ニューローンが明晰夢の新アプリで睡眠を大変革!

インテリクリニック(ニューローン開発者)

2016/6/1 10:24

ニューローンが明晰夢の新アプリで睡眠を大変革!

AsiaNet 64606

サンフランシスコ(米国)・ワルシャワ(ポーランド)、2016年6月1日/PRニュースワイヤー/ --

ユーザーの睡眠を計測、分析し、質を高めるインテリジェント睡眠用アイマスク、Neuroon(ニューローン)に、まもなく明晰夢への誘導機能が追加されます。最新のモバイルアプリと組み合わせた待望のこの機能は、夢への考え方と向き合い方への概念を覆すでしょう。

(ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160421/358225LOGO )

(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160525/371933 )

(写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160525/371934 )

睡眠中に自分の夢をコントロールできたら、生活はどう変わるだろうと考えたことはありますか?これこそが明晰夢です。明晰夢とは、睡眠中に自分が眠っていることを自覚しているため、見ている夢の内容を意識的に変えることができるようになる夢のことです。コンピューターゲームのようですが、時として科学でもあるのです。1975年、英国のハル大学において、キース・ハーン博士が明晰夢を見ている患者のレム睡眠中にあらかじめ決めてあった目の動きを記録したことで、明晰夢の科学的根拠が示されました。それ以降、明晰夢はもはや映画の中の空想ではないと研究者たちの脳科学に関する発見に確信を強めました。

最新の神経科学の研究により生まれたニューローンは、脳信号を測定することで人の睡眠を自動的に分析し、光セラピーで睡眠を改善することのできる、一般消費者向け市場で初めての製品です。明晰夢を見るのはまれですが、行動療法と外的刺激という2つのグループに分類される特殊なテクニックで誘発されることもあります。ニューローンのレム睡眠を正確に検出する機能により、外的刺激の技術をマスクに採り入れ、レム睡眠中に明晰夢を誘発することができるようになります。内蔵された医療同等レベルの睡眠追跡機能とパフォーマンス向上のためのアルゴリズムを使用したニューローンは、現在、市場で最先端のシステムです。

ニューローンの明晰夢機能は行動療法と外的刺激という2つの部分で構成されています。どちらも、おもにドイツのハイデルベルク大学とスイスのベルン大学が行った研究に基づいています。行動療法がユーザーに意識的に明晰夢を見る準備をさせることを目的としているのに対して、外的刺激は、マスクが光、振動、音刺激を使ってユーザーのレム睡眠に直接影響を与えるものです。これら両方の方法を使った場合にのみ、明晰夢を存分に体験することができます。

明晰夢機能開発への取り組みは、2年前のキックスターター(Kickstarter)の賛同者集めの期間中、ニューローンを考案したインテリクリニック(Inteliclinic)が発表しました。そのアイディアが大変肯定的に受け止められたことを受け、ニューローン最終版が完成するとすぐに、インテリクリニックの開発者はこの新機能に焦点を合わせました。

ニューローン専用の明晰夢アプリは8月から入手可能で、マスクユーザーのみ全ての機能をお楽しみいただけます。6月までにニューローンをご購入いただいた方は、無料でダウンロードが可能です。

ニューローン明晰夢の詳細をご覧になるには、こちらをクリックしてください:https://neuroon.com/lucid-dreaming

情報源:インテリクリニック(ニューローン開発者)

(日本語リリース:クライアント提供)

Neuroon Revolutionizes Sleep with New App for Lucid Dreaming!

PR64606

SAN FRANCISCO and WARSAW, Poland, June 1, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

       Neuroon - an intelligent sleep mask that can monitor and analyze users'

sleep and enhance its quality - will soon add a new feature for lucid dream

induction. This long awaited function combined with a brand new mobile app will

change the way we think about our dreams and interact with them.   

         (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160421/358225LOGO)

         (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160525/371933)

         (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160525/371934)

    Have you ever wondered how your life would change if you could go to sleep

and control your dreams? This is what lucid dreaming can offer - being aware

while being asleep and therefore able to consciously influence the content of

your dreams. It seems like a computer game, but then so is science sometimes!

The scientific evidence on lucid dreaming came out of Hull University in the UK

in 1975, when Dr Keith Hearne recorded the predetermined eye movements of his

lucid dreaming patient during the REM phase of sleep. Since then ongoing

neuroscience discoveries have strengthened researchers' beliefs that lucid

dreaming can no longer be thought of as just a fantasy in a movie script.

    Neuroon, a device that is the result of current trends in neuroscience, is

the first product on the consumer market that can automatically analyze human

sleep by monitoring brain signals and improve sleep with light therapy. Lucid

dreams may occur rarely spontaneously or they can be induced by specific

techniques divided into two groups: behavioral techniques and external stimuli.

The Neuroon's ability to detect REM sleep precisely, allows it to start

implementing external stimuli techniques into the mask and induce lucid

dreaming while the person is in the REM phase of sleep. Currently, the Neuroon

is the most advanced system on the market due to its built-in professional

sleep tracker and artificial algorithmic methods for performance improvement.

    The Neuroon Lucid Dreaming feature will consist of two parts: behavioral

techniques and external stimuli. Both are based on the research conducted by

Heidelberg University in Germany and the University of Bern in Switzerland

among others. Behavioral techniques aim at preparing the user's mind to start

lucid dreaming while external stimuli are a direct influence of the mask on the

user's REM sleep with the help of light, vibration and acoustic stimulus. Only

with both of these methods can lucid dreaming be fully experienced.

    Working on the lucid dreaming feature was first announced by Inteliclinic,

inventor of the Neuroon during their Kickstarter campaign two years ago. The

idea was given a very positive reception so after finishing the final version

of the Neuroon, Inteliclinic's developers focused on this new function.

    The Lucid Dreaming App for Neuroon will be available from August and will

only work in its full potential with the Neuroon mask. For all the customers

who buy the Neuroon before the end of June it will be free of charge.

    For more information on Neuroon Lucid Dreaming click

here: https://neuroon.com/lucid-dreaming

SOURCE: Inteliclinic, inventor of the Neuroon

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中