中国最大手石炭会社、設備更新で排出物を削減

Shenhua Group

2016/5/12 15:20

中国最大手石炭会社、設備更新で排出物を削減

AsiaNet 64398(0584)

【北京2016年5月12日新華社=共同通信JBN】中国最大の石炭生産会社Shenhua Group(神華集団)は、北京・天津・河北省地域の石炭火力発電所を設備更新し、排出物を劇的に減らすと発表した。

Shenhuaの設備更新は中国での環境に配慮した取り組みにおける前進であり、この地域の同社の発電機22基から排出される1立方メートル当たりの粉じん量は10ミリグラム以下、二酸化硫黄(SO2)は35ミリグラム以下、窒素酸化物は50ミリグラム以下にそれぞれ抑えられる。

現在の中国の排出基準は粉じんが20ミリグラム、二酸化硫黄が50ミリグラム、窒素酸化物が100ミリグラムである。

Shenhuaの10日の発表によると、こうした設備更新によって北京・天津・河北省地域のShenhua施設から出る年間排出量は粉じんが84%、二酸化硫黄が84%、窒素酸化物が71%それぞれ少なくなる。

Shenhuaは設備更新に3年間で23億5000万人民元(3億6000万ドル)の資金を投入した。電力1キロワット時当たりの費用は0.01元増えたことになる。

Shenhuaは2020年末までに中国全土の施設で設備更新し、同じような低排出水準を達成すると発表した。炭素排出物は発電1キロワット時で835グラム減少する。

Shenhuaのワン・シュミン副社長は「中国製の機器が増えているので、今後数年間で設備更新の費用は低下するだろう。石炭発電は中国にとって効率的な選択肢になる」と述べる。

Shenhuaの石炭クリーン活用の取り組みは、中国が経済活動と環境保護の調和に務める時期と重なる。富裕化する中国人は政府が大気と水質の浄化にもっと力を入れるよう要望している。

中国は非化石燃料エネルギーの利用度を高め、2030年までに1次エネルギー消費に占める割合を20%に増やす方針だ。そのほかは依然として石炭や石油、天然ガスで賄う必要がある。

再生可能エネルギーの導入拡大を目指しつつ、中国で供給が豊富な石炭の利用を促す上では、クリーンな石炭技術の採用が時代の要請になっている。

中国工程院メンバーのシー・ケチャン氏は「確かに石炭産業は革命が必要だが、超低排出技術はその答えの1つになり得る」と話した。

ソース:Shenhua Group

Chinese Coal Giant's Emissions to Fall after Upgrades

PR64398

BEIJING, China, May 12, 2016 /Xinhua=KYODO JBN/--

   China's largest coal producer Shenhua Group has completed upgrades to its

coal-fired power plants in the Beijing-Tianjin-Hebei region that will

dramatically reduce their emissions.

   A milestone in China's efforts to be more environmentally friendly,    

Shenhua's upgrades will take emissions of dust, sulfur dioxide (SO2) and   

nitrogen oxides (NOx) from the company's 22 power units in the region below 10

milligrams per cubic meter, 35 milligrams per cubic meter and 50 milligrams per

cubic meter, respectively.

   This compares to current national emission standards for the three

substances of 20 milligrams per cubic meter, 50 milligrams per cubic meter and

100 milligrams per cubic meter.

   Following the change, annual emission of dust, SO2 and NOx by Shenhua

facilities in the Beijing-Tianjin-Hebei region will go down by 84 percent, 71

percent and 83 percent, Shenhua said in a statement on Tuesday.

   The upgrades took Shenhua three years and cost 2.35 billion yuan (360

million U.S. dollars), which translates into an added cost of 0.01 yuan per

kilowatt hour (kwh) of electricity.

   Shenhua said it will upgrade its facilities across China so they all reach

similarly low emission levels by the end of 2020, bringing its carbon emission

down to 835 grams per kwh of electricity produced.

   "As more and more equipment will be made in China, the cost of the upgrades

will probably go down in the coming years. Coal-fired electricity will remain

an economical option for China," said Wang Shumin, Shenhua's vice president.

   Shenhua's move to cleaner use of coal comes at a time when China is at pains

to balance economic activity and environmental protection. The increasingly

affluent Chinese are demanding the government do more to clean up the air and

water.

   While China is aiming to increase the share of non-fossil energy in its

primary energy consumption to 20 percent by 2030, the rest will still need to

come from coal, oil and gas.

   To reconcile the use of coal, which China has in abundant supply, with a

desire to increase use of renewable energy, adoption of clean coal technology

has become the order of the day.

   "The coal industry certainly needs a revolution and ultra-low emission

technology could be part of the answer," said Xie Kechang, a member of the

Chinese Academy of Engineering.

   SOURCE: Shenhua Group

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中