公益社団法人東京青年会議所7月例会

東京JC

2016/6/29 10:00

2016年6月29日

公益社団法人東京青年会議所

後期高齢者の急増、少子化の2つの問題を一挙に解決する!

保育と介護、2つの視点から人口減少・超高齢化への解決策を語る90分!

25歳から40歳の青年経済人で構成され、社会貢献運動を行う公益社団法人東京青年会議所(事務局:東京都千代田区、理事長:中原 修二郎)が中心となって、超高齢社会と幼児教育を考えるシンポジウム「共育のすゝめ~世代間交流が未来を切り拓く~」を2016年7月13日(水)に一橋大学一橋講堂にて開催いたします。

■趣旨

我が国は、世界で類を見ないスピードで少子化と超高齢化が同時並行で進んでいます。高齢者が生きがいを持って社会と関わり続け、社会的孤立を防ぐ必要性が高まっています。高齢者が地域と関わる活動として、子育て・教育への関与は有望です。高齢者と子供が日常的に関わり合う多世代交流は、コミュニケーション相手が増えることによって子供たちの豊かな人間性を育てます。また、高齢者にとっても、社会・地域活動への参加は他人と関わることがよい刺激となり、脳内ホルモンの分泌を促し心身の健康維持につながり、老化防止や認知症の予防に効果的であると考えられています。

■シンポジウム内容

第1部(19:04~19:39) 「保育園義務教育化」著者 古市憲寿氏による基調講演

第2部(19:39~19:44) 高齢者施設と保育園の併設事例、各地区の世代間交流サービス紹介

第3部(19:51~20:36) 講師プレゼンおよびパネル・ディスカッション 

テーマ「世代間交流がもたらす地域・子供・高齢者へのメリット」

コーディネータ:中原修二郎(公益社団法人 東京青年会議所 第67代理事長)

              パネリスト:古市憲寿 氏(作家、社会学者。「保育園義務教育化」著者)

高橋英與 氏(株式会社コミュニティネット代表取締役)

貞松成 氏(㈱global bridge創業者。全国に保育所100か所を設立)

■開催概要

「共育のすゝめ~世代間交流が未来を切り拓く~」

日時  :2016年7月13日(水) 開場:18時30分・開会:19時00分・閉会:20時30分

場所  :一橋大学一橋講堂

所在地 :東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内

URL :http://tokyo-jc.or.jp/regular/2016reikai7

※ 神保町駅A9 出口 徒歩 4 分  竹橋駅1b 出口 徒歩 4 分

※ 一ツ橋ホール(日本教育会館)とは異なりますので、ご注意ください。

■お問い合わせ先

公益社団法人 東京青年会議所 事務局

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-3 青年会議所会館2階

電話:03-5276-6161 FAX:03-5276-6160 東京JCHP:http://tokyo-jc.or.jp/

担当者:公益社団法人 東京青年会議所 総合政策特別委員会 委員長 反町雄彦          以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • 名称 公益社団法人東京青年会議所
  • 所在地 東京都
  • 業種 各種団体
  • URL http://tokyo-jc.or.jp/

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース