10代~70代の男女1万人に聞く、お口の臭い調査 8割が口臭を気にするが、歯科医院に行くのは1割未満

2016年6月2日

公益社団法人 日本歯科医師会

10代~70代の男女1万人に聞く、お口の臭い調査

8割が口臭を気にするが、歯科医院に行くのは1割未満

キスを拒まれたというエピソードも!!

20代の3人に1人は、自分の口臭を気にしている

年齢とともに自分の口臭を気にしなくなる男性、より気にする女性。

30代でギャップが最大

夫婦間の口臭問題、妻の口臭が気にならなくなる夫、夫の口臭がずっと気になる妻

公益社団法人 日本歯科医師会は、全国の10代~70代の男女1万人を対象に、歯科医療に関する意識調査を行いました。今回はその調査結果の中から、年代や性別に関係なく多くの人が悩んでいる「口臭」について取り上げ、ご報告します。

【調査結果サマリー】

■口臭は現代人のお口の悩みトップ3 20代は口臭がいちばん気になるお年ごろ

・歯や口の悩みトップ3 1位「ものが挟まる」(43.2%)、2位「歯の色」(32.7%)、3位「口臭」(27.1%)。

・口臭は10代から70代まで全世代が悩む、一生涯のお口トラブル。20代では3人に1人〈34.4%〉が口臭を気にしている。

■口臭は男性(76.2%)より女性(85.3%)の方がより気にする傾向

・日本人の80.6%が自分の口臭が気になった経験があり、男性(76.2%)より女性(85.3%)の方がより気にしている。

・加齢に伴い口臭を気にする女性、気にしなくなる男性。30代は口臭心配度の男女間ギャップが最大(男性75.2%、女性89.3%)。

■口臭が気になる相手は「配偶者」や「会社の上司や同僚」など、より身近な存在

・男性に比べ女性のほうが口臭を気にする人が多い。そして、女性が最も気になるのは「配偶者」の口臭。

・「配偶者」の口臭が気になるのは、男性59.3%に対し女性は83.6%。夫が妻の口臭を気にするより、妻が夫の口臭を気にする割合が圧倒的に高くなっている。夫は加齢とともに妻の口臭を気にしなくなるが、妻はいくつになっても夫の口臭がずっと気になっている。

・「配偶者」に次いで気になる相手は、「会社の上司や同僚」(69.8%)、「男友だち」(67.6%)の順に。

■4割が他人から口臭を指摘され、4人に1人は態度で示されている

・口の臭いを他人から指摘された経験があるのは約4割(41.5%)。女性(37.1%)より男性(45.7%)の方がやや多い。

・口の臭いを態度やジェスチャーで他人から示された経験があるのは、4人に1人(25.5%)。

・具体的には、「距離をあけられる」(41.8%)、「顔をそむけられる」(31.3%)、「会話中にイヤな顔をされる」(29.0%)。

■口臭は口の中の病気が原因と7割が理解するも、実際に歯科医院に行くのは1割未満

・「口臭の原因の多くが、歯周病・むし歯・入れ歯の汚れなどの口の中の病気にあること」は7割近く(65.7%)が認知。

・しかし、「糖尿病、腎臓病、胃炎、腫瘍などがお口の臭いの原因となることもあること」の認知率は3割(31.0%)と低い。

口の臭いが気になった時の対策、「歯を磨く」(66.0%)、「ガムやタブレットをかむ」(51.8%)、「うがいをする」(38.4%)。

・口の臭いが気になった時、「歯科医院を受診した方がよい」認知率17.0%。実際「歯科医院に行く」(9.4%)のは1割未満。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 公益社団法人 日本歯科医師会
  • 所在地 東京都
  • 業種 医療サービス
  • URL http://www.jda.or.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース