KEYMILEがミッションクリティカル通信のための新しいセキュリティーカードを公開

KEYMILE

2016/6/17 16:16

KEYMILEがミッションクリティカル通信のための新しいセキュリティーカードを公開

AsiaNet 64810(0746)

【ハノーバー(ドイツ)2016年6月16日PR Newswire=共同通信JBN】KEYMILEのセキュリティーソリューションは、厳格なクリティカル通信の高可用性および正確なタイミング要件を保証し、究極のデータ暗号化およびシステムセキュリティーの同時提供の基準を引き上げる。

ミッションクリティカル通信の大手ソリューションプロバイダーであるKEYMILEは、マルチサービス・アクセスおよび送信プラットフォームであるXMC20向けの新しい暗号化カードSECU1を発売する。このソリューションはミッションクリティカル・ネットワークにおける高度なセキュア・エンドツーエンド暗号化の提供を特徴としており、このインフラストラクチャーにとって不可欠な極めて高い水準のデータ可用性を維持する。最新鋭の暗号化は最高水準の保証を提供するために、ハードウエアベースの量子乱数発生器によって生成されたキーに基づいている。

KEYMILEの新しいソリューションは、エネルギー公益事業、ガス・石油パイプライン、鉄道会社、並びに警察、航空管制、防衛などの機関に所属するミッションクリティカル・ネットワークを対象にしている。使用される暗号化技術はセキュリティーを保証する上で極めて重要な役割を果たす。暗号化キー自体は、もともとランダム量子の状態である光量子を用いる量子乱数発生器(QRNG)で生成され、暗号化キーが偽りなくランダムかつユニークであることを保証する。

ハイブリッドでマルチサービス・アクセス、送信プラットフォームのKEYMILEのXMC20は、企業および機関がSDH/PDHベースおよびパケットベースのネットワークを1つのネットワークノードでセキュアに運営することを可能にする。XMC20プラットフォームは、ファンレス動作で傑出しており、厳しい環境での使用に最適である。XMC20は新しいソリューションと組み合わせることで、ミッションクリティカル・ネットワークの優れた高可用性に影響を与えない、信頼できる暗号化を提供する。集中型および非集中型のキー生成は、信頼できかつシールドされたキーの配布を提供する。単一障害点はなく、全てのノードが他のノードとセキュアに通信できる。このKEYMILE Permanet Encryptionアプローチはネットワーク・アイランドの形成を阻止する。

KEYMILEソリューションは、パケットベースMPLS-TP送信ネットワークでデータをエンドツーエンドで暗号化する。全てのネットワークトラフィックは、レイヤー2でカード内においてネイティブに暗号化される。ネットワーク性能に大きな影響を与えないので、このソリューションはミッションクリティカルシステムで最も重要な要求の1つであるデータ可用性を満たす。

暗号化カードはプログラマブルFPGAを使用し、動作中における最大の柔軟性を実現する。ソリューションは将来のいかなる変更にも容易に適合できるので、長期間にわたる安全な投資でもある。

ミッションクリティカル・ネットワークのオペレーターはカードを容易かつコスト効率に優れた形でネットワークに組み込むことができる。カードはサブラックの空きスロットに差し込まれることで、中央ボードに接続される。ネットワークの再構成や端末装置の変更は必要ない。カードは1枚のボードであり冗長性がある。カードは電源サプライ、ハードウエアベースの量子乱数発生器の2つの独立暗号化ユニットを持つ。さらに、カードはタンパープロテクションになっている。

KEYMILEは、いつでも検査可能で、データのインテグリティー、機密性、確認に関する高水準の要件を満たすという暗号化カードのセキュリティー概念を実践してきた。カードはドイツとスイスにあるセキュリティーチェックを受けた職員によって作製され、ドイツで生産されている。そのため、KEYMILEはバックドアなし、すなわち隠されたアクセス・オプションがないソリューションを提供することができる。KEYMILEは要請を受ければソースコードの分析を許可する。さらに同社は現在、ISO 27001規格の認証を申請中である。

新しいセキュリティー暗号化カードは第3四半期に発売される。

▽報道関係問い合わせ先

KEYMILE GmbH

Marion Bauman

marion.baumann@keymile.com

PR-COM GmbH

Hanna Greve

hanna.greve@pr-com.de

+49-89-599-977-56

ソース:KEYMILE

KEYMILE Unveils New Security Card, Built from Ground-up for Demanding Mission Critical Communications

PR64810

HANNOVER, Germany, June 16, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     KEYMILE security solution raises the bar in simultaneous delivery of

ultimate data encryption and system security while guaranteeing strict critical

communication high-availability and precise timing needs

    KEYMILE, the leading solution provider in mission critical communication,

launches the new encryption card SECU1 for its XMC20 multi-service access and

transmission platform. The solution is unique in providing highly secure

end-to-end encryption in mission-critical networks, while still maintaining the

very high level of data availability required for such infrastructures.

State-of-the-art encryption is based on keys generated by a hardware-based

quantum random number generator for the highest level of assurance.

    KEYMILE's new solution is targeted at mission-critical networks belonging

to energy utilities, gas and oil pipelines, railway companies and authorities

such as police, air traffic control and defence. The encryption technology used

plays a pivotal role in guaranteeing security. The encryption keys themselves

are generated by a quantum random number generator (QRNG), which harnesses the

intrinsically random quantum states of photons, to ensure that they are truly

random and unique.

    KEYMILE's XMC20 hybrid, multi-service access and transmission platform

allows companies and authorities to operate SDH/PDH-based and packet-based

networks securely in one network node. The XMC20 platform stands out thanks to

its fanless operation and it is also ideal in tough ambient conditions. In

combination with the new solution it offers reliable encryption which does not

impact the superior availability of mission-critical networks. Central and

de-centralised key generation provides trustworthy and shielded distribution of

keys. There is no single point of failure and all nodes can communicate

securely with one another. This KEYMILE Permanent Encryption approach prevents

network islands from forming.

    The KEYMILE solution encrypts data end-to-end in packet-based MPLS-TP

transmission networks. All the network traffic is natively encrypted in the

card at layer 2. Due to the low impact on network performance, the solution

meets one of the most important demands on mission-critical systems, the data

availability.

    The encryption card uses programmable FPGAs and therefore achieves maximum

flexibility during operation. The solution can easily adapt to any changes in

the future and is therefore also a secure investment in the long term.

    Operators of mission-critical networks can integrate the card easily and

cost-efficiently into their networks. It is inserted into a free slot on a

subrack and connected with the central board. No reorganisation of the network

or changes to other pieces of terminal equipment are required. As a board the

card is designed to be redundant. Each card has two independent encryption

units - including the power supply and hardware-based quantum random number

generator. In addition, the card is tamper protected.

    KEYMILE has implemented a security concept for the encryption card which

can be examined at any time and which meets high level requirements on

integrity, confidentiality and authentication of the data. The cards are

developed by security-screened personnel in Germany and Switzerland and

produced in Germany. Therefore KEYMILE can supply a backdoor-free solution, or

in other words one with no concealed access options. KEYMILE allows the source

code to be examined upon request. Furthermore, the company is itself currently

being certified to the ISO 27001 standard.

    The new security encryption card will be available in Q3.

     Press contacts:

     KEYMILE GmbH

     Marion Bauman

     marion.baumann@keymile.com

     PR-COM GmbH

     Hanna Greve

     hanna.greve@pr-com.de

     +49-89-599-977-56

SOURCE: KEYMILE

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中