

この施設に据え付けられたストリンガーは全て、はんだ付けのセル接触パターンを4母線か5母線に切り替えられる人工知能(AI)を備えている。組立ラインは、相互転換が容易な通常モジュールないしダブルグラス・モジュールを製造できる柔軟性がある。

標準の60および72セル・モジュール製造の全自動組立ラインは、施設の生産性を著しく引き上げる。1人当たり年産は業界最高の2メガワットと推定されている。さらに、この施設はモジュール組み立て、試験、測定、資材・商品倉庫など各種機能を1棟内に備えるように設計されており、エネルギー効率は極めて高い。

JAソーラーのバオファン・ジン会長兼最高経営責任者(CEO)は「ケイ台における全自動モジュール製造施設の操業開始は、JAソーラーが知的生産に関して1歩前進したことを意味する。われわれは技術革新を重視し、高品質製品を求める顧客需要に応えるため製品性能の向上を継続する」と語った。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150522/0861504483LOGO

ソース:JA Solar Holdings Co., Ltd.

JA Solar Adds Another 1.5 GW Fully Automated Module Manufacturing Facility

PR64334

BEIJING, May 9, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

   JA Solar Holdings Co., Ltd. (Nasdaq:JASO) ("JA Solar"), one of the world's

largest manufacturers of high-performance solar power products, today announced

that it has started mass production of high performance PV panels at its newest

module manufacturing facility in Xingtai, Hebei province, China.

   The new manufacturing facility, located in the Economic Development District

of Xingtai city, has an annual capacity of 1.5 GW with fully automated assembly

lines using the latest module manufacturing technologies. The facility is

capable of producing both 60- and 72-cell modules primarily using JA Solar's

high-efficiency PERCIUM cells.

   All the stringers installed in this facility are equipped with artificial

intelligence capable of switching soldering configurations between four busbars

and five busbars of cell contact patterns. All the assembly lines also have the

flexibility of either making regular modules or making double-glass modules

with the easiness of converting between them back and forth.

   The fully automated assembly lines for making standard 60- and 72-cell

modules significantly increases the productivity of the facility. The annual

production per capita is estimated to be 2 MW, the highest among the peers in

the industry. In addition, the way the facility is designed to have all the

functional sections including module assembly, test and measurement,

stockrooms, and warehouse placed under one roof is considerably energy

efficient.

   Mr. Baofang Jin, JA Solar's Executive Chairman of the board and CEO, said,

"The grand opening of our fully automated module manufacturing facility in

Xingtai marks JA Solar taking one step forward in terms of intelligent

manufacturing. We will keep focusing on technological innovation as well as

continue to improve the performance of our products to meet our customers'

demand for high quality products."

   Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20150522/0861504483LOGO

   SOURCE: JA Solar Holdings Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中